おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「クビ」


レバーを手前に引く。

キキキと金属の軋む音。ほどよい勢いで流れる水。

ん?

なんだ、この髪の毛は……。

洋式トイレの便器の枠の部分から長い髪の毛が一本。

そよそよと水流にそよいでいた。

不景気による突然の首切り。

派遣先の寮を追い出され、この部屋に越して来たのは、つい数日前のことだ。

住んでいるのは俺一人。

彼女ですら、まだ部屋には呼んでいない。

だから、このような女の髪の毛が、ここにあるはずがない。

紛れ込むはずがないのだ。

いや、もちろんロン毛の男の髪の毛という可能性も残されてはいる。

が……。

あらかじめ言っておくと、俺は丸坊主である。

では、いったい、この髪の毛はどこから来たというのだ。

「浮気だけは絶っ対に許さないから」

次の土曜日に遊びに来ることになっている彼女の台詞だ。

もしあいつに、こんな髪の毛を見られてみろ。

それこそ俺の命は……

いや、さすがに命(タマ)まで取られることはないとしても、

サオの一本や二本切り取られてもまったく不思議ではない。

そう。それほど激情的な性格なのだ、彼女は。

トイレットペーパーを丸め、便器に押しつけるようにして、忌まわしい髪の毛を取り除く。

俺は、もう一度レバーを引いた。

ザザァ、キキキと無駄に騒々しい音が鳴り響く。

しばし駄々をこねるように水面で暴れたものの、

やがて力尽き、吸い込まれてゆくティッシュボール。

「ど、どうか、今回のことは水に流してくれー」

くくく。

くだらねぇ。

一人暮らしをしていると、どうにも独り言が多くなって困る。

ぴぴぴ。と部屋で携帯が鳴っている。



「はい」

「もしもしー、何してるのー?」

「おお。お前か。ちょっと聞いてくれよ。

さっきな、トイレから髪の毛が出てきてな。

またそれが、長い髪なんだよ――」

「ちょっと、誰の髪よ!」

「ちょ、おい、待てよ、違うんだ、浮気じゃない、浮気じゃない」

俺は携帯を強く耳に押し当て、ぶんぶんと首を横に振る。

「じゃあ、なんで髪の毛があるのよ。あんたなんかハゲのくせにっ」

「ちょ、おい、ハゲはないだろ、ハゲは。ボウズといえ、ボウズと。

いいか、お前、ボウズとハゲとじゃな、はっきりいって雲泥の――」

「ふん。どっちでもいいわよ」

「お……」

「許さないからね」

「はい……。でもさ、俺考えたんだけどさ、

トイレの水って、あの便器の後にあるタンクから出てくるんだろ? つうことは――」

「トモくん? そういえばトモくんの部屋って、やたらと家賃安かったよね……」

「おお、しかもセパレートだし、クロスやフローリングも超キレイだし、これこそ掘り出し物件だよな」

「……」

「ん? どした?」

「それって……、訳ありだったからなんじゃないの? だって――」

何かが背すじをにじにじと這い上がってきた。

「おいおい、冗談は顔だけにしろってー、はっはっはー」

俺は寒気を笑い声で追い払い、電話を切った。



その後。

うちのトイレからは、二度ほど長い髪の毛が出てきた。

俺は再び引っ越すことにした。

なんと、わずか一ヶ月でだ。

やれやれ。

金はかかったがしょうがない。

気持ちが悪いものをムリにガマンすることはないだろう。

決めるとなったら早かった。

まぁ引越しそのものは苦にならないのだ。

独り身であるが故。荷物も大してあるわけではないからだ。

だがインターネットがなかなか繋がらないのは困る。

つまり、そう。ブログも更新できないわけで。

先日。パケット代を気にしながら携帯から確認したところ。

どうやら訪問者の数も激減しているようだ。

まったくやれやれ。

なんにしても早く開通してほしいものだ。

え?

いや、まぁ、結局。

水洗タンクの中は、見ていない。

だが、今、思い返してみると、たしかに。

水流は少なかったような、気もするのだ。












ショートショート:目次へ







この記事へのコメント
レイバックさん、おかえり〜♪
今回は実話風ですね。
トイレから髪の毛という設定が、大げさ過ぎなくて余計にリアル。
まさか……実話?\(>o<)/ギャーッ!

ところで、
こんなにブランクがあって、なんで下手にならないのぉ(≧ヘ≦)
Posted by ia. at 2009年03月04日 01:06
長かったよー。
ミコノス島にでも行ったのかと思った。
ハニ(ネ)ムーンで。

この話はタンクを見なかったことが一番怖いわ。
あ〜そうか。わかった。
節水よ。きっと生首がペットボトルの代わりなんだわ。
Posted by つる at 2009年03月04日 01:46
どうもお久しぶりです、孫琳です。

え、これ実話ですか!?
実際にこんなことがあったら、いや過ぎる・・・・・・
まぁ、でも飲み水じゃなかっただけましかもしれないですね(笑)
Posted by 孫琳 at 2009年03月04日 06:11
iaさん>
ただいまー♪
これねぇ半分実話なんすよ……(汗)
まじで髪の毛がね……

え?
タンクの中?
見てない……orz


>つるさん
ただいまですー^^
ミコノス島てw そら行きたいわー。
おおーなんということを(泣)
家のタンクますます見れねーっすorz


孫琳さん>
お久しぶりですー^^
まぁ半実話というかなんと言いますか……
あんま想像したくないんですよねー(笑)
もし屍蝋化してたりしたら……

おー怖っ





Posted by レイバック at 2009年03月04日 23:42
確認しねぇのも怖いよ(笑)
派手な怖さじゃなくて、ジメッとした怖さがすごくイイ。
Posted by 火群 at 2009年03月06日 02:57
はっ、半分実話ですか!!!
もしかしてつい最近のお話だったり?
引越しって、こういうのがあると怖いな。。。
なんか、ぞわ〜ってきました。
Posted by naena at 2009年03月06日 13:23
火群さん>
ども!
いやー根がビビリなもんで。
確認できないんですよ。まじで。
誰かうちの水洗タンク見に来てくれー(´Д`)

naenaさん>
こんばんは^^
そうなんですよぉー(泣)
ほんまタンクに何か入ってたら……
どないしましょ???
Posted by レイバック at 2009年03月09日 23:53
お久でーす。
引っ越しっていやですよね。何が悲しいって、手荷物の少なさが……

これも、半実話ってことで。笑

しかし、ブランクがあっても読ませる技術はすごいですね。謎を謎のままにするところが、さすがだなぁ。
Posted by たろすけ(すけピン) at 2009年03月10日 18:53
たろすけさん>
ごぶさたですー☆
半実話www
分かりますよーその気持ちw
いやーこんな短いのにめっちゃ時間かかりましたよ(笑)
つるさんとこの競作間に合わないかもしんないなー^^;
Posted by レイバック at 2009年03月12日 00:40

 まぁ、まぁ 今回の話は マシかな

 でも、いちいち 男と女が登場しないと

 ストーリーが書けない てのは何だかなぁ

〜他のショートショートで傑作☆ てのが有るだけに残念

 今回のなんかも、ショートショート? て感じだし…

 セミロングて、おねーちゃんのヘアスタイルじゃぁねぇーんだぞ

 レイバック! バック入れ? 下ネタを書いているんじゃぁない!
Posted by ブログ監視人 at 2016年11月13日 18:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。