おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「神の目」



男が右腕を強く引いた。

闇夜に雷鳴のような音が轟く。

高速で回転するチェーンソーの歯が、

太い胴体に吸い込まれてゆく。

静かに佇んでいた大楠は、

目覚めたようにぶるりとその巨体を揺らすと、

チェーンソーを粉々に噛み砕いた。

男は吹き飛ばされ意識を失った。



遥か遠い昔。



何体もの巨木が大地を揺るがした。

彼らは瘤の浮き出たその太い腕で、

地球を滅ぼそうとする悪意と戦った。

戦いは長引いた。

雷に打たれ、台風になぎ倒され、

多くの同志を喪い傷つきながら彼らは戦い続けた。

緑の大地と、そこに住む全ての生命の為に。

彼らは戦いに勝利し、

大いなる悪意をその身中に閉じ込めた。

全てのエネルギーを使い果たした彼らは再び大地に根を下ろした。

人々は彼らの身体にしめ縄を巻き、御神体として祀りはじめた。

以来、彼らは言葉を発する事も無く、ただそこに居続ける。

何百年、何千年と。

雨に身を洗い、風に葉をなびかせながら。

巨木は目を閉じながら静かに見つめている。

自らが救った人々の行いを。

この世界の行く末を。










ショートショート:目次へ






この記事へのコメント
木に神が宿る。
昔の人が感じ、信じてきたように、
現代の私たちも同じようにそう感じるのに、
一方でその木を切ったり、環境を悪くして枯らしちゃったり。
人間って、わがままですね。。。
Posted by naena at 2007年12月18日 12:47
スケールの大きさを感じました。
ちょうどロードオブ・ザリングの
二つの塔を見たばかりなので
エント(木の精)をイメージしました。
たまにはこんなお話もいいね。
Posted by つる at 2007年12月18日 22:43
naenaさん>
こんばんは。
ほんと大きな木には
ものすごいエネルギーを
感じますよねー。彼らもきっと
森林が破壊されてゆくのを
悲しく思ってるんじゃないかな。
等と考えて書いてみました^^
Posted by レイバック at 2007年12月19日 00:34
つるさん>
こんばんは。
樹齢千年クラスの巨木の写真集を
見ましてね。写真からもものすげぇ
霊気というか力を感じたんですよねー。
このテーマでファンタジー長編を
書けたらなぁ。筆力が欲すぃ(笑)
Posted by レイバック at 2007年12月19日 00:37
レイバックさん、こんばんは♪
壮大なロマンみたいなものを感じました☆
何百年も生きている木々が俯瞰する
時間のスパンの大きさに、
めまいがしました☆
不思議で、果てしない感じの
読後感です☆
Posted by らに〜た at 2007年12月19日 01:38
らに〜たさん>
こんばんは♪
いやーほんと何百年何千年と
生きてる木ってスゴイですよねぇ。
絶対何かが宿ってるような気がしません??
妄想を膨らませちゃいました(笑)
Posted by レイバック at 2007年12月20日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。