おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「傘がない」


 傘がない。
 コンビニから出て傘立てに手を伸ばそうとしたのだが、ない。傘がないのだ。
 わたしは途方に暮れる。店内にいた客はわたしだけである。すれ違いに出て行った客もいない。
 店の前でたむろしているような若者もいなかった。いったいどうしたことだ。
 わたしはあたりを見回してみる。
 雨なのに駐車場の隅で掃き掃除をしている店員がいた。
 しかもわたしのものらしき水色の傘を差しながら。
 わたしは雨に濡れるのも気にせず、つかつかと店員の元へ歩み寄る。
「君、それはわたしの傘じゃないのかね」
「あ。すみません」
 まだ十代とおぼしき彼女はぴょこりと頭を下げると、傘ではなくほうきをわたしに手渡した。
「そうそうこれこれ。これをこうやって差してな。さすがほうきだけに水はけがええわ。ってアホか」
 わたしはついついノリ突っ込みをしてしまう。
 彼女は一瞬固まったあと吹き出した。
 身体をくの字に折り曲げたままくつくつと小刻みに震えている。
 どうにも笑いが止まらないようだ。
「おい君、だいじょうぶか」
「はぁー苦しい」 顔を上げた彼女は制服の袖で涙を拭う。
「意外とノリいいんですね」
「そうでもないよ」
 わたしは整った彼女の顔から目をそらし、咳払いをする。
「笑ったらおなかすいちゃった。あたし、もうバイト上がりなんですけど、ごはんでも食べにいきませんか?」
「ああ、かまわないが」
「やった」
 彼女はわたしにたたんだ傘を押し付けると、店に向かって駈け出した。
 毛先のなびいたほうきと水色の傘を手に、わたしはひとり駐車場に立ち尽くす。
 いつのまにか雨は止んでいた。












ショートショート:目次へ


この記事へのコメント
この女の子、図々しいけど可愛いですね。
おじさん、今後も振り回されそう(笑)
梅雨時に爽やかな気分になれました。
明日は晴れるかな?
洗濯物が……パンツ、なくなっちゃうよぉ!(笑)
Posted by ia. at 2010年07月14日 01:02
ia.さん>
どもども。
こいつはおっさんの妄想話のたぐいですねw
それにしても今日の雨すごかったなぁ。
鴨川が濁流になってましたよ〜。
Posted by レイバック at 2010年07月15日 00:10

 何とも軽妙なショートショート…ナイス・ショート☆
 ティーンエージャーのバイトの女子店員とおじさん(?)との
 会話の1シーンをフォトに撮れば、きっと…

 ナイス・ショット☆

 になったでしょうね

 なんとなく不思議ちゃん的な女子高生?バイト店員と、ふつー?の
 おじさん? の会話をショートショートにしたものみたいですけど、

 いい味、出てるなぁ、と  読後の”なんとなく、ほんわか”感が
 絶妙ですね



 …ごはん、何を食べに行ったんやろねぇ ”水物(水炊き)”と良い海苔:ノリの
 海鮮もの か、、、その後に
 雨の後だから あめぇ、スウィーツでも? お味がよろし、、、おあとが、よろしいようで♪

 車のカーステレオからは、あぁぁ、水色の雨〜♪ 私は行くの〜♪

 こんなんでました
Posted by 雨のち晴れ at 2016年10月27日 14:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。