おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


ブクブク


 ブクブクブク。
 バスタブに潜る。思いのほか深かった。
 いつもならせいぜい5メートルくらいで底に手がつくのになぜか今日はどこまで潜っても底が見えなかった。

 ブクブクブク。
 泡の風船が勢いよく駆け昇ってゆく。
 赤、青、黄色、黄色、青、赤。
 風船が消えたかと思うとこんどは色とりどりのドレスを着た熱帯魚さんたちが足早に目の前を通り過ぎてゆく。
 どこかでパーティーでもあるのかしら。
 わたしは艶やかな後ろ姿を見送ると、さらなる深みを目指して足を掻いた。

 ブクブクブク。
 不思議なことにぜんぜん息は苦しくなかった。
 いつもならとっくに息切れしてバスタブから飛び出しているのに。
 ちょうどいい湯加減だったお湯はいつの間にか冷めて今やただのなまぬるい水になっていた。
 これでのぼせる心配もなくなった。まだまだ潜れる。
 懸案事項がクリアされたことで俄然やる気と勇気が沸いてくる。
 今なら世界新記録だって出せそうな気がした。

 ブクブクブク。
 ゆったりとしたリズムで水を蹴りながらわたしは考える。
 1978年にジャック・バスクリンが叩き出したフリーバスタブダイビングの世界記録は115,2メートル。
 今のわたしも、もう80メートルは潜っているはずだ。それくらいは魚の種類の変化でわかる。
 バスタブの中を明るく照らしていた浴室の照明はもはやすっかり色を失って、わたしはすっぽりと闇に包み込まれていた。
 ときおり通りかかるキュートな深海魚さんたちが青白いライトをちかちかと点滅させては、わたしにエールを送ってくれる。
 ありがとう。ありがとう。わたしは手を振り返す。彼らもきっと記録の更新を期待しているのだ。
 およそ40年間も破られなかった偉大な記録に、あのジャック・バスクリンに、このわたしが近づこうとしている。
 そう考えると身震いがした。

 ブクブクブク。
 水圧が急にきつくなってくる。
 からだがきゅうっと締めつけられる。
 もうわたしの頭の中には記録のことしかなかった。
 頭もからだもスリムになったわたしはなにか不思議な力に引っぱられるようにバスタブの深部へ落ちてゆく。

 ブクブクブク。
 ついに眩しい光が見えた。
 そのまわりには真っ白な天井が広がっていた。

 わたしは裸のまま脱衣所の床に寝かされていた。
 となりでママが泣きわめいていた。

 あなたまた泡を吹いていたのよ!

 なぜこの人は泣いているのだろう。
 どう見ても歓喜の涙には見えなかった。
 カメラのフラッシュもなければ、突き出されるマイクもない。
 もちろん取り囲む報道陣などひとりもいなかった。

 どうやら世界新はならなかったようだ。
 わたしはジャック・バスクリンにはなれなかった。
 ごめんね深海魚さん。期待に応えられなくて。

 ブクブクブク。

 目をつむるとふたたび泡の音が聞こえてきた。
 













ショートショート:目次へ



この記事へのコメント
これはまた不思議な話ですね。
フリーバスタブダイビングって本当にあるのかと思いましたよ。
ジャック・バスクリンって(^^

この子にとっては楽しい遊戯なんでしょうね。
子供の頃って自分だけの世界が確かにあった気がします。
もう思い出せないけど。
危険だけど楽しそう!と思っちゃいました。

あっ、まさか酔っ払って風呂に入って思いついたとか(^^
Posted by ia. at 2012年03月18日 01:57
ia.さん>
こんにちは。
変な話ですよねw
(ちなみにあとがき的なものはここに http://bit.ly/Axp7Fn
実はひそかに世間の「ショートショート=星新一的なもの」
という固定観念をぶっ壊してやりたいと思っているので、
今後も変なお話が増えていくかもしれません(笑)

>フリーバスタブダイビング
いかにもアメリカ人が考えそうな競技ですよねw

子供の頃に見えていたもののことをたまには考えてみたり、
街中の子供の目線の先にあるものを無心で見つめ直してみたり、
意識的にそうしたことをしていないと、大切なものを失ってしまいそうですね。

>酔っ払って風呂に入って思いついたとか(^^
さいきんそんなに飲んでないよw


Posted by layback at 2012年03月18日 13:05
>子供の頃に見えていたもの・街中の子供の目線の先にあるもの 
無心で見つめ直してみたり
意識的にそうしたことをしていないと、大切なものを失ってしまいそうですね

バックさん、、、本音ですか? 建前でしょ?

だって自分が子供(今も?)の頃、特別に何か見えていたり、目線の先に特別な何かがあったり、
などなど、別に今、思い返すと「何か見えていたor特別な何かがあった」なんて
「実は、特に何も無かった」はず? 無心で…て、まさか「子供は無心で」とか”カン違い”して
ませんよね?
 ”大切なもの”ですか? 他の人と違って、超能力者的な何か”見えない力”が有るわけじゃないので、逆に「子供の時は”何が大切なのか”解っていなくて、年取ってから気付く」…
大切なものってのは、子供じゃなくて、ふと「そーいえば子供は、どーなんだろう」と振り返った
非・子供が〜気付く〜ものじゃないかなぁと…


 ◆子供は無邪気ていう邪気を持っている…気が付いていますよね? もし気が付いていなかったら、バックさんは未熟者じゃないかな、と(無邪気者???)

 子供って実は考えているよーで、何も考えていない だから子供なんだと思いますけど?

あ、あわわ! 泡が、泡がブクブク… よく見たら、ビールの泡でした(苦笑
Posted by ジャック・マイオール at 2016年10月19日 15:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。