おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「苦しまぎれ」



「あのビョークの映画のタイトルってなんだっけ?」

「あーあれね。あれは確か――

『古城を改装したホテルの一室で、

男はショットグラスを片手に安楽椅子に座っていた。

格子窓から見える階下のテラスでは、

女が何かに取り憑かれたかのように踊っている。

月に雲のカーテンがかかる中、

長い手足をしなやかに使うその姿は、

いささかも病苦を感じさせなかった。

男はグラスの中の琥珀の液体を飲むことも忘れ、

しばしその姿に見とれていた。

と、突然、女の身体がぐらつき、

前のめりに崩れ落ちた。

「あっ!」

男は握っていたグラスを落とし、慌てて部屋を飛び出した。

階段を転げ落ちそうになりながら駆け降り、

女がうずくまるテラスへ走った。

「やっちゃったみたい」

足首を押さえ、痛みに顔を歪めながらも、

女の目は父親に怒られている時の少女の様に、

男の顔色を伺っていた。

「夜踊る時は気を付けなさいと言っただろう。

古い城なんだから、あちらこちらに段差があるんだよ」

二人の顔は近付き――』」

「あーもう分かった。

『段差ーインザダーク』って言いたかったんでしょ?」

「いや、しかも――」

「病苦が伏線だ。って?」

「・・・・・・」

「説明が長い!それに、そんな映画ではありません」

「ハイ」

「ネタが切れたからって駄洒落に逃げるな」

「スミマセン・・・・・・」








ショートショート:目次へ





この記事へのコメント
笑ってしまいました。別に駄洒落でもいいと思いますよ。

こんなふうにストーリーをすらすらしゃべって、伏線まで入れられる男の人だったら素敵だと思いました
Posted by 七花 at 2007年12月04日 17:27
頑張ってくださいね〜〜( ´艸`)
Posted by タケシ at 2007年12月04日 22:03
七花さん>
ありがとうございます。
生ぬるい話を書いてしまいました(汗)
駄洒落も使い方次第では
面白くなるんですけどねぇ。
これは恥ずかしい感じの一品です^^;
Posted by レイバック at 2007年12月04日 23:04
タケシさん>
はーい!
応援ありがとうございます〜〜(ノ_<。)
Posted by レイバック at 2007年12月04日 23:05
レイバックさん、またまたこんにちは!
↑みなさんのコメントを呼んで
ダジャレがからんでいると、やっと気づいた私です。
レイバックさん、ネタ切れでも、ステキです☆
Posted by らに〜た at 2007年12月05日 16:48
らに〜たさん>
ども!駄洒落は元々好きなんですよねー。
あと言葉遊びのネタもめっちゃ多いですし。
そろそろ他の切り口も見つけないとなー。
なんて密かに悩んでおります^^;
Posted by レイバック at 2007年12月05日 23:39
面白かったです。
ネタ切れでも更新しようという姿勢が素晴らしいと思います。
私も頑張らないとなーとか思いながら今日も他のことをしております(笑)
Posted by 安憧夏 at 2007年12月06日 00:08
安憧夏さん>
こんばんは。
ありがとうございます。
アベレージが落ちるのは
本当は良くないんでしょうけどねー^^;
沢山書いてるとパターンが無くなってきますよね。
今更ながらイマジネーション不足を痛感してます。
やっぱり星さんはスゴイ・・・・・・
Posted by レイバック at 2007年12月06日 00:34

 つまらない

 次、行ってみよー
Posted by こけおどし at 2016年11月26日 13:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。