おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「願い事」



今日こそは――

妻が寝静まったのを確認して、

私はそろりとベッドを抜け出した。

暗闇の中、感覚だけを頼りに部屋を出る。

カチャリ。

閉じたドアの音にヒヤリとしたが、

どうやら妻が起き出す気配はない。

足音に気を付けながら廊下を進む。

突き当たりにあるドアを開け、

手探りで壁際のスイッチを押した。

闇は消え去り、書斎が姿を現す。

デスク前のイスに腰を下ろし、

引き出しから空っぽのガラス瓶と、

スタンド型の鏡を二つ取り出した。

今日こそは悪魔を捕まえて、

願いを叶えてもらうのだ。

昔読んだ短編小説に、

悪魔の捕え方が載っていた。

夜の0:00きっかし。

合わせ鏡の間を通るそいつを捕まえる。

そうすると、悪魔は命乞いをし、

一つだけ願い事を叶えてくれるそうだ。

痣だらけの身体をさする。

これで、あんな暴力妻ともおさらばさ。

デスクの隅に置かれたデジタル時計の数字が、

刻一刻と明日に近付いてゆく。

23:58

まだだ、落ち着け。

23:59

感覚が研ぎ澄まされる。

ふぅ〜。

出たっ!

「ほっ」

やった!

捕まえた。

あまりにもスピードが速く、見切れなかったが、

咄嗟に出した右手の中に、

向こうから飛び込んでくれたようだ。

確かに握った拳の中に感触がある。

閉じた私の手をこじ開けようと、

悪魔がもがいている。

指の隙間から逃がさないように、

注意深くガラス瓶の中に移した。

ゴムの栓でフタをする。

な、何てことだ・・・・・・

美しい。

これが悪魔なのか?

生まれて初めて目にするその姿は、

ぞっとするほど美しく、

しかも私の妻そっくりだった。

スリムな体をピタっとした黒皮のボディスーツに包み、

小さな頭からは二本の角、形の良いお尻からは短い尻尾が生えていたが、

こちらを睨みつけるその顔自体は、私の妻と瓜二つだ。

これはいったい・・・・・・

「あなた?」

「はうっ!」

恐る恐る振り返ると、

そこには悪魔、いや眉間に皺を寄せた妻の顔が。

まずいまずいまずいまずいまずい。

「こんな夜中に何やってるのよ?」

「いや、なんでもないよ」

「机の上の鏡はなんなのよ」

「いや、こ、これは」

「何を隠してるの?」

「・・・・・・」

「出しなさい」

私は渋々とガラス瓶を妻に見せた。

「やっぱり。それ、貸しなさい」

妻が右手を私の鼻先に突きつける。

赤く長い爪が妖艶に光っていた。

「分かったよ」

瓶を受け取った妻が、

ガラスの中の悪魔に話しかけた。

「ダメじゃないお姉ちゃん、こんな男に捕まってちゃ」

『エヘやっちゃった。でもあんただって五年前に捕まったじゃん』

「まあね。お陰で苦労してるわよ。こいつの調教。

記憶を消しといたから、五年前の事は覚えてないはずなのに、

また同じ事を繰り返すとはね、バカ亭主なんだから」

『まったく悪魔に一目惚れするなんてねぇ。

願い事が、僕と結婚してください!だったんでしょ?

マジでありえないわよねぇ。ホッホッホツホッホー』

「うるさいよお姉ちゃん。ぱっと見ると冴えない男だけど、

とにかく優しいし、意外に男らしい所もあるんだよ。

さ。逃がしてあげるから早く帰った方がいいわよ」

そう言いながら妻はガラス瓶のフタを開けた。

『分かったわよ。そこの旦那サマ、妹を頼んだわよ。

あ。そうだ。ところであんた、

一体私になんてお願いするつもりだったのさ?』

「いえ、もういいんです。

私は――、私は妻と仲良く暮らしますから。

悪魔さんはどうぞ、鏡の中へお帰りください」

あ〜〜〜〜れ〜〜〜〜!

