おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「老作家」


「後野レイ先生か……。あの人も、もう80代だろう。
大丈夫か? かなりボケがきてるという噂だが」

「まかせてください編集長。タイタニックに乗ったつもりで……」

「沈むだろうが! バカモノっ!」

  ☆     ☆     ☆

わたしはタイタニック―― 

もとい、新幹線に乗り一路関西へ。芦屋の一等地にある後野邸を訪れた。

「後野先生、久々にショートショートを、書いていただきたいのですが……」

「よろしい。まかせなさい」

白髪白髭。重厚な着物姿の後野先生は、腕組みをしたまま鷹揚に頷いた。

「ありがとうございます!」

「善は急げだ。今書こう、やれ書こう」

「ええっ!? 今すぐにですか?」

「わしゃ最近、パソコンとやらを買ったばかりでな、練習中なのだよ」

久々の執筆〜っ♪ などと陽気に口ずさみながら先生は、仕事部屋に消えた。

大丈夫だろうか……。

一抹の不安がよぎった。

  ☆     ☆     ☆

わたしが応接室で、出されたお茶をすすって待っていると、突然ドアが開いた。

「出来たぞい」

「ええ!? もうですか?」

わたしは咄嗟に腕時計を見る。まだ20分しか経っていない……。

昭和生まれの作家恐るべしである。

「おい、キミ、プリントアウトのやり方が分からん。ちょっと見てくれんか」

先生は手まねきをして、わたしを呼んでいる。

「はいっ、すぐに参ります」

わたしは恐る恐る、先生の仕事部屋へお邪魔した。

「連載当時と同じで五枚だったな。数えていないが、おそらくこんなものだろう」

先生の机に置かれたパソコンディスプレイには、作品が横書きで打ち込まれていた。

どうやらメモ機能を使ったようだ。

わたしは先生の了解を得た上で、文書作成ソフトを立ち上げ、原稿の体裁を整えた。

「ちょうど、400字詰め原稿用紙に換算して五枚。2000文字の分量でした。
さすがは後野先生ですね。ただ――」

そこでプリンターが、音を立てて作動し始めた。

「ふふふ。わしが過去どれだけショートショートを書いたと思っておるんだ。身体が覚えておるよ。
いいかキミ。熟練の寿司職人は、ひとにぎりでシャリの量を計ると言うな。
数えてみると、いつも米粒の数が同じだそうだ。わしもその境地だよ。わっはっはっはっは。
言うなれば、わしにとって作品はシャリ。文字は米粒じゃよ。わっはっはっはっはー」

先生は大きな腹を抱え、のけぞるようにして笑っている。

わたしは、手を挙げて、先生の大笑いを遮った。

「先生、ひとつだけよろしいでしょうか?」

「なんじゃ」

先生の顔色が変わる。

わたしは額に流れる汗を感じながら疑問を口にした。

「この作品のオチが、どの部分なのか、わたしにはさっぱり……」

「どれ、貸してみい」

刷り上ったばかりの原稿を先生に手渡す。

先生はロボットのような動きで首をひねった。

「ふむ。ネタを載せ忘れたか……」













↓他の作品も読んでみる。
ショートショート:目次へ



この記事へのコメント
ひゃひゃ(≡^∇^≡)
冒頭のタイタニックでツカミはOK!
しかも、いかにも適当そうな先生がメッチャ好みです。
ライトなノリでサラリと落とされて気持ちいいー♪
Posted by ia. at 2009年05月24日 01:00
面白い!
わかりやすかったです。
老作家の描写が一行にも足りないのに、
しっかりとセリフでキャラをみせてくれました。
しかし、まとまりのいい話だわ。
Posted by つる at 2009年05月24日 02:11
iaさん>
こんばんは。
軽く小ネタで掴みですね(笑)
これは筒井康隆さんのようなイメージで書いてみました。
失礼ですよねぇヾ(´▽`;)

つるさん>
こんばんは。
好評で素直に嬉しいです(´∀`)
こういうシンプルなネタのほうが書きやすいですし、
結果的にデキもいいような気がしますね。
こねくりまわしたヤツはダメだもんなぁ……

Posted by レイバック at 2009年05月24日 21:25
これはウマイですね!
落語チックな綺麗なオチで、
サビがツーンと効いてる感じです。
ごちそうさまでした(^-^)
Posted by shitsuma at 2009年05月28日 23:49
shitsumaさん>
どもども。
おお、また、ウマいコメントされちゃったぜ(笑)
ええ。落語も大好きですからねぇ。今後もこういうネタは増えると思います( ´艸`)
Posted by レイバック at 2009年05月29日 00:48
 
 晴れ、晴れ、晴れ☆3つ
 太陽は有りがたいよう〜☆

 オチの無いショートショートは”シャリシャリ”していますね

 塩むすび てのは有りますけど…

 「ご注文は」
 「塩寿司のにぎり、ネタ抜きで」

 そんな会話、聞いたことない わさび:さび抜き は聞いたことある

 ネタ抜きのオチ無だから、スパイス効いてないストーリーだから、
 ある意味、(ストーリーの)さび抜きかな…

Posted by 回転寿司「リボルバー」 at 2016年11月02日 12:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。