おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「リアル福袋」


「福袋買いに行こうか!」

突然、マサシが言い出した。

タクミ、ショウタ、マサシ、幼馴染の中学生三人組は、

地元の神社で初詣を済ませ、今から街に繰り出そうとしていた。

「ええ? バカだなお前、福袋なんて単なる在庫処分品の詰め合わせだぜ」

タクミはそう言ってマサシの提案をばっさりと切り捨てる。

「それに自分の気に入るモノが入ってるとは限らないんだぞ。

せっかく、お年玉貰ったばっかなのに、金をドブに捨てるようなもんだよ」

言い終えたタクミは、やれやれとため息をついた。

だがマサシは、気にも留めないようすで言い返す。

「いいじゃん。今、ここに三人いるんだからさ。

みんなで一つずつ買って、あとで中身を広げて、

それぞれが、好きなモノを選べばいいんだって。

な? そう考えたら面白そうだろ?」

「だからぁ――」

タクミの反論を遮るように、横からショウタの声が被る。

「なるほど、それならいいかもしれないね」

いつもは大人しいショウタが、珍しく頬を紅潮させていた。

どうやらマサシの案に大賛成のようだ。

「ほら」 味方を得たマサシは得意げにあごを反らせる。

「2対1だ。じゃ、多数決で決定ー!」

「ちぇっ。分かったよ。お前らあとで文句言っても知らないからな」

「ハイハイ。よし、じゃ急ごうぜ」

マサシはタクミたちの手をガッチリと掴み、駅に向かって走りだした。


   ☆     ☆     ☆
 

開店20分前にお目当ての店に着いた。

ザ・ビレッジ・バガボンド。

新品輸入衣料に古着、雑貨、家具、書籍など、

ちょっとひねった品揃えで、若者に人気の店だ。

ガラス扉の前には、既に10人くらいの先客がいた。

「なんとか間に合ったな」

「良かったー」

「お前ら! 早く並べ並べ」

三人は列の後から身を乗り出すようにしてガラスの内側を覗く。

ごちゃごちゃとした売り場では、店員たちが忙しなくセールの準備をしている。

レジ近くの、ワゴンの上には、福袋が山盛りになっていた。

「ねぇねぇ、あれどういう意味だろう?」

ショウタがガラスの内側を指差しながら声を上げた。

タクミは目を細める。

積み上がった赤い紙袋の前面には、白抜き文字で「ザ・リアル福袋!」と大書されていた。

「おい、リアルってなんだ?」

「なにがリアルなんだろう?」

「そうだなぁ。うーん……」 タクミは腕組みをして唸る。

「多分ほら、本気で福を呼びます! とか、

ガチでいい商品を詰め込んでます! とかさ、そんなアピールじゃね?」

「そっか。やる気まんまんな感じだね」

ショウタは嬉しそうに頬を膨らませた。

「さぁそろそろ開くぞ。お前ら用意はいいか?」

マサシは目を爛々と光らせ、ジャンパーを腕まくりしている。

タクミが腕時計に目をやると同時に、扉の隙間から四つ打ちのビートがこぼれだす。

店内に音楽が鳴り始めたようだ。

洒落た恰好のヒゲの店員が二人、ガラス扉を静かに開けた。

タクミたちは脱兎のごとく猛ダッシュした。

「走らないでくださーい!」

背中に声を浴びせられる。

当然。誰も聞いてない。

「よっしゃー!」

やがて、三人の手が高々と掲げられた。


   ☆     ☆     ☆


タクミたち三人は福袋をぶら下げたまま、街外れにある公園へ来ていた。

二つ並ぶベンチの一つに陣取ると、各々が袋の口を破り、商品を取り出し始める。

ボロいスニーカーやら、エロいキーホルダーやら、グロいTシャツまで、

マサシとショウタの福袋からは、ザクザクと商品が転がり出してくる。

「すげー!」

「マジで、すげーなオイ!」

一方、タクミだけが、なかなか袋の封を開けられずにいた。

「クソ。何だこれ? やたら封が厳重なんだけど」

「あ、これ使えよ」

マサシからタクミに、福袋から出てきたアーミーナイフが手渡される。

「サンキュ……お。開いた、開いた」

タクミが勢い込んで、半端に開けた袋を逆さまにすると――

ぼとり。

