おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「落し物」


テーブル上の物体と猫とを交互に見る。

お前か。お前なのか。

猫はじっとわたしの目を見つめている。

トイレを覚えてからは粗相をすることなどなかったのに。よりによってテーブルの上とは。

それは、黒く細長く、一本気で(一本気?)、ツヤツヤとしていて、うん、なかなか立派じゃないか。

って、おい。感心しててどうする。

とは言え、まぁ体調は良さそうだ。

フローリングの上で猫は熱心にグルーミングをしている。

待て。それにしてもだ。なぜ下にティッシュが敷いてある? 猫が自分で敷くはずがない。

ううむ……。

母がふらりとダイニングに入ってきた。

「あら。これ食べないの?」

え?

「じゃ、いただきまーす」

食った!?

う、うう、言葉にならない。

「そ、それ」 わたしはやっとの思いで声を絞り出し、母の口元を指差した。

「かりんとうじゃない。美味しいわよ」

……美味しいわよじゃねぇよ。














ショートショート:目次へ





この記事へのコメント
ああ、よかった〜、かりんとうで。
でも正体がわかっても「わたし」は食べにくいかもしれません。
おもしろかったです。
Posted by 七花 at 2010年01月08日 23:48
かりんとう、一本だけだと怪しすぎ(笑)

逆にかりんとうだと思って食べてしまったら…て方がかなりコワイですが。
Posted by 銀河径一郎 at 2010年01月08日 23:55
七花さん>
ありがとうございます。
ほんとよかった。
まぁあんまり想像したくないシチュエーションですよね(笑)


銀河径一郎さん>
おはようございます。
これ知り合いから聞いた実話なんですがね、
どうやら食べ残しの一本だったらしいですよ(笑)
Posted by レイバック at 2010年01月09日 13:04
実話だったんですか?これ。
まったく恐ろしいことが、世の中にはありますね〜(かりんとうだけどね・・)


ところでレイバックさん、小説現代見ましたよ。予選通過者に、「レイバック」とあったんで・・  まさか別人ではないですよね。
ぼくも送ったんですが、全然ダメでしたよ〜。凄いですね〜。 
どんなショートショート出したんですか?参考にでも教えてくれませんか?
Posted by 城名 at 2010年02月25日 14:38
城名さん>
こんばんは。事実は小説より奇なりですねぇ。
おお。すっかりチェックするのを忘れてましたw
情報ありがとうございます。早速書店で確認いたしました。
もちろん、応募したのはなりすましではなく、わたくしです(笑)
今回応募したのは以前に書いたこの作品です。
http://cab10.seesaa.net/article/45753523.html
次は何で攻めるかなぁ。掲載されたいなぁ。
選者の阿刀田さんを唸らせてみたいですよね(笑)
Posted by レイバック at 2010年02月27日 00:20
これも、いいですね

お前か お前なのか
 猫は、じっと私の目を見つめている
人間のくせに、テーブルに粗相をしたのは
きちんとトイレは覚えたはずなのに
でも、黒く細長くてツヤツヤとして立派じゃないか

上のような解釈も出来ますよね 

ご丁寧にティッシュを敷いて、その上に粗相するなんて
 猫は呆れて毛づくろい、グルーミングに熱心だ

 ん、かりんとう? 何だ、それは
人間は、つくづく紛らわしいモノをテーブルの上に置く習性がある
実に厄介な生き物だよ

 ねこ目線だと、こんな感じですね♪
Posted by 落ちこぼれ at 2016年10月28日 15:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。