悪魔の姉妹は鏡に吸い込まれていった。















ショートショート:目次へ





この記事へのコメント
テーマが「願い事」だと、ホラーやメルヘンのイメージがありますけど、
これはサクっと口当たりが良くて、面白かったです〜♪
悪魔に一目惚れなんて、憎めないですね。
Posted by ia. at 2007年11月07日 02:25
姉妹だったんですね〜〜面白かったです!
魔界の女性は美人が多そうですね♪
結婚相手を顔で選んではいけないですよ
ってことですよね(笑)
Posted by タケシ at 2007年11月07日 23:39
iaさん>
こんばんは^^
そうですねー、これはサックリと
ショートショートらしい一品に
なったかと思います。
なんか悪魔の女性って
キレイっぽいですよね(笑)
Posted by レイバック at 2007年11月08日 00:08
タケシさん>
こんばんは^^
実はそうだったんです(笑)
元ネタは星さんの話ですけどね、
「ボッコちゃん」に収録されている。
「鏡」という作品です。
男はどうしても外見で
選びがちですからねー^^;
Posted by レイバック at 2007年11月08日 00:11
面白かったです。
オチのあっさり感がなんとも(笑)
残された男の顔を想像するとたまりませんね。
また捕まえるんでしょうけど。
Posted by タンスにゴンザレス at 2007年11月08日 00:27
こんばんは。
この“私”は結局、
女性のタイプがいつも同じ
ってことですね。
女性を小悪魔というくらいだから
そういう意味では
世界中の男性が悪魔と
結婚してるんですね〜
>悪魔の姉妹は鏡に吸い込まれていった。
姉妹?二人とも吸い込まれちゃったの?
それともお姉ちゃんだけ?
Posted by つる at 2007年11月08日 00:57
ゴンザレスさん>
こんばんは^^
突き放すくらいのアッサリ感も
いいかなーと思いまして(笑)
きっともう一度やりますね彼はw
Posted by レイバック at 2007年11月08日 01:03
つるさん>
こんばんは☆
こういうSっぽいタイプに
弱いんでしょうね彼は(笑)
ラストは、姉妹ですから
二人とも消えちゃって
旦那は唖然呆然の図ですねー^^
Posted by レイバック at 2007年11月08日 01:07
ああ、なるほど。
>悪魔さんはどうぞ、鏡の中へお帰りください
の願い事で二人とも悪魔だったから
帰っちゃったのですね。
早計でごめんなさい。
でも暴力妻から開放されて
幸せは取り戻せたんだ。
ハッピーエンドじゃん!
Posted by つる at 2007年11月08日 02:29
おもしろかったです!!!
そーいうオチだったんですね!!!
意外でした・・
Posted by piroko at 2007年11月08日 09:43
はじめまして!!

素敵なブログ!
最近ちょっと気になってチェックさせてもらってます。

私もちょっと変わったことをブログでやってます!
興味があれば是非一度遊びにきて下さいね!


UNITY代表より
Posted by UNITY at 2007年11月08日 15:14
手堅く面白いです。
しかし、安定して面白いものをよく書けますねー。
スゴイです。
なんか、男女の深い話にも読める(笑)
Posted by 火群 at 2007年11月08日 23:43
つるさん>
わんばんこ^^
うん。ハッピーエンドっちゃ
ハッピーエンドかな(笑)
Posted by レイバック at 2007年11月09日 00:33
pirokoさん>
こんばんは^^
ありがとうございます!
これはショートショートらしい
お話かもしれないっすね♪
Posted by レイバック at 2007年11月09日 00:35
Unityさん>
はじめまして^^
コメントありがとうございます。
遊びに行きましたよ〜〜
個性的で素敵ですね♪
Posted by レイバック at 2007年11月09日 00:36
火群さん>
こんばんは^^
おお、手堅いとか安定って
嬉しいっすね(笑)
かなりウンウン唸りながら
書いてますが・・・・・・
意図せずに深い意味が
入っちゃうときってありますね
今回もそうかも(笑)
Posted by レイバック at 2007年11月09日 00:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。