おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


もぐもぐ


 ずっと給食を食べていた。給食の時間内には食べ終わらなくて、昼休みになって、男の子たちが外に遊びに行ったり、女の子たちが輪になっておしゃべりをしたりしているのに、わたしはまだ黙々と給食を食べている。チャイムが鳴って、女の子たちがそろそろと席に着きはじめる。遊びに出ていた男の子たちもぱらぱらと帰ってくる。先生が入ってきて午後の授業がはじまる。国語の教科書を読ませるのに、先生は席の順に生徒を当てていくのに、わたしのことだけはさりげなく飛ばしてしまう。わたしもオツベルと象を読みたかったのに。でもわたしは、いまもまだもぐもぐとしているから、じっさいには読めない。だからしかたがないのだった。国語の授業が終わって、六限の理科も終わって、すぐに終わりの会がはじまる。近ごろ男の子たちが悪ふざけしてスカートめくりをするから困ると、女の子の一人が手を上げて先生に報告する。女の子たちは口々に、そうだそうだ! と声を上げる。わたしも、そうだ! と一緒になって声を張り上げたかったけど(わたしはスカートめくりをされたことは一回もない)、いまもまだもぐもぐとしているから、じっさいには口を開けない。男の子たちは、告げ口すんなよなーなどと、小さな声で文句を言っている。先生から男の子たちに厳重な注意があって、終わりの会が終わる。みんなわぁわぁと言いながら帰ってゆく。掃除当番の班の子だけが教室に残って、イスをのせた机をガガガと後ろに動かしてゆく。わたしの机以外全部。わたしの机は大海原に浮かんだ小さな島のようになって、わたしはその島でロビンソン・クルーソーのように一人ぼっちで給食を食べ続ける。掃除当番の子たちはカヌーのパドルのようにほうきを使って、わたしの島の周りをぐるぐると回る。わたしは島からそれを見て、なんだか自由でいいなと思う。たかが掃除当番なのに! 掃き集めたほこりやごみを捨てて、机を元の位置に戻すと、掃除当番の子たちも帰ってしまう。急にしんと静かになる。わたしがもぐもぐとする音だけが教室に響いている。やがて窓から西日が差してくる。まぶしい。でもわたしはカーテンを閉めには行けない。給食をまだ食べ終わっていないからだ。すぐに日が暮れて教室は真っ暗になってしまう。今日は月が出ているからそう怖くはない。窓の桟にフクロウがとまって首をかしげている。この子はなぜこんな時間に給食を食べているのだろう? そう言いたげな顔つきだった。わたしは彼に理由を説明したかったけど、いまもまだもぐもぐとしているから、なにも説明できない。フクロウはさよならもおやすみも言わずに飛び立ってしまう。わたしは一人教室に取り残される。わたしはつめたい月の光を浴びながら給食を食べ続ける。ついに朝がやって来て、やっと教室が明るくなる。窓の外からにぎやかな声が聞こえてくる。クラスメイトがぞくぞくと登校してくる。みんなの顔がそろったところで先生も教室に入ってくる。起立! 日直の子が元気な声を出す。礼! おはようございます! わたしも一緒になって立ち上がって、先生やみんなに、おはようございます! と元気にあいさつをしたかったけど、いまもまだもぐもぐとしているので、やっぱりできない。あっというまに午前の授業は終わって、給食の時間が来て、昼休みが終わって、午後の授業が終わって、終わりの会も終わって、掃除も終わって、みんな帰っちゃって、西日が差してきて、日が暮れて、夜になって、フクロウも飛び去って、また朝が来て、いつのまにかわたしは大人になっていて、未だに給食を食べている。先生、残してもいいですか?  そう言いたかったけど、いまもまだもぐもぐとしているので、やっぱりそれはできない。














ショートショート:目次へ

この記事へのコメント
最初は「ああ、こういう子、いたよね」と思って読んでいましたが、周りが誰もその子に気づいてない様子なのでだんだん怖くなってきました。
掃除のシーンのロビンソン・クルーソーの例えはいいなあ。
「もぐもぐ」みたいな繰り返し音はオノマトペって言うんでしたっけ?
こういうループ状の話で使われると、どことなく幻想的な感じもしますね。

でも最近は給食を残しても怒られなくて、逆に「残さないように」と子供の好きな物ばかり出してしまう学校もあるのだとか。
『変な給食』という本も出てますね。

ところで春の嵐は大丈夫でしたか?
あんな強風は初めてで、家が壊れちゃうんじゃないかと思いました。
Posted by ia. at 2012年04月05日 01:59
ia.さん>
こんにちは。
給食食べられなくて残されてる子いましたよね。
ぼくも好き嫌い多かったから、牛乳で無理やり流し込んでたなぁ。
「変な給食」って面白そうですね。読んでみたい。
あと、ぼくら世代が給食の話をすると必ず、
鯨肉よく出てたよねーって話になりますわ(笑)

オノマトペは擬音全般ですね。
繰り返しはリフレインとでもいうのかな?
音楽とか詩でよくあるやつですね。

ありがとうございます。
うちのボロアパートも飛んで行きそうになってましたが、
なんとか持ちこたえましたw
Posted by layback at 2012年04月05日 12:53
 
 誰もいない深夜の教室で、男子なのか女子なのか、この世のものかあの世のものか、何も解らず
だいたい、一応は給食を黙々ともぐもぐ…とあるけれど、「この子」は本当は何をもぐもぐしているのかさえ、解らない

 周りは誰も「この子」に気付いていない のでなく逆に「この子」が”本当の事実”に気付いていないだけ=自分が最初から実在していないこと を忘れているのだと思う

たぶん、一生、「この子」は何かをもぐもぐし続け、いつか教室が取り壊されたりしても、もぐもぐし続けるのだと…

 「待てよ」もう1つの可能性に気付いた 「この子」は実在する でも先生や「教室のみんな」が実在しない=つまり、「この子」は何かの理由で、眠っていて、その眠っている間、ただ、ひたすらもぐもぐしているのでは無いだろうか

誰も気付かない のでなく 「この子」が周りに何も無いことを、理解していない もぐもぐし続けさえ、すればいい 他は何もしなくて良いのだ、「この子」にとって

給食? そんなもの別に無くても、もぐもぐ出来る! ただ、それだけだと気付いた
Posted by 擬態・擬音語 at 2016年10月12日 16:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。