おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「夏休み」


 うちの小学校もついに夏休みに突入した。
 ぼくはクラスメイトのひろゆきと計画を立て、彼のおじいちゃんの住む田舎へ、二人だけで遊びに行くことにした。

 電車を数回、さらにバスを乗り継ぎ、ぼくらは○○県の外れまでやってきた。
 バス停で降りても周りは田んぼだらけ。遠くを見渡しても山ぐらいしか見当たらない。
 都会と違い、とにかく高い建物がないのだ。
 飛びまわるトンボやカナブンなどを冷やかしながら細い農道を歩いて行くと、やがて古い民家が見えてきた。
「あれだよあれ」ひろゆきが言う。

 小さな納屋の前でトラクターをいじっているお年寄りの姿が目に入った。
「じいちゃーん」
「おう、ひろちゃんか、よく来たな」
 おじいさんはそう言うと、麦わら帽子のあごひもをゆるめた。
「こんにちは、お世話になります」
 ぼくは帽子を脱いで挨拶をした。
「長旅で疲れたやろう、まぁあがりなさい」
 おじいさんは作業を止め、民家の方へ歩いていった。

 キンキンに冷えた麦茶を飲みながら、ぼくらはおじいさんと一緒にスイカを食べた。
 小学校の話やひろゆきの家族の話などをしているうちに、ぼくはだんだんおしっこに行きたくなってきた。
「ねぇトイレある?」ぼくはとなりのひろゆきに小声で訊く。
「あるにきまってるだろ」ひろゆきは大きな声で言う。
「ただし、外だけどな」
「外?」
「汲み取り式の便所だからの。母屋から離れてるんじゃよ」
 おじいさんが説明する。「中に落ちないように気をつけてな」
「気をつけろよ。落ちたら死ぬぞ」
「もうっ、落ちないよ!」

 ぼくは場所を教わり、一人でトイレに向かった。
 母屋を出たとたんにセミの鳴き声が夕立のように降り注いでくる。
 十メートルほど離れたところに細長い木製の小屋があった。
 これかぁ。
 なんの変哲もない小屋だった。
 ぼくは色あせたノブを握り、がたつく扉をそろりと開けた。
 
 クモの巣の張った正面の窓から西日が差し込んでいる。
 にもかかわらず、小屋の中は少し肌寒く感じられた。
 たしかに不気味な雰囲気ではある。
 まずあれほどうるさかったセミの鳴き声が聞こえない。
 この場所だけが外界から遮断されているような気がしてきて一気に心細くなる。
 ぼくはなるべく便器の中を見ないように、そしておしっこをこぼさないように、気をつけて用を足した。

「あー怖かったー」母屋に戻ったぼくの第一声がそれだった。
「まだ昼だからいいよ。夜は半端ないぜ」
「夜は足元も暗いしのぉ」おじいさんがそう言って笑う。
「このあたりの村も昔は貧乏やったからな、食わせられない子供や、出来の悪い子供は、みな汲み取り便所に捨ててしまう、そんな風習があったんじゃ。だから、お前たちも、勉強もせんとあんまり遊んでばかりやと――」
「やめてよおじいちゃん! ちゃんと宿題も持ってきたんだから!」
「そうかそうか、ならいいわい」
 わっはっはとおじいさんは高らかに笑う。
 焼けた肌に刻まれた細い目は笑いジワに埋もれ、無くなってしまったかのように見えた。

 おじいさんの手作りの夕食を食べて、少しテレビを見たあと、ぼくらは寝床についた。
 遊びすぎて疲れたからか、ひろゆきはあっという間に寝てしまった。
 負けじと目をつむって寝よう寝ようと集中していると、おなかが急に痛くなってきた。
 寝る前に食べたアイスクリームがまずかったのかもしれない。
 がまんして寝ようと思ったのだが、だんだん痛みがひどくなってきた。

「ねぇ、ひろゆき、ひろゆき」
 いくら背中を揺らしても、ひろゆきは起きなかった。
 しょうがないのでひとりでトイレに行くことにした。ぼくはおなかを押さえてきしむ廊下をそろそろと進む。
 おじいさんも寝てしまったのか、家の中の明かりはすべて消えてしまっていた。
 とにかく早くすませてしまおうと思い、ぼくは急いで外に出た。