どろっとした液体と共に、赤黒い物体が数個、ベンチに転がった。

「わ! な、なんだ、これ」

タクミは大声を上げた。

マサシとショウタの目がベンチ上の物体に注がれる。

「ひっ」 ショウタは声にならない声を上げ、ベンチから転げ落ちる。

「お、おいタク、これ人の耳じゃねーか!」

マサシは飛び上がってベンチから離れた。

「うぉぉぉおぉおぉおぉおーっ!」

三人の雄たけびが公園中に響き渡る。

「こ、これ、鼻だよ!」

ショウタが腰を抜かしたまま三角の物体を指差す。

「なんだ、このぐっちゃぐちゃでどろどろのは、まさか……目ん玉か!?」

マサシの声で、固まっていたタクミは急に我に返った。

まるでバネが弾けたように、まだ重みを残していた福袋を、地面に放りだす。

……。

カサリ。

土の上で紙袋が震える。

だが、風は吹いていない。

公園の中の全てが動きを止める。

静寂。

やがて、紙袋がもぞもぞと動き出した。

「うわぁあああああぁあぁああああああああああっ」

金縛りが解けたマサシとショウタは急に走り出した。

あ、おい!

タクミは必死に呼び止めようとしたが、声にならない。

二人は転がるようにして、公園の出口から飛び出してゆく。

一人取り残されたタクミは福袋から目が離せなかった。

袋の口がガサリと音を立て、中からゆっくりと血だらけの手首が出てきた。

うぁああああ ああ あ――

声が出せない。動けない。目を瞑ることも出来ない。

ガサリ、ガサリ、

手首は爪の長い指先を器用に使い、地面を必死に掻いている。

いつのまにか、もう、肘まで姿を見せていた。

色白の肌に赤黒い血がべっとりと付いている。

その時、タクミの目が、袋の文字を捉えた。

「ザ・リアル福笑!」

……

わ、笑えねーよ……

袋の口がぶわりと大きくたわんだ。

まるで出産。いまにも頭が産まれ出ようとしている。

真っ黒な髪の中心に綺麗なつむじが見えた。

女、女だ……

黒髪の女は顔を上げた。

タクミは目を見開く。

そこで記憶は途切れた。












ショートショート:目次へ






この記事へのコメント
レイバックさんのショートに、久しぶりのコメント一番乗り。
もしかして“そっち”系のショートか? と思ったけど、違いましたねw

記憶が途切れて、そのあとは……
こえぇっ!
Posted by たろすけ(すけピン) at 2009年01月03日 08:38
あけおめです!
ザ・ビレッジ……、楽しい場所ですよね。

>「あ、これ使えよ」
ウケましたw

今年も期待してますね^^
Posted by タケシ at 2009年01月03日 16:43
>「ザ・リアル福笑!」
こえぇ〜!
発想が良いわ。それこそ怪談大賞に応募できる勢いよ。

パーツがいくら良くても、その配置が大事。
それが美人の条件だわ。あ〜惜しいなぁ。ダレダヨ?
Posted by つる at 2009年01月03日 21:12
あけましておめでとうございます。おひさしぶりです。

福袋から顔のパーツがでてきたもんですから、
みんなで楽しく福笑いでもするのかと思いきや正統派のオチでしたね。
楽しめました。

正直ほとんどここに来れてなかったので、
これからちょくちょく過去作品を読んでいこうと思います。
たまに飛び出す昔の記事コメントにご注意ください(笑)
Posted by タンスにゴンザレス at 2009年01月04日 01:09
たろすけさん>
あけおめです。
そっち系ってあっち系ですよね?(笑)
完璧そんなイメージが定着してますやんヾ(´▽`;)
たまにはホラーもありでしょ?

タケシさん>
あけおめです。
ビレッジ楽しいですよねー♪
サブカル好きにはタマランでしょあそこは^^
今年もよろしくですー。

つるさん>
あけおめです。
そうすね、正月→福袋→福笑の連想から生まれたネタですね。
最後がリ○グオチだし、やほお大賞でも良かったかもね(笑)

なるほどつるさんのパーツは――
ムフフ( ´艸`)

ゴンザレスさん>
あけおめ&お久しぶりです^^
これで仲良く遊んでたらその方が怖いですね(笑)
(それでイケばよかった……orz)

