おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「FLY」


プイ〜〜〜〜〜ン。

んぁ? んが、なんだよっ!?

ベシッ。

平手で自分の頬を叩いて、ユウジは目を覚ました。

蚊か?

くぁ〜〜〜、よく寝たな。

何時だ? 今。

カーテンの隙間を押し広げるように差し込む陽の光は、

明らかに午前中のものではなかった。

暑ぃーな。

Tシャツも布団も汗で湿っている。

いったい何時間寝たのだろう。

身体のあちらこちらが痺れているし、

よく寝た割には、頭もどんよりとした感じだ。

んがっ。

喉が砂漠のように渇いていた。

重い身体をムリヤリ持ち上げ、台所へ向かう。

クソ。

なんだ、こいつらはよぉ。

小さなハエが数匹、台所を飛び回っている。

生ゴミか。

だが、覗きこんだ流しの三角コーナーは空っぽで、

ただ、小さな注射器が一つ、排水口に転がっていた。

なんだこれ?

全く記憶に無かったが、

寝起きの頭では考える気すら起きない。

とりあえず冷蔵庫の扉を開け、

口が開いたままのパックから牛乳をグラスに注ぎ、一気に飲み干した。

なんか食うもんは、と。

冷蔵庫の中にはめぼしいモノは無かった。

仕方なくダイニングテーブルに転がっているバナナを手に取る。

うへ、腐りかけてやがんな。コレ。

コイツのせいでハエが寄ってきたんじゃねーか。

ドカッとイスに腰掛け、

ギリ食えそうなそいつの皮をむく。

ねっとりと甘臭い香りが部屋中に広がった。

柔らかすぎるバナナを咀嚼しながら、

側にあったリモコンでテレビをつけてみると、

流れているのは、

女のお笑いコンビが司会をしている土曜午後の情報番組だった。

あれ? これ昨日も観たよな。

はは、まさか一週間も寝るわけないべ。

クソ、頭がいてぇ。

それに痺れている背中がどうもムズ痒い。

手の届きにくい場所なので、

イスの背もたれに擦りつけてみた。

ブニュ。

ブニュ?

イスの背に押し付けた箇所から、

生暖かい汁が背筋を伝ってケツの方へ流れてゆく。

ような気がした。

気のせいか?

痺れてるからか、いまいち感触が分からない。

なんだか、ハエ増えてねーか?

ったく何なんだよ。

部屋の中には甘臭い香りが充満している。

クソッ!

痒ぃーぞ!

ユウジは胸を反らし、目一杯、背中に手を伸ばした。

ブニュ。

プイ〜〜〜〜〜ン。

んぁ? んが、なんだよっ!?











ショートショート:目次へ


この記事へのコメント
ブニュがいいですね!かわぃぃ感じで♪
でも、リアルに想像するとキモぃですけど(*´д`*)ノ
Posted by タケシ at 2007年09月01日 03:54
タケシさん>
ブニュって僕のお腹も
そんな感じですけどね(笑)
でも彼の背中は・・・・
Posted by レイバック at 2007年09月02日 01:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。