おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「スプリット」


 あれは、大学卒業前に6人で、ボーリングに行った時の話だ。3人ずつ2チームに分かれて、負けたチームが、勝ったチームに、晩御飯を奢るという約束だった。

 我がチームは、予知や念力など、不思議な能力を持つ南と、自主トレ以来、めっきり腕を上げた西嶋、そして僕。ちなみに相手チームは、鳥井と東堂、そして鳩麦さんだ。

 勝負は10フレームまでもつれ、西嶋がストライクかスペアを取れば、僕達の勝利という場面だった。

「なぁ、南。西嶋、ストライク取っちゃうんじゃないか?」

「うーん、どうだろう?」

 僕の問いかけに南が首をかしげるとほぼ同時に、西嶋が大きくテイクバックし、ボールを放った。今まで通り、豪快でスムースなフォームだ。

「なんだか割れそうな気がするな……」

 南が僕の隣で、ぼそっと呟いた。
 黒光りする球が、水すましのようにレーンの上を滑ってゆく。

「やばいな、あれド真ん中に入りそうだぞ」

 あまり1ピンに真正面から入りすぎると、割れてスプリットになりやすいのだが、西嶋本人の性格通り、そのまっすぐな球筋は、まさに、三角形の頂点に向けて、軌道を描いてゆく。

 僕達の思いをよそに、西嶋は自分の投てきに酔っているのか、フォロースルーの体勢で固まっていた。

 ガシャーン。

 ボールが1ピンに当たり、ブレイク。
 派手にピンが弾け飛ぶ。

「やっぱり……」

 嫌な予感は的中、スネークアイだ。これは1ピンを頂点とする三角形の底辺の両端、7-10ピンが残っている状態を言う。スペアを取る事が最も難しい形だった。

 いや。違う。まだだ。

 残った二つのピンが、ゆらゆらと揺れている。

 その時、固まっていた西嶋が、腰の脇で両拳を握り、必死に倒れる事を拒もうとするピンに喝を入れるかのごとく、右足をどすんと踏みおろした。

「おいおい」

「あ、でも、倒れそうよ」

 南の声にも促されるように、7ピンと10ピンがゆっくりと内側に倒れてゆく。

「よっしゃあ!」

 大きな声で叫ぶと、西嶋は満面の笑みを浮かべて、こちらを振り返った。

「南の予知も外れる時があるんだな」

「うん、割れそうな気がしたんだけど、でも、勝てたんだから良かったよね」

 嬉しくてしょうがない西嶋が、両手を挙げて祝福を受けようと、こちらに足を踏み出したその時、隣のレーンから悲鳴の様な声が上がった。

 ふざけて、ハンマー投げのように、回転して投げようとしたホスト風の男が、バランスを崩し転倒。室伏よろしく空中に放たれた球は、事態にまったく気付いていない西嶋の後頭部に一直線。

 そう。見事に西嶋の頭は割れた。

 僕達は、のびた西嶋をすぐ病院に連れていって、結局、傷口は2針縫う程度で済んだのだけれど。

「分かってたらなんで、危ない! って先に教えないんですか!」

 と怒りまくる西嶋を静めるほうが、むしろ大変だった。

 ま、とにもかくにも、この日の強烈なエピソードは、彼の頭に小さなハゲを残しただけでなく、西嶋伝説の新たな1ページとして、僕達の脳裏にも、しっかりと刻み込まれた訳だ。










※これは伊坂幸太郎さんの小説「砂漠」
 のキャラクターをお借りして書いてみました。
 原作はとても面白い青春小説なので、
 未読の方はぜひ読んでみてくださいね。




ショートショート:目次へ



この記事へのコメント
「砂漠」は、面白かったですね。
こんなエピソード、本当にありそう!

関係ないけど、
世界陸上、室伏さん残念でしたね〜。

いろんな意味で、楽しませてもらいました(^^
Posted by ia. at 2007年08月28日 02:39
 はじめまして。ブログ村から来ました、shitsumaと申します。
「砂漠」はこれまでに読んだ小説の中で、五指に入るほど好きな作品ですが、そのキャラが登場するショートショートということで、楽しく読ませていただきました。西嶋がちょっとかわいそうですが……大したケガじゃなくてよかった(笑)
 それにしてもショートショートの更新頻度、すごいい勢いですね。どの作品も、きちんとオチがついていますし……。また読みに来ますので、更新がんばってください!
Posted by shitsuma at 2007年08月28日 17:43
iaさん>
砂漠良かったですよねぇ、
忘れっぽい僕でも記憶に残る一作です。
今回の世界陸上、日本勢ダメダメですね(笑)
大阪の暑さに負けたのかな???
Posted by レイバック at 2007年08月29日 01:04
Shitsumaさん>はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます♪
伊坂ファンの方々には怒られそうで、
申し訳ないのですが(笑)
急にネタを思いついたので、愛着のある
キャラ達(特に西嶋)を使わせて頂きました。
拙文ですが、ネタの続く限り更新してゆきますので、
どうぞまた足をお運びください、
よろしくお願いします^^
Posted by レイバック at 2007年08月29日 01:08
「砂漠」を持ってくるとはね!

確かに魅力的なキャラだったもんなあ。
淡々とした文章が主人公のあの子(北川だっけ?)
らしくていいね〜。

欲を言えば「…なんてことはなく」も
入れて欲しかったり!
Posted by 寿司子 at 2007年08月29日 10:00
寿司子さん>
2次小説って意外だったでしょ(笑)
あのキャラ達とはまた再会したいよね。
主人公は北村だね、
「なんてことはまったくない」だっけ?
それやっちゃうとモロだからなあ^^;
Posted by レイバック at 2007年08月30日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

砂漠
Excerpt: この本は活字の砂漠で溺れたいさんから紹介していただきました。 著者:伊坂 幸太郎 出版社:実業之日本社 紹介文: なんだかとても気持ちの良い作品でした。 伊坂ワールドの住人は強烈なキ..
Weblog: どくしょ。るーむ。
Tracked: 2007-09-14 02:22


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。