 頼りない虫の鳴き声が下草の間から聞こえてくる。
 月は雲に隠れてしまったようで足元はあまり見えなかった。
 小屋にたどり着き、扉を開ける。手探りでスイッチを押すと裸電球がぱちりと点いた。
 とたんにばさばさと大きな蛾が飛びまわる。ぼくはびくびくしながらズボンを膝まで下ろした。
 なるべく便器の穴を見ないようにする。
 下腹部に集中し、さぁ出すぞ。と思ったその時、下から声がした。

「ぅぅ」

 出かけていたものも止まってしまった。

「ぅぅぅぅう」

 ふたたび聞こえる。
 ぼくはおそるおそる股の間をのぞき見た。
 
 青白い顔がぼうっと闇に浮かび上がる。

「ひっ」ぼくは思わず息をのんだ。

 男とも女ともつかぬのっぺりとした顔に長い髪の毛がべっとりと張り付いている。
 目があるはずのところに目がない。髪の毛で隠れているわけでもない。
 つぶれひしゃげた鼻の下には真っ赤な裂け目が口を開けていた。
 そいつは、か細い両うでを上げ、ぼくが用を足すのを待ち構えているようだ。
 いや、それとも、ぼくが落ちるのを――

「ぅぅぅぅぅ、ぅぅぅぅぅ」

 えたいの知れない生き物は髪をふり乱し、ぼくを招くようにうでをゆらゆらと揺らしている。
 もうとっくに便意など忘れてしまっていた。
 ぼくはパジャマのズボンを引っ張り上げ、小屋を飛び出した。
 くつが脱げるのもかまわず走った。
 部屋に駆け込むと頭から布団にダイブした。

「おい、ひろゆき! ひろゆき!」
「ううん」
「おきろ、おきてよ!」
「なんなんだよ」
 
 ひろゆきはだるそうに半身を起こし、目をこすりながら振り返った。

「どうした? なにか見たのか?」

 ひろゆきは細い腕を顔から下ろした。
 あるはずのところに目がなかった。

















 怪談競作リンク集

(※これは舞さんのところで行われている怪談競作企画用に書いてみました。)

ショートショート:目次へ


この記事へのコメント
いや〜〜〜!怖すぎる〜!
こんなにリアルに書かれると、マジでトイレに行けなくなるじゃないですか〜!
でも、うちのトイレは室内だから怖くないもん。
一人で行けるもん。

外のトイレって、ベタだけど迫力満点のシチュエーションですね。
昔、夏休みに遊びに行った田舎の親戚の家が外トイレでした。
木製のドアで、開けるとお約束のように「ギイーッ」っと不気味な音が……。
それだけで充分怖かったです。
Posted by ia. at 2010年07月24日 01:35
子どもの頃って、みんな一人でトイレに行くの、怖くて仕方なかったですよねぇ
だから、この話はみんな怖い。まちがいなく怖い。
蝉の声や虫の声ってのが怖い。
だって、それでトイレに行くときの外の空気が肌に感じられるから。
恐怖の演出ってそういうのですよね!
ラスト、朝の迎えて安心させておいての逆転・・・う〜ゾゾゾ〜
先程、ヴァッキーノさんの超変速型を楽しんだのですが、
これはみごとな正攻法ですねぇ!ブルブル
Posted by 矢菱虎犇 at 2010年07月24日 04:32
マジな怪談じゃないですかあ!
前に、お台場でサッちゃんファイナルっていうお化け屋敷に入ったんですけど、
最初からかい半分で入ったら、出るときには半べそ状態だったのを思い出しました。
お化け屋敷の中で道に迷ったんです。。。

矢菱さんのコントみたいな怪談を読んで、りんさんの社会派な怪談を読んだ後、
今度は、どんな怪談なんだろうと思って読みました。
お手本のような怪談ですね!
実際に体験したら、怖いだろうなあ。
Posted by ヴァッキーノ at 2010年07月24日 14:42
こんにちは。
私も競作に参加しました。こういうの楽しいですね。

あ、でもお話はとても怖かったです。
私も田舎に行ったときトイレが外で、すごく怖かったんです。
トイレから手が出るとか、よく言われましたが、これはそんなレベルじゃないですね。
オチもゾクッとしました。
Posted by りんさん at 2010年07月24日 18:17
ia.さん>
こんばんはー。
いやーほんまトイレってっこわいですよねなんなんでしょう。
ぼくも子供の頃めっちゃ怖がってて、お祓いしてもらいましたもん。
そうそう田舎の親戚の家はトイレが離れでした。こえーーー


