おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「魔球」


9回裏、2アウト、ランナー3塁。

カウントは2−3。

うちのチームが1点差でリードしていた。

こいつが最後のバッターだ。

マウンドで俺は呟く。

次の1球で決めてやる。

ヤツはバットに当てるのが滅法上手い巧打者だが、案ずることはない。

俺には温存していた魔球があるのだ。

この球だけは誰にも触れさせない自信があった。

俺はマウンド上で一息つくと、大きく振りかぶり、

キャッチャーミットをめがけ、渾身の1球を投げ込んだ。

俺の手を離れた白球は、

不規則な回転をしながらバッターの手前で大きく変化し、

向かってきたバットを上手く避け、

ついでに、キャッチャーミットも避けきった。

ボールは転々とバックネットへ転がってゆく。

バッターは悠々と1塁へ向かい、

サードランナーは両手を挙げ、ホームへ滑り込んだ。

俺はあまりのショックにカバーも忘れ、

へなへなとマウンド上に崩れ落ちた。

顔を上げると――

ボールはまだ土の上を逃げ回っていた。










ショートショート:目次へ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。