おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「何? What?」(兄貴4)


クソッ、歯が痛ぇ。 

ただそれだけでイライラしていた。

そんな俺の気も知らずに、アイツらときたら

神聖な事務所でガキみてぇに騒ぎやがって。

特にテツの野郎、アイツは耳が少し弱いからか、

とにかく声がでけぇ。しかも性格もバカに陽気で、

ウチのムードメイカーではあるのだが、

今日に限っては我慢がならなかった。

「コラァァッ!!! お前ら事務所を何だと思ってんだ!!」

三人が突然の俺の声に肩をすくめ、その場で直立不動になった。

「特にテツッ! 何だお前のそのバカデカイ声はっ!」

「は、はいっ! スミマセンっ!」

「お前みたいなのをなぁ! 便所の100ワットって言うんだっ!! この大バカ野郎!!」

「は、はい、アニキっ!」

テツは一瞬、呆然と俺の顔を見つめると、

落ち込んだ様子で背を向けた。

おっと、ちょっと言い過ぎちまったか??

などと頭によぎるが、毅然とした態度を崩すわけにはいかねぇ。

そのままテツの背中を見守ると、

ヤツは肩を落としたまま部屋を出て行った。

ほどなくして、トイレのドアの閉まる音がする。

事務所の中には気まずい空気が流れていた。

ヤスもマサも視線を落として、口を開こうとしない。

5分。

10分。

15分。

もう、沈黙も限界だった。

「おいヤス! ちょっとお前トイレ見てこい!」

「は、はい、アニキ」

ヤスは立ち上がって部屋の入り口に向かうと、

ドアを開き、廊下に半身を乗り出した。

「アニキぃ〜」

部屋の中を振り返りながらヤスが情けない声を出す。

「なんだかテツの野郎、呻き声を上げてますぜ〜」

やっぱ泣いてんのかよ。

「分かった分かった、ちょっと中を覗いてきてやれ! もういいからって!」

やはり言い過ぎたか……。

アイツはバカだが繊細なトコロがあるんだよなぁ。

俺は兄貴失格だ。

「アニキっ!」

「どうしたヤス!?」

「テツの野郎……

便所でスクワットしてますっ!!」

……。

力が抜けた。

「もうちょっとやらしとけ!!」











アニキ@ABC D



ショートショート:目次へ


この記事へのコメント
愛すべき兄貴ファミリー。なんて素直な(笑
タイトルまでシャレていて、楽しいですね。

兄貴の人物像がどんどん立体的になっていきますね。
素敵です!
Posted by 藍 at 2007年08月15日 06:11
藍さん>
やはり極道モノは書きやすいですよね(笑)
また兄貴シリーズは書いてみようと思います^^
Posted by レイバック at 2007年08月16日 00:48
この人たち少しも極道らしくないけど(笑

楽しみにしていますね♪
Posted by 藍 at 2007年08月16日 15:39
笑っちゃいました〜〜〜♪
テツくんは可愛いし、アニキさんはいい人だなぁ。

このオチは予想外で、楽しませてもらいました。





Posted by ia. at 2007年08月16日 23:42
藍さん>
田舎ヤクザですからね彼らは(笑)
自分で書いてても愛着が沸いてきます^^
Posted by レイバック at 2007年08月17日 01:01
iaさん>あざっス!
アニキはキビしいんスけど、
優しいっス、だから俺たちは
どこまでもアニキに付いて行くんス!(笑)

Posted by テツ at 2007年08月17日 01:05
テツくんの直レスだ〜〜〜(笑)
さすがアニキさんの舎弟、礼儀正しいですね。
Posted by ia. at 2007年08月17日 23:51
iaさん>ウチの若いモンには、
礼儀だけはキチンと仕込んでますんで!



(しつこいですねww)
Posted by アニキ at 2007年08月18日 00:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。