おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「胸の痛み」



夢か。

真冬なのにじっとりと汗ばんでいた。

また忌まわしい記憶が蘇った。

意識の奥底に仕舞いこもうとするのだが、

この時期になると、夢に形を変えて出てくるのだ、

あの時の記憶が。

カチャリカチャリと金属の触れ合う音。

シンプルな単語で交わされるくぐもった声。

それらの音がオレの意識の目を開いた。

天井にオレが張り付いている。

オレの身体が。

人工呼吸器のようなチューブに繋がれ、

上半身裸の状態で。

天井に足を付け、逆さまにぶら下がっている医師達。

いや。逆か。

オレが天井に張り付いているのか?

オレの意識が。

幽体離脱している状態のようだ。

目を瞑り手術台に横たわっているオレの身体。

その周りに立つ医師達は、

必死に治療してくれているのだな。

ありがたい。

頼むからオレの肉体を蘇らせてくれ。

そしてオレの意識を元に戻してくれ。

祈るような思いで手術の様子を見ていた。

胸にヒヤリとした金属の感触。

チクリ。

不思議と意識が離れていても肉体の感覚は残っていた。

針を刺すような痛みが一気に灼熱に変わる。

い、痛ぇぇぇぇぇぇえぇえぇえええっ!

こ、こいつら麻酔、麻酔してんのか!?

おい!どうなんだ!?

オレの叫びは声にならず、

意識は天井に張り付いたままだった。

無論。肉体はピクリとも動かない。

おい、まさか。

胸の部分を触ろうとするが、

オレの意識には手も胸も無かった。

そこには、ただ思念があるだけ。

だが痛みは確実にそこに存在した。

炎の大蛇が胸の中をのた打ち回る。

オレの肉体の胸は切り裂かれ、

手際の良い医師達の手によって、

オレの心臓は取り出された。

オレの命の塊は保存用の容器に入れられ。

手術室の外に運び出されていった。

医師達は淡々とオレの胸を縫合し、閉じてゆく。

おい。人工心臓とか、そういうヤツ、

入れちゃったりしないのかよ?お前ら。

これは医療ミスか?

その時。

思い出した。

昨年の暮れに友人に誘われドナー登録したことを。

これって。ひょっとして――

臓器移植。

オレは既に脳死状態なのか?

つまり、オレは死んだのか?

脳死って。

意識も何もないのじゃないのかよ?

意識どころか、感覚だって――

痛っ、

痛ぇぇ。

痛ぇぇぇぇよ。

超痛ぇぇぇぇじゃんかよぉ。

ずんずんと胸を踵で踏まれ続けているような痛み。

おい。オレはどうなるんだよ。

おい。誰か。説明しろ!

説明しやがれ!

おい!

意識は遠のいていった。

12月になると、

俺のなかのオレが思い出す。

あの時の記憶を。

俺に心臓を寄越してくれた人の思念なのだろう。

夢の中で手術室の映像が流れるのだ。

俺の意識はオレの意識に重なるようにその光景を見ている。

天井から。見下ろして。

何度も繰り返される胸の痛み。

希望が打ち破られる悲しみ。

俺はオレの胸を押さえた。










ショートショート:目次へ






この記事へのコメント
なるほど……。再読すると深みがありますね。
臓器提供者の記憶が、移植を受けた人にも残っているという話。読んでいて「転生」(貫井徳郎)を思い出しました。この作品に書かれたてましたけど、実際にこういう体験をした人もいるらしいですね。
う〜ん、胸が痛いです……。
Posted by shitsuma at 2007年12月29日 11:09
うん、聞いたことあります。
内臓の記憶とか言われるんですよね。
これはまたいつものものとは毛色が違うなあ。
う〜ん。臓器移植に一石を投じる短編だな。