公序良俗を乱すような話が多いかもですが、
読んでいただけると嬉しいです。ありがとうございます♪
Posted by レイバック at 2009年01月04日 21:47
あけましておめでとうございます。
正月そうそうホラーです〜。
リアル福袋の中身は
リアルな女の子のフィギュアかもと
思いましたが…
Posted by keita2 at 2009年01月05日 07:15
あけおめ!
ご挨拶遅くなりましたが
今年もまったりとよろしくです。

リアル福袋。
バラバラの部位は
すっかり再生され
可愛いお姉さんになって
リアル彼女福袋に変身したとか?
袋を切る時に大胆にナイフを入れすぎて
本当はイリュージョンのように
飛び出てくるお姉さんを切ってしまったとか?
それにしても凍るわ〜(++;
Posted by 舞 at 2009年01月05日 09:03
明けましておめでとうございま〜す!
リアル福笑、やばい。怖いです。
袋からの現れ方がまた、貞子を彷彿とさせる・・・。
その後、彼女はどこへ行ったのか、
考えるだけで・・・ギャ〜!!
Posted by naena at 2009年01月05日 13:11
遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします(^-^)

下ネタで終わり、ホラーで年明け。
なかなか破天荒な年末年始ですね(笑)
Posted by shitsuma at 2009年01月05日 20:37
レイバックさん
あけましておめでとうございます〜☆
こちらこそご挨拶が遅くなってしまい
お許しを〜。

わーお正月からホラー すきです〜≧▽≦
タクミくん どうなっちゃったのかな。。。
リアルってなにがリアルなのかなぁ。。と思いつつ読んでいましたが
ぜんぜん違う結末でした>。<
タクミも リアル福笑の素材にされなければいいけどぉ。。
ビレッジヴァンガードって
私の住む吉祥寺にもあるけど
ここにしかないのかと思ったら
全国展開だった〜*▽*

レイバックさん 今年もどうぞよろしく〜〜〜☆
Posted by らに〜た at 2009年01月05日 23:17
keita2さん>
あけましておめでとうございます☆
これじゃめでたくないですよねぇ(笑)
おおフィギュア!
そういやそんなネタを過去に書いた気が……
今年もよろしくおねがいします^^

舞さん>
あけおめです☆
再生されても面白いね(笑)
なんだそのスーパーイリュージョンw
今年もまったりよろしくね♪

naenaさん>
あけおめですー☆
わははwまさに貞子ネタですよねぇ(笑)
さて、タクミの運命やいかに!
今年もよろしくお願いしますね♪

shitsumaさん>
あけおめです☆
シモで終わりホラーで始まる。
常識を打ち破ってやろうと思いまして――
(※何も考えてませんw)
今年もよろしくですー♪

らに〜たさん>
あけおめです☆
今度はタクミが福袋に入れられて
来年はお店に並んで、無限ループ……
それいいね!(´∀`)
今年もよろしくお願いしますー♪
Posted by レイバック at 2009年01月06日 23:08
遅くなってスミマセン。コメ入れたつもりでした。
最近ミスが多いんですよ。どうしよう(><)

福袋から何が出てきたら面白いだろう?
っていうのは私も考えたんですよ。
これは予想外でしたね。
てか、こんな怖い福袋、誰も思いつかないよ〜!
描写がリアルで、違う世界に連れて行かれそうでした(^^;
Posted by ia. at 2009年01月12日 01:26
iaさん>
こんばんは。
おお。では二回も書いてくれてるってことっすね!
ありがとうございます。ほんとなんか申し訳ないです……^^;

なんかね写真を使ってやる福笑はあるみたいなんだけど、
3Dのリアル福笑は無さそうだったもんで、いっちょやってみっかと(笑)

それにしても正月早々縁起悪いよねぇヾ(´▽`;)
Posted by レイバック at 2009年01月12日 02:12
ホラーだ、ホラーだ、わーい。
福袋から出てきたら怖いものってなんだろう……?

……カレー、とか。ことこと煮込んだやつ、袋に直で。

そ、それはそうと、あけおめです。
遅すぎっすね、すいません。
Posted by 火群 at 2009年01月12日 02:19
火群さん>
こんばんは。
おお火群さんが喜んでる(笑)
レトルトじゃーんそれ^^;

あ。そうだ。
あけおめですw
今年もよろしくお願いしますねー☆
Posted by レイバック at 2009年01月13日 23:57

 ホントに笑えねー どうすんだよ

 それと毎回だけど、「話が長ぇーんだよ!」

 全然、ショートショートじゃない…
Posted by 田代まさし・小堺しょうた at 2016年11月14日 14:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。