おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「砂漠」


暑い。

と言うより。

熱い。

と言った方が、より正確な表現かもしれない。

気が付くと私は、砂漠のど真ん中に、うつ伏せの状態で転がっていた。

汗ばんだ頬には細かい砂がこびりつき、

シャツの襟元から覗く首筋には、情け容赦なく陽の光が突き刺さっている。

首をもたげ、辺りを見回したが、形あるものは何も目に付かなかった。

あるのは、ただ空と太陽と砂。

いったい私の身に何が……

考えようとすると頭がひどく痛む。

私は、何故だか軋む身体にムチをくれ、上体を起こした。

三角座りの体勢で砂の上に座り込む。

尻にじんわりと焼けた砂の熱が伝わってくる。

頬に付いた砂を払い、身体のあちらこちらに触れてみた。

どこにも外傷は無い。骨が折れている訳でも無さそうだ。

いったい私の身に何が……

そうやって途方に暮れている間も、

熱を帯びた太陽の視線は、ひとときも休むことなく私に降り注いでいた。

そんなに睨みつけないでくれよ。

このままこの場所に座り込んでいても、身体の水分がどんどん失われていくだけだ。

そして最後には――

立ち上がれ。

そして、歩け。

頭の中からなのか、身体の奥深くからなのかは分からない。

生存本能と呼ばれるものが、私に語りかけているような気がした。

私はその言葉に無言で頷き、立ち上がった。

とりあえず、太陽の方向へ歩いてみよう。

まだ高い位置で威張り散らしている太陽に、

悪態をつきたい気持を抑えながら、よろよろと歩きだす。

歩きだしてからしばらく経ったところで、私は立ち止まり、後を振り返った。

目安になるものが何もない為、どの程度進んでいるのか、まったく把握できない。

それに、自分では太陽の方向に歩いているつもりでも、

実際にまっすぐ歩けているのだろうか?

ひどく不安になったが、確かめる術はなかった。

この調子だと、同じ所をぐるぐる回っていても気付きようがない。

広大な砂漠で遭難する者の気持ちが、初めてリアルに感じられた。

しかし、立ち止まっていても、死が迎えに来るだけだ。

それならいっそ、こちらから向かって行ってやろうじゃないか。

私が半ばやけくそ気味に、早足で歩きだすと、突然、足元の砂がズルッと動いた。

なんだ?

靴が一瞬で砂に飲まれる。

号令がかかったように周りの砂地が崩れ、一斉に動き出した。

あれよあれよという間に、目の前の平坦だった地形は、すり鉢状に凹んでゆく。

戻れ!

脳の指令を待つまでもなく、

本能の叫びに身体が応えようとするが、

すでにふくらはぎまで埋まってしまった私の足は、

踵を返すどころか、1ミリも動かすことが出来なかった。

私が両手を振り回し、もがいている間に、

すり鉢の中心部は、より深くその位置を下げ、

さらに加速度を増して砂を飲み込んでゆく。

私の身体は、抵抗空しく腰の位置まで埋まり、

ズルズルと横移動しながら下降していった。

まるで、下りのエスカレーターで運ばれてゆくように。

ダメだ。

すでに砂は私の顎のすぐ下まで迫り。

それまで下半身にかかっていた砂の圧力が、

少しずつ下の方向に開放されてゆくのが分かる。

ごぉぉぉぉぉ

砂漠が喉を鳴らしているのか?

飲み込まれる。

抗うことは出来ない。

口を閉じろ。

目を瞑れ。

鼻は――

どうしようもない。

手で押さえようとしたが、間に合わなかった。

熱い砂が顔に押し寄せ、

私の意識は闇に包まれた。






お前がそうやって寝てる間にも、

時は、砂のようにこぼれ落ちてゆくのだ。

さぁ。目を覚ませ。






暑い。

と言うより。

熱い。

と言った方が、より正確な表現かもしれない。

気が付くと私は、砂漠のど真ん中に、

うつ伏せの状態で転がっていた――











ショートショート:目次へ




この記事へのコメント
デューン/砂の惑星みたく、砂虫でも出てくるのかと思ったら、ループ!
覚めない夢みたいですね。
まさに焦熱地獄♪

……うーん、なんだろう、なんとなく“焦燥感”みたいなものをイメージしました。
Posted by 火群 at 2007年10月20日 02:51
きっと砂時計の中に居るんですね。
Posted by kaolm at 2007年10月20日 10:00
今日はちょっと怖かったですぅ(;_;)
Posted by piroko at 2007年10月20日 13:50
こんにちは^^

神様は少し拝見したことがあります、

村ポチ完了です^^

Posted by 槍まくり寛助 at 2007年10月20日 15:13
火群さん>
なにかモンスターでも出てきたら、
もっと盛り上がりそうですよね(笑)
無限ループする不思議な話。
焦燥感のようなものが滲み出てると
嬉しいです^^
Posted by レイバック at 2007年10月20日 22:28
kaolmさん>
コメントありがとうございます^^
おお、まさにズバリです。
これは砂時計から連想したお話でした。
大きな砂時計を想像して頂けると嬉しいです。
Posted by レイバック at 2007年10月20日 22:32
pirokoさん>
今日のは少し不気味なお話だったでしょ^^
Posted by レイバック at 2007年10月20日 22:35
寛助さん>
おお。神様をですか!?
それは拝みたいような、
拝みたくないような(笑)
ポチありがとうございます^^
Posted by レイバック at 2007年10月20日 22:37
こんばんは。
今回は不気味でしたね。
砂時計から連想されたんですか。なるほど。
私も砂漠ものを書こうと思ったことがあるんですが、
どうしても世にも奇妙な物語で観たような感じになっちゃうんです。
中々良いものを見させてもらいました。
ファブィ。
Posted by タンスにゴンザレス at 2007年10月21日 00:27
ゴンザレスさん>
こんばんは。これ不気味ですよね(笑)
もしかすると、読む人によって受け取り方が、
違うかもしれません。短いお話を書いていると、
夜にも奇妙な〜とはいつか被りそうですよね(笑)

ファブィ戴いちゃいました!^^
Posted by レイバック at 2007年10月21日 01:30
これは夢だ、夢であってほしいと思うことがよくあります。極限にたっして、目が覚めます。やっぱり夢だったとほっとします。でもその夢が覚めなかったら、永遠に続くとしたら、怖くて耐えられません。
Posted by ちゃよい at 2007年11月28日 13:59
ちゃよいさん>
コメありがとうございます^^
僕もこういう悪夢系多いんですよー
なにかを暗示してるんだろうか(泣)
目が覚めたときの安堵感はタマランですよねw
Posted by レイバック at 2007年11月29日 01:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。