ちょっと早いけれどここでご挨拶しておこう。
来年も更新を楽しみにしています。良いお年を。
Posted by つる at 2007年12月29日 21:54
なんだか現実味があるお話で
思わず手に汗握っちゃいました。
いろんなジャンルで楽しませて頂けて
レイバックさんのお話は面白いです。
今年は競作に誘っていただいたおかげで
たくさんの方とお仲間になれて嬉しかったです。
来年も頑張って書いていきますので
宜しくお付き合いほどお願いします。

良いお年をお迎えください。

また競作やりたいですね〜♪
Posted by 舞 at 2007年12月30日 00:30
今年はもう終わりかと思っていたのに、新作ですね♪
夏頃からお邪魔し始めて、
最初はコメントを書くのも恥ずかしくて、
ただ見ているだけだったんですが、
だんだん、ずうずうしくなりました(笑)
楽しい作品をたくさんありがとうございました。
来年も楽しみにしていま〜す☆
Posted by ia. at 2007年12月30日 01:35
shitsumaさん>
こんばんは^^
こういう話聞いたことありますよね。
貫井氏の作品は読もう読もうと思いつつ、
未読なのですが。これは、
脳死は本当に「死」なのか?
という個人的な疑問を、そのまま形にしてみました。
なかなか答えの出しにくい問題ですよね。
Posted by レイバック at 2007年12月30日 02:22
つるさん>
こんばんは^^
なるほど内臓の記憶か。上手いな。
昔は脳死移植?いいじゃん。
単純に思ってたんだけど、
もし意識が残ってて、めっちゃ痛かったら・・・
って想像しちゃってねぇ。
ここ数年、素直に「いいじゃん」と言えんのです。
こちらこそ今年はありがとうございました!
また来年もよろしくです。では良いお年を〜〜

Posted by レイバック at 2007年12月30日 02:26
舞さん>
こんばんは。ありがとうございます^^
最後の方は散漫な話が増えましたけどね(笑)
ほんとに今年は皆さんと巡り会えて、
充実したブログ活動になりました。
また来年も色々と交流したいですね。
競作企画も考えておきますw
それでは良いお年を〜〜♪
Posted by レイバック at 2007年12月30日 02:31
iaさん>
こんばんは^^
マラソンで言うと最後のトラックで、
息が切れたような感じですわ(笑)
本を沢山読まれてるiaさんの目には、
物足りないモノばかりだったと思いますが、
いつもコメントして頂いて本当に励みになりました。
来年はペースを落とすと思いますが、
また懲りずに遊びに来てくださいね♪

ラスト記事は面白本ベスト10になりそうですw
Posted by レイバック at 2007年12月30日 02:36
レイバックさん、こんばんは♪
う〜ん、胸が痛くなりましたT。T
2〜3日前にオーラの泉特集みたいなのを見たり、
金スマで美輪明宏さんを見たりしたところなので
魂や意識って、あらゆる場所に存在しているような
気もして・・・
タイムリーなストーリーでした!
やはりレイバックさんの味付けはイイです♪

今年は、10月後半にエディタに登録して
レイバックさんのショートショートに出会って
すっかりハマってしまいました☆

来年も楽しみにしています〜♪
Posted by らに〜た at 2007年12月30日 03:13
らに〜たさん>
こんばんは。ありがとうございます^^
年の瀬に暗い話でスミマセン(笑)
そういえば江原や美輪さん、最近よくテレビ出てますよね。
こういう話も無いとは言い切れないもんなぁ。

そういえばきっかけはエディタでしたねw
また来年もよろしくお願いしますね。
それでは良いお年を〜〜☆

Posted by レイバック at 2007年12月30日 19:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

貫井徳郎「転生」
Excerpt: 貫井徳郎著 「転生」を読む。 このフレーズにシビれた。  ぼくは愕然とした。ぼくはなぜ恵梨子を好きなのか?あまりにも当り前の感情として受け入れていたが、果たしてこれは本当に自分の感情なのだろうか。 ..
Weblog: ご本といえばblog
Tracked: 2010-05-15 09:31


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。