おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「BOOKOFF」


(短編競作企画作品)


県境の長いトンネルを抜けると、そこに看板があった。

夕食後、持参した文庫本を読み終えてしまった川畑は、

どうにも落ち着かず、本を買うために宿を出た。

活字中毒なのである。

旅先に於いても、読む本がなくなると、居ても立っても居られないのだ。

宿の女将に店の場所を確認し車を出したものの、

走れども走れども書店の看板は見当たらない。

小さな個人経営の店だと言うから、

ひょっとすると見逃してしまったのかもしれない。

かれこれ三十分は走った頃だろうか。

長いトンネルを抜けたところで、

見慣れた黄色と青の看板が目に飛び込んできた。

全国でチェーン展開しているリサイクル書店だ。

こんな田舎にも出店しているとは。

驚きを禁じえない。

だが、これで本が買える。 

ハンドルを握る手の震えが収まった。

昔からそうだった。

とにかく活字を読んでいないと落ち着かない性分で、

日頃もカバンに文庫本を入れ忘れた日には、

駅の売店やコンビニで買う事もあるぐらいだ。

おっと。

川畑は慌ててウインカーを出した。

サッカーのピッチほどもある駐車場に停まっている車は数台。

店の入口近くのスペースにオフホワイトのジムニーを滑り込ませた。

エンジンを切り、車を降りた。 吐く息が白い。

この地域ではそろそろ初雪が降ってもいい時期だ。

口元で重ねた両手に息を吹きかけながら、店内に入る。

途端、鼻腔に飛び込んでくる紙とインクの香り。

古本ならではのすえた匂いも、

川畑にとっては精神安定剤のようなものだった。

「いらっさーい」

やる気のない声。

レジカウンターの中に立つ店員は、

紺色のエプロンこそ着用しているものの、

その中身は、ピストルズのTシャツ。

鋲付きのリストバンドにモヒカンヘアー。

ピタピタのデニムパンツに編み上げブーツ。

こちらに向けた目は見事に三白眼だった。

どんな店員だ。

川畑は店員と目を合わせないようにして店の奥へ向かった。

目当ては100円コーナーの文庫本だ。

旅先ではかさばらない文庫本に限る。

また100円コーナーから好みの本を掘り出す行為には、

宝探し的な快感が伴って、やみつきになるのだ。

ところが、通路を奥へ進んでいくと、

行く手を遮るように二人の男が揉み合っている。

なんだ?

「なんだオラ」

「てめぇこそなんだ」

どうやら店員と客が揉めているようだ。

客は普通の若者だったが、店員は髪を逆立て真っ赤に染めている。

どんな店員だ。

というより、なんだこの店は。

触らぬ神に祟り無し。ハト派を自認する川畑はUターンして、

隣の通路を――

「なんだコラ」

目の前に壁、いや肉の壁が。しかも声が降ってくる。

川畑が恐る恐る上を見上げると。

「わ!わっ!ヤマのフドウ!?」

「なんだと?ケンカ売ってんのか?」

ゴツイ、ゴツスギル。

テンパッテ表記がカタカナになるぐらいゴツイ男。

金太郎の前掛け状態のエプロンが悲鳴を上げている。

「いえいえいえいえ滅相もございません」

川畑は胸の前で両手を振りながらジリジリと後ずさった。

ダメだこの店は。

フドウから1メートル半ほど離れた所で回れ右をし、一気に駆け出す。

ふぅー。

店を出たところでやっと溜めていた息を吐き出した。

なんなんだよ!この店は!

川畑は自動ドアのガラス越しに、両手の中指を立てて抗議した。

あろう事か、店の中のモヒカンやフドウも川畑に向け中指を立てている。

二人ともパンクファッションなだけに、その仕草が妙に似合っていた。

と、目の前にふわり。

空を見上げる。

牡丹雪。

ひらひらと白い花びら舞い降りる。

川畑のささくれ立った心をなだめるように。

もう、いいや。

引き返して小さい本屋を探そう。

そう気持ちを切り替えた瞬間。

雪に焦点を合わせていた川畑の目が、

店の看板の文字を捉えた。

疑問が氷解する。

FUCK OFF

「ケンカお売りください」
















ショートショート:目次へ





この記事へのコメント
そんな店はっきり言っていやですわ(−−;
なのでクリックして帰りま〜す(笑)

綺麗にまとめましたねぇ〜
さすがだわ(^_^)
Posted by at 2007年11月25日 00:35
こんばんは。
今回は楽しい企画を計画してくださって
ありがとう。
すごく楽しんで書くことができました。

さてレイバックスさんの作品。さすがです。
お題を自然に取り込んでいて無理がありません。
オチもばっちりです。

参加された皆さんのところにも行ってみます。
Posted by つる at 2007年11月25日 01:06
ショートショートならではのオチ。
いつも通りの勢いがありますね。
>サッカーのピッチほどもある駐車場
ここに入れましたか(笑)
さすがです。
Posted by 安憧夏 at 2007年11月25日 01:39
そういう本屋だったんですね
僕の疑問も氷解しました(笑)
面白かったデス♪
Posted by タケC at 2007年11月25日 02:15
いろんな作品を読ませていただいて、最後に脱力させてもらいました(笑)
ツッコミどころ満載ですね☆

