おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「9ボール」


ん?

意識の彼方から、ザクザクと、

硬質なギターリフがフェードインしてくる。

何だ?

何の音だ?

くそ。携帯か。

ディープパープルの着メロはお気に入りだったが、

寝起きにはあまり聴きたくない。

目を開けようとすると、

窓から差し込む西日に妨害された。

眩しい……。

ケイタは陽を避けるように、うつ伏せのまま、ベッドの下をまさぐった。

「はい、もしもし」

『ケイタ。今日はビリヤードだぞ。忘れてないだろうな』

冷たい声が眠気を掻き分けて耳に入ってくる。

「あ、すいません。すぐ向かいますんで」

17:42

うわぁ。

返事をしながらテレビの上の時計を見て焦った。

『おいおい。自分の立場が分かってるのか?

お前の代わりなど、いくらでもいるんだからな』

この感情の無い冷たい口調が怖いんだ。

ケイタは寝癖の付いた頭を掻く。

やべぇやべぇ。

焦りを隠すようにケイタは低い声で返事をした。

「はい、分かりました。ええ、では――」

電話を切り、腕立て伏せの要領でベッドから起き上がる。

Tシャツにジーンズ姿のままだった。

いつの間にか、うたたねをしていたようだ。

洗面所で顔を洗い、残りの眠気をタオルで拭う。

なんか食ってくヒマは――

ねーな。

イスの背に掛けていた黒いレザージャケットを羽織り、

靴箱の上に置いたジェットヘルを右手に掴む。

ケイタは勢いよく部屋を飛び出した。

カンカンカンカン。

エンジニアブーツのソールがいい音を立てる。

築数十年。木造アパートの側面に、

かろうじて張り付いている鉄製の階段はサビだらけだ。

階段下に停めているバイクにキーを挿し、

いつものように優しく目を覚ましてやった。

GSX1100Sカタナ。

ドイツ人デザイナー、ハンス・ムートによる唯一無二のスタイルは、

その名の通り、日本刀をモチーフとしたものだ。

跨っただけで自らが侍にでもなったような、

不思議な高揚感が得られるのはそのせいかもしれない。

ケイタは大排気量エンジンの豪快なサウンドを楽しみながら、

県道から繋がる近くのインターチェンジへ向かった。

現地までの所要時間は、せいぜい20分位だ。

飛ばせばなんとか間に合うだろう。

高速に乗ってからも、ケイタの相棒のご機嫌は上々のようだった。

最新型のバイクと比べると、さすがに旧さを感じさせるが、

入念にメンテナンスされたカタナの状態は非常に良かった。

足回りやフレームの補強の効果は絶大で、

高速走行でも全く不安は感じられない。

ただ、一つ難点を挙げるなら風の抵抗か。

フルカウルでは無い為、高速域では、いつも以上に前傾姿勢を強要されるのだ。

ケイタはタンクにへばり付くように身を伏せ、

まだまだ余力を残しているエンジンにムチをくれた。

さぁ、急がないと間に合わねーぞ。

沈みゆく太陽は一日の仕事を終えようとし、

過ぎ去ってゆく景色は色を失いかけている。

大きな右回りのカーブを抜ける。

ケイタは数百メートル先、トンネルの手前に、

折り重なる物体があることに気付いた。

どうやらあれだな。

薄紫色の空を闇に染めるように、筋状の黒い煙が上がっていた。

その後に停車したトラックは、ハザードランプを焚いている。

玉突き事故だ。

ケイタは素早くシフトダウンし、

スクラップ状態になった数台のクルマ達――

ワンボックス、セダン、それに軽が2台か?

