おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「三叉路」


進まない。

悠也は焦っていた。

思いのほか道が混んでいる。

これじゃあ、間に合わねーぞ。

舌打ちしてみるも、それで何が変わるわけでも無かった。

今日は娘の菜月が小学校に入学してから、初めての授業参観だというのに。

イライラがつのり、ハンドルにかけた指の刻むリズムが速くなる。

菜月は、悠也が参観日に来てくれると聞いた途端。

飛びつかんばかりの勢いで喜んでいた。

きっと今も教室で、何度も後を振り返り、

今か今かと、悠也の姿が現れるのを心待ちにしているに違いない。

だが、それもしょうがないだろう。

早くに母親を事故で亡くした菜月にとって、悠也は唯一の肉親なのだから。

前方の信号が青になり、再び、車の列がゆっくりと進みだした。

悠也は、この先しばらく渋滞が続きそうな大通りをあきらめ、

次の信号を左折すると、片側一車線の県道へルートを変更した。

こちらは若干遠回りになるが、交通量は知れている。

結果的には早く着けるだろう。悠也はアクセルを軽く踏み込んだ。

もう500mも進めば小学校に着くという所で。

まばたきをした瞬間、左目のコンタクトがずれた。

反射的に両目をつぶり、0コンマ数秒。前方への集中力が削がれる。

数回のまばたきの後。

回復した裕也の視界に飛び込んできたのは、

道路左脇から転がってくる黄色いゴムボール。

そして。

それを追う3、4歳の少女だった。

右足が咄嗟にブレーキを蹴りこむが、とても間に合う距離ではなかった。

金切り声のように鳴くタイヤの音をBGMに、

フロントガラス越しの光景がコマ送りで流れる。

左前方には、少女に手を伸ばそうとする若い女性。

右前方には、近付いてくる対向車の大型トラック。

どちらにも逃げ場は無い。

しかしハンドルを切らねば。

どうする。

右か? 左か?

道路の中央に視界が収束する。

呆然とこちらを向く少女と悠也の目が合った。

すまない。

悠也は選択し、ハンドルを握る手に力を入れた。

目をつぶった悠也のまぶたの裏に、

眩しいばかりの白い光がフラッシュした。










ショートショート:目次へ
 


この記事へのコメント
以前読ませていただいて、今回もう一度読んでみたのですが、やっぱりゾワッとします。

どちらの道を選んでも娘を悲しませる結果になるといる「すまない」なのでしょうか(;_+)
一瞬の出来事がすべてを大きく変えてしまうんですね。
Posted by ポン at 2008年11月21日 12:09
ポンさん>
こんばんは。いつもありがとうございます^^
おお。懐かしいですねーコレ。
今読むとやっぱり粗があるように感じるなぁ。
こういうお話は書いていても悲しくなりますからねぇ。
結末をどう読むか。人それぞれってのもアリですよね。
またリドルストーリーっぽいモノも書いてみますね☆
Posted by レイバック at 2008年11月22日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。