おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「ジェラシー」


「なぁユイ、ええやろ?」

「もう、マァくんアカンよ。下にお母さんいてはるねんから」

「さっきお茶持ってきたから、もう上がってけえへんよ」

「そんなん言うて聞こえたらどうするん?」

「声我慢したらええねん」

「アホ、そんなん声は自然に洩れるもんなの」

「ええからええから」

「ちょ、ちょっとマァくん、ああ」


  ☆  ☆  ☆


「ん……」

「え? ちょっとマァくんどないしたん?」

「……」

「あんた、顔真っ青やんか」

「……」

「え? 悪寒? ちょっと、大丈夫!?」

雅史の指はドアの方を指している。
唯は後ろを振り返った。

「あ!」

「オカン! 何覗いてんねん!」

パタッ

ドアは閉ざされ、部屋は静寂に包まれた。











ショートショート:目次へ
 


この記事へのコメント
気まず〜い。
おかんに見られただけに、悪寒なんですね(笑)
Posted by ユリ at 2007年07月18日 01:37
ダジャレが好きなもんで・・・(笑)
かなり気まずい状況ですが
これはありがちなお話ですよね!
Posted by レイバック at 2007年07月19日 01:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。