――の傍らにカタナを停めた。

途端に洩れ出たガソリンの匂いがムッと鼻を突く。

警察や消防はまだ到着していない。

なんとか間に合ったようだ。

危ねぇ。危ねぇ。

オレも命拾いだな。

心の中で苦笑いした。

カタナから降りたケイタは、ヘルメットを被ったまま

クルマの残骸に近付き、中の様子を窺ってみた。

声は聞こえない。動くモノもない。

当然ながら、まったく生存者の気配は無かった。

ケイタにとっては見慣れた光景だったが、習慣的に軽く手を合わせ、

すぐに路上に転がったブツを回収してゆく。

  1、

 2、3、

4、5、6、

7、8――

あと1つは……

と、

あった。

横転して壁に貼り付いているワンボックス車の陰で、

そいつはぼんやりと光っていた。

ケイタは熱を帯びた車体に触れぬよう、

気を付けながら壁との隙間に手を伸ばし、

掴んだ9つ目の魂を、ポケットに入れた。



















ショートショート:目次へ





この記事へのコメント
いい感じでした。
まいど、お話のサービス精神に脱帽です。
ディープパープルの着メロって、highway starかな。
Posted by 火群 at 2007年10月08日 21:47
火群さん>
ありがとうございます^^
これは、ちょっと胃がもたれそうな
感じでくどかったかもしれませんね。
ビンゴです!
まさにハイウェイスターを
イメージしながら書きました(笑)
Posted by レイバック at 2007年10月09日 01:13
描写のひとつひとつが好みにぴたっとハマっていて、
うっとりとしながら読みました。
なるほど、そういう職業の人なんですね、人知れず。
ビリヤードは遠慮しますが、私もいつかケイタさんに
回収されたいです(笑
Posted by 藍 at 2007年10月09日 02:25
こんばんは。
今日のコメントは長くなりますよ。
よろしくお付合いください。

昨日の車ネタも悔しかったけれど
(あ・悔しがりキャラでいこうと決心)
今日はバイクネタですか。ははん。
この手のものを女性が書くとなんか
嘘くさいんですよね。
車はペーパーなので仕方ないとしても
バイクは中免持っているのでここまで
バイクに乗りたくなっちゃうようなことを書かれたら
く・くやしーっ。
夏の火傷しそうなタンク、冬の冷たいタンク。
うずうず解消に久しぶりに「バリバリ伝説」読みたくなりました。

ビリヤードもハードボイルドにかかせませんものね。
後ろ手に打つやつアレかっこいいです。
アグネスももう少し若かったらシルクのドレスでお相手致しましたのに残念。秒殺ですよ。キモくて。
Posted by アグネス・つる at 2007年10月09日 03:17
あ・・そういう事だったんだ。。
うん、今日もまたおもしろかったです!
光景とか状況が想像できる表現力がすごいですね。
ポチしてかえります!!

Posted by piroko at 2007年10月09日 09:57
相変わらず上手いですね。
言葉遊びと、バイクの描写とで楽しませてくれました。
ナイスです。
Posted by タンスにゴンザレス at 2007年10月09日 11:04
pirokoさんのコメントにもありますが、
脳に疾走感のある映像が浮かんできてすごいと思いました!
あと、主人公のやる気のない感じもいい味出してますね♪
Posted by タケシ at 2007年10月09日 22:57
藍さん>
ありがとうございます^^
ピタっと来ました??
そうなんですよー、
彼はそういう職業なのです。
でも派遣労働者なんで、
いつクビを切られるか
ハラハラなんですよ(笑)
Posted by レイバック at 2007年10月10日 00:59
アグネスさん>
また悔しがってる(笑)
中免お持ちなんですか??
かっこいい〜〜〜〜!
僕も以前はバイクに乗っていました。
バリバリ伝説は最高ですよね。
あのマンガと片岡義男の小説で、
バイクが大好きになりました。
あとあいつとララバイとかね。
ビリヤードでは女性の胸元に
ついつい視線が・・・^^;
秒殺必至です(笑)
Posted by レイバック at 2007年10月10日 01:03
pirokoさん>
感想ありがとうございます^^
自分で読み返してみても、
この文章でどのくらい、
シーンを想像してもらえるだろうか?
ってサッパリ分からないんですよね。
ですから、そう言っていただけると、
とても嬉しいです。
Posted by レイバック at 2007年10月10日 01:07
ゴンザレスさん>
好きなモノを書く時には
ついつい熱がこもってしまいますね。
放っておくとバイクの事ばかり
書いちゃいそうなので、
自制してみましたが・・・
やっぱり濃かったかも。です(笑)
Posted by レイバック at 2007年10月10日 01:10
タケシさん>
自分では走っているシーンの迫力が
足りないなぁ・・・と思っていたので、
疾走感って言っていただくと嬉しいです。
もうお気づきかも知れませんが、
主人公のやる気の無い感じは、
作者の本質が投影されている
のだと思われます(--;)
Posted by レイバック at 2007年10月10日 01:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。