おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「創作仲間」


うすうすのラップトップに向かい、キーボードを叩いていると、

突然。

着信音が鳴った。

「Girls Just Wanna Have Fun」。

軽快で、跳ねた調子のイントロに、しばらく聴き入ってしまう。

室内履きでペタペタと、フローリングの床にリズムを刻む。

携帯を手に取った。

画面に表示されているのは、学生時代の友人の名だった。

シンディ・ローパーが歌い出す前に、僕は通話ボタンを押した。

「はい」

『あー、もしもし?』

ぶっきらぼうだけど、懐かしい声が耳に響いた。

「レイ。久しぶりだね」

『おう、久しぶりだな。元気にやってるか?』

「うん。元気にしてるよ」

『そうか。で、最近はどうだ? 書いてるのか?』

レイは大学の小説研究会の仲間だった。

同期の中ではリーダー的な存在で、三回生の頃には部長も務めていた。

社会人になった今でも、時折、電話やメールをくれる。

僕にとっては数少ない友人の一人だ。

「ああ、書いてるよ。キミは?」

『もちろん書いてるさ。賞にも応募してるぜ。なかなか引っかからないけどな』

がはは。と豪快な笑い声が携帯を震わせた。

「そっか。難しいよね」

『お前もこないだの“エンタメ小説大賞”。応募したんだろ?』

「いや、結局、間に合わなかったよ。

プロットがなかなか固まらなくてさ。書き出すのが遅かったんだ」

『おいおい。プロットなんかいちいち気にしてちゃダメだぞ。(※プロット=物語の設計図のようなもの)

キャラと設定だけしっかり作り込んでおけば、あとは物語が勝手に走り始めるんだ。

ほら、覆面作家の王城舞太郎がいるだろ? ヤツが雑誌のインタビューで言ってたよ』

「なるほど。あんまりプロットにこだわりすぎるのもよくないのかもね。

なんだか、NHKの番組でミステリ作家の創作秘話を見てたらさ。

感心しちゃってさ。僕もプロットをもっと重視しなきゃ。なんて――」

『ダメダメ』

しかめっ面で指を振るレイの姿が目に浮かんだ。

『お前はホントお人よしだな。

作家の話なんて基本的に嘘なんだから、鵜呑みにしてちゃバカを見るぞ』

「ははは、相変わらずだね。レイは」

『まぁ次は“このミステリーがすんげぇ大賞”だから、プロットも重要だけどな。

とにかく頑張ろうぜ。あ。それと、近いうちにメシでも行こう。じゃ、また、連絡するからな』

「分かった。電話ありがとうレイ。じゃあね」

僕。王城舞太郎は、くるりとイスを回し、静かに携帯を閉じた。













ショートショート:目次へ




この記事へのコメント
やだ!騙された。
タイトルを頭に入れて読んだら、「覆面作家」にピンとこなかった。くやしー。
会話がとてもスムースだから読みやすいわあ。
レイはレイバックさんかな。
こんなふうに使われると、映画の監督の、顔出しサービスみたいで楽しい。

Posted by つる at 2008年09月26日 00:25
私はプロットがちゃんとしてる方が好きだな(^^
王城舞太郎さん(仮名)、気になってます。
かなり好みが分かれるみたいですね。
レイバックさんは、どっち?

ところで、レイは南斗のレイだよね(笑)
Posted by ia. at 2008年09月26日 01:57
作家は嘘つきの論理で行くと王城舞太郎さんの言ってることも怪しいですね^^
というか新作長すぎだよ(ノд・。)
本屋で見てビックリしたよ
Posted by at 2008年09月26日 17:39
王城さんが表舞台に登場!?
覆面の下の顔は、誰なんでしょうね。
男か女かだけでも知りたいです。
この作品のように、
意外な身近な人物だったりして(笑)
Posted by shitsuma at 2008年09月26日 21:50
つるさん>
こんばんは。
騙された? 覆面作家でばれるかな。って思ったんだけどね(笑)
例によってまた書き足してます^^;
ハイ。レイはいちおー出たがりの僕ですw

iaさん>
こんばんは。
特に本格推理はプロット命だもんね。
でも純文系の作家の人はそうでもないような気がする。
王城氏(検索したら素で間違えてる人多くてワロタw)は、
かなり好みの作家さんですよ。僕的には^^

鯨さん>
こんばんは。
おお。ナイスレシーブ。
その突っ込みを待ってました(笑)
おお王城氏新刊出てるんすね!
長いのはヤダけど早く読みてー。

shitsumaさん>
こんばんは。
こいつはshitsumaさんの記事を読みながら着想を得ました。
なのに、コメも残さずに読み逃げしてスンマセン^^;
王城氏は同世代なので、特に気になる存在ですねぇ。
どんな風貌なんだろう??
まさか女だったらビックリするなー。
Posted by レイバック at 2008年09月26日 22:22
あら!最後の一行、こっちのほうが、断然よいです。
Posted by つる at 2008年09月26日 23:02
つるさん>
こんばんはー。
まじっすか。
なんだか、改稿改稿って、やってると、
だんだん自分じゃあ分からなくなってくんね(笑)
直しがまったく必要のない作家さんてスゴイよなー。
Posted by レイバック at 2008年09月28日 00:05

 老婆心ながら、一言

 玉城マイ て…確か、(とココで調べてみる)

 Audio Visual女優じゃないかー

 玉城マイvs中川家 礼二 か… 何か、どーでもいい 組み合わせだな
Posted by ダンディ老婆 at 2016年11月19日 15:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。