おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「キミだけを」


今日こそは彼女に告げよう。
年上で気の強い彼女にプロポーズを決意したものの、
言い出せないまま、数週間が過ぎていた。

「君だけを愛し続けるから、僕と一緒に……」

僕は口の中で一人呟きながら、夕食の準備をしていた。
今日は彼女が家に遊びに来る。
あまり料理の出来ない僕だったが、今日は一発、
おいしい手料理を食べさせて、いい気分になった彼女に
想いを告げようという算段だった。

難しい料理は到底作れそうにないので、
メニューはパスタとサラダだ。
彼女の好きな白ワインも買ってきたし、抜かりは無い。

BGMにアート・ペッパーのCDをかけながら、
サラダを盛り付けていると、玄関のチャイムが鳴った。

来た。

胸の鼓動が速まる。
落ち着け。
そう自分に言い聞かせる。
僕はゆっくりとドアを開けた。

「おつかれさま」

「ごめんね、ちょっと遅くなっちゃった」

玄関でパンプスを脱ぎながら彼女は言った。

「ほんとに何も買ってこなくて良かったの?」

「大丈夫だよ、丁度今準備してた所なんだ。
その辺に座って、ゆっくりしててよ」

サラダをテーブルに運び、僕は手早くパスタを茹で上げた。
ベーコンを炒めたフライパンの上で玉子を絡め、皿に盛り付ける。

「出来たよー」

食卓に彼女を呼び、ワインで乾杯した。
早速パスタの味を見てもらう。

「うん! 美味しいよ」

「そう? 良かった」

僕はホッと胸を撫で下ろし、ワイングラスに手を伸ばした。
一口でグっと飲み干し、例の言葉を伝えようとする。

「僕は、き、キミだけを――」

「そう! 惜しいなぁ!」

「ええっ? な、何が?」

「黄身だけを使ってたら、もっと美味しくできたね!」

「……」

僕は思わず、言いかけた言葉を飲み込んだ。
その後、彼女のカルボナーラ講座が続いたのは言うまでもない。













ショートショート:目次へ


この記事へのコメント
ぷぷ。
いいカップルですよね。
きっと彼女の方からもプロポーズをしそう。
続きも想像できて、2度楽しめます。
Posted by ユリ at 2007年07月18日 01:32
プププw
今頃プロポーズは成就したのでしょうか?
それは神のみぞ知る・・・(笑)
Posted by レイバック at 2007年07月19日 01:40
こんばんは。
やっぱりオチが良いですね。
女性が優位に立ってると、笑える状況が作りやすいですよね。
Posted by 安憧夏 at 2007年10月27日 01:25
安憧夏さん>
こんにちは。
仰るとおり、女性上位の方が、
面白い展開になりますよね(笑)
逆パターンでクスっとくるモノも、
いつか書いてみたいです^^
Posted by レイバック at 2007年10月27日 11:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。