矢菱虎犇さん>
こんばんは。
ほんとね、学校のトイレもこわかったなぁ。
とくに特別教室の方とか空気が違いましたもんね。
怪談とか苦手なので定型で書かせていただきました(笑)


ヴァッキーノさん>
こんばんは。
ええ。本気と書いてマジですよ。
怖いお化け屋敷の中で迷子とか……
それだけで小説のネタじゃないですか!(いただき)
ほんと定型以外の怪談とか思いつかないですよ(笑)


りんさん>
こんばんは。
競作はやっぱりテンション上がりますよね。
なんか僕だけボリュームあって申し訳ないんですけど(笑)
田舎のトイレはとくにやばいですよねぇ。
しかもくみ取り式だと虫とか匂いとかいろいろつらいですよねー。
Posted by レイバック at 2010年07月25日 00:14
田舎の外トイレがリアルですねえ!
最後のオチも定形なのかもしれませんが怖い怖い!

子供の頃、うちの田舎も外でした。
以前は牛馬でも飼ってたんじゃないかという小屋の中にあり水洗じゃない、トイレというより便所という方がふさわしい感じ(笑)
落ちたら汚いぞという思いも強かったです。
Posted by 銀河径一郎 at 2010年07月25日 17:33
え〜〜先日携帯からコメント入れたのに・・・
き、きえてる・・・怖っ!

田舎のぽっちゃん便所を思い出しました。
本当に田舎のトイレに入るときには
全速力で済ませてましたよ。
下は見ない事が鉄則でしたね。

しかしこんな怖い話よく書きましたよ。
考え付いただけでも恐ろしいのに・・・
怖すぎてみなさんのリンクするの嫌になりました(泣)
Posted by 舞 at 2010年07月25日 22:41
こんにちは。
いつもみなさんの作品で楽しませていただいている
もぐらと申します。

怖いですー!
この作品 夏のお化け屋敷のストーリーに使えそうじゃないですか。
ぜひ、売り込みましょうよ(*^。^*)

でも 田舎の外のトイレってなんであんなに恐怖心をあおるんで
しょうね。
前に水洗トイレの便器の中からお化けがでてくる映像を見たんですが
「なんだかな〜。」って感じでした。

正統派で怖かったです。でもとっても楽しかったです。
ありがとうございました。
Posted by もぐら at 2010年07月26日 10:48
銀河径一郎さん>
こんばんは。
みなさんの外便所経験率の高さに驚いてます(笑)
「定型」や「携帯やPCなどのガジェット系」以外で、
まったく新機軸の怪談ってなかなか難しそうですよね。
新味のある怪談を書いてみたいなぁ。


舞さん>
こんばんは。
携帯から? まじですか?
それにしても怪談企画。大盛況じゃないですか。
夏らしくて楽しいですね。感謝です。

怖い話の集まっている舞さんのブログにも
きっとなにかが集まって……
(笑)


もぐらさん>
こんばんは。はじめまして。
コメントありがとうございます。
お化け屋敷のストーリー!
いいですねぇ。
あれもストーリーがきっちりあるほうが怖そうですね。
ベタなお話でしたが楽しんでいただけたようで嬉しいです。
Posted by レイバック at 2010年07月27日 00:03
…こんにちは もう昼です ランチか定食か弁当か?

 ひろゆきくんは、宿題の出来が悪かった んですね
 きっと…

 だから、じいちゃんに汲み取り式の”肥やし”の中へと
 捨てられてしまったのですね

 でも

 ”じいちゃん”も、「食わせられなくなった」ら、
 きっと、うば捨て山・じじ捨て山 みたいに
 将来、汲み取り式の”肥やし”の中へ
 「ひろゆきくん」と仲良く、一緒に暮らすことに
 なるかもしれませんね

 「ひろゆきくん」、汲み取り式の肥やしの中で
 じいちゃんを待っているんでしょうね

 「じいちゃん、まだ来ないかな 一人じゃ、つまらないから、
 じいちゃん と一緒になれば、つまるかな、汲み取り式が…」
 そんな上の声が聞こえてきそうです

今度、匿名組合 で「汲み取り式の今後、どうあるべきか」を検討中です
 でも、水洗式にしても「ひろゆきくん」は流されちゃうんでしょうね

Posted by 匿名組合 at 2016年10月27日 12:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。