ないよ!そんなBOOKOFF!
ヤマのフドウって、南斗の人やん。

あと、やる気のない店員さんは、
「いらっさーい」
ではなく、
「しゃっしゃせー」
って言うと思います(笑)
Posted by ia. at 2007年11月25日 04:17
こんな店があったら嫌ですけど、
怖いもの見たさで一度訪れてみたいですね(笑)
いつもながらコミカルで文章のテンポもよくて、
楽しませていただきました!
Posted by shitsuma at 2007年11月25日 11:26
舞さん>
ありがとうございます^^
こんな店やだけど、ちょっと
覗いてみたい気もしますよね(笑)
ポチあざっす♪
Posted by レイバック at 2007年11月25日 12:59
つるさん>
こちらこそありがとうございます^^
面白かったので、またやってみたいですね♪
僕はちょっと強引すぎたかなー
元々ストックしてたネタに後付けで
お題を埋め込みましたからね(笑)
オーソドックスな話を書くかどうかで
けっこう悩みました^^;
Posted by レイバック at 2007年11月25日 13:02
安憧夏さん>
ありがとうございます♪
サッカーはねぇ。難しかったですねぇ(笑)
苦し紛れに比喩で埋め込むのが精一杯でした^^;
Posted by レイバック at 2007年11月25日 13:05
タケCさん>
ありがとうございます♪
またネタ的世界に逃げちゃいました(笑)
真面目に書いても良かったかなぁ
なんて今更ながら思っています^^;
Posted by レイバック at 2007年11月25日 13:08
iaさん>
脱力担当ですからねー^^
ツッコミあざっす!
フドウって皆さん分かりますよね??
そんな下らない心配もしてみたりw
確かに「しゃっしゃせー」の方がリアル!
でも書き直しませんよ(爆)
Posted by レイバック at 2007年11月25日 13:11
shitsumaさん>
ありがとうございます^^
そうそう、動物園的なノリで
覗いてみたいですよねこんな店(笑)
今年はテンポとキレを重視しましたが、
来年はしっかりとした書き込みも
トライしてみようと思います♪
Posted by レイバック at 2007年11月25日 13:14
こんな本屋はいやですね。
上品なわたくしからは、でてこない下品な発想でうらやましいです(うそうそ)

牡丹雪がひらひらとっていうところが、すごくきれいで情景がうかぶような気がしました。
最後のオチをいっそう引き立てていますね。
Posted by 七花 at 2007年11月25日 15:27
七花さん>
ウハハw下品系ならおまかせあれ^^
最後に取って付けたように
お題を入れたので自分的には
納得してないんですけどねー。
またいつか第二回をやりますので、
その際にいいものを書きたいと思います♪
Posted by レイバック at 2007年11月25日 20:27
レイバックさん、こんばんは!

うは、面白かったです♪
川畑氏とともに、その奇妙な本屋さんの中を
うろうろしました。
レイバックさんの作品が好きなわけわかりました。
テンポが心地いいんです。
ときどき、「おっと。」とか入って。これもよいリズム。
「牡丹雪」
「ひらひらと白い花びら舞い降りる」
美しい情景が目に浮かびました☆
Posted by らに〜た at 2007年11月26日 01:03
うはははは。面白いですね!

オチに向けて、パタパタとドミノが倒れていくような刻み方、レイバックさんの特徴なんですね。

私も、強引にキーワードを埋め込んだクチなので、ご苦労も感じ取れたつもりです。

ポチッといっときます。
Posted by のちんかん at 2007年11月26日 08:01
この店は絶対に潰れる(*^日^*)゛グワッハッハ
しかし「お売りください」って、買取金額はどうやって決めてるんだろう。
やはり喧嘩の売り方にも上級テクニックがあるんだろうか。
Posted by at 2007年11月26日 18:26
やだよ〜。
そんなYOUはSHOCKな店は〜
なんで企画・主催者が、脱力系なんですか〜(笑)

あ、遅くなって申し訳ないです。
Posted by 火群 at 2007年11月26日 18:36
らに〜たさん>
こんばんは。
ありがとうございます♪
それだけ想像していただければ嬉しいなぁ。
僕には、テンポの良さしか
ウリが無いですからねヾ(´▽`;)
Posted by レイバック at 2007年11月26日 22:47
のちんかんさん>
>パタパタとドミノが倒れていくような刻み方
なるほどーそんな感じかも(笑)
ワンパターンに陥りがちなのが反省点ですねぇ。
ポチありがとうございます^^
Posted by レイバック at 2007年11月26日 22:50
鯨さん>
こんばんは。
ご参加くださいまして
ありがとうございました^^
この店の看板はハッキリと
イメージがあるんですが
文章化するのが難しかったですねぇ
「本 気」
って文字とかも入ってるんですよ実は(笑)
Posted by レイバック at 2007年11月26日 22:54
火群さん>
うははwだって雪、花と来たら
みんなしっとりとクルでしょー?
外すつもりがスベった!みたいな!
ハハハハハッハッハヾ(´▽`;)
Posted by レイバック at 2007年11月26日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。