おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「レディファースト」


窓の外では明るい日差しがアスファルトに照りつけている。
さつきはホテルの近くのカフェでひとり、背の高いスツールに腰かけていた。
街行く人々の姿を目で追い、東京の景色との違いを楽しみながら。

ふと、店内へ目を向けると、小さいカップを手にした女性が辺りを見回している。
定規で引いた直線のようにしゃんと伸びた背筋には見覚えがあった。
大きなフレームのサングラスをかけていて、表情は窺えないが、
あれはきっと姉に違いない。さつきはそう思った。

「お姉ちゃん」

さつきは自らの場所をしらせるように手を挙げた。
姉のやよいは気付いたようだ。
サングラスを外し、軽やかな身のこなしでさつきの席へ歩み寄ってくる。
身体にフィットしたグレイのパンツスーツがよく似合っていた。

「あら、さつき、あなた大きいのにしたのね」

彼女は、さつきの手に収まりきらない大きなカップを見て、目を丸くした。

「トールサイズプリーズって頼んだら、こんな大きいのが出てきたの。
日本のグランデサイズよりも大きいんじゃないかしら。焦ったわよ」

「こっちの食べ物と飲み物は気を付けなきゃダメよ、日本とはサイズが違うんだから」

「ほんとに実感したわ。海外に来てるんだなぁって」

さつきの言葉を受けて、やよいは目を細めた。

「いらっしゃい、さつき。よく来たわね」

やよいは、そう言いながら腕を身体の脇に広げた。
さつきはスツールからすっと降り、
軽く胸を合わせるようにして姉と抱き合った。
日本に居るときは勿論、こんな挨拶はしない。
カリフォルニアのからりと乾いた空気がそうさせたのだろうか。

「さつき、結婚おめでとう。ごめんね、式に行けなくて」

「いいのよ、こうしてお姉ちゃんの住む街にまで会いに来れたんだしね」

「今、旦那さまは、お友達と会ってるんだっけ?」

「ううん、昔の仕事仲間だって。でも、夜には合流して一緒に食事が出来るわ」

「そう。それにしても、本当に良かったわね。
わたし嬉しいわ。やっとさつきがお嫁に行けて」

やよいの頬が緩む。
日焼けのせいか、彼女の顔は日本にいた頃よりも、随分すっきりとして見えた。

「わたしも諦めかけてたからね。自分でもいい人が見つかって良かったと思ってる」

「メールで写真は見せてもらったけど、結構ハンサムな人じゃない」

「でしょ、ルックスは今風ではないけど、整ってる方だと思うわ」

「有名人で言うと誰かに似てるの?」

やよいはすらりと伸びた指でカップを包み、ほんの一口だけ中身を啜った。

「そうだなぁ。しいて言うなら――、仲村トオルかな」

「そ、それは今風ではないわね……。でも優しい人なんでしょ?」

「そう、そこよ。とにかく優しいの。
わたしって今まで付き合ってきた人がアレでしょ?」

さつきは少し自嘲するように肩をすくめた。

「ああ、そうだったわね、あなたの選ぶ男の子って昔から――」

『亭主関白』 見事にハモった。

周りの客から視線が集まるほど大きな声で二人は笑った。

「あなたの選ぶ男の子ときたらみんな、結婚してる訳でもないのに亭主面してねぇ」

「ふふ、わたしもそういうタイプに慣れてたから、今の彼の優しさには驚いたわよ」

「そうでしょうね。ところで彼の事はなんて呼んでるの?」

「直くんよ。直人(なおひと)って言うの」

そう言いながらさつきは年甲斐も無く照れた。

「直くんはね。建物や部屋に入る時は必ずわたしの為にドアを開けてくれるし、
荷物なんて自分で持つからってわたしが言っても決して持たせてくれないし、
レストランでは当然のように壁際の席にわたしを座らせてくれて、
帰りにわたしがお金を出そうとしたら、いいんだ。もう払っておいたよ。
なんて、いつもわたしが席を外してる間に、会計を済ませてるんだもん」

「へぇ、確か昔の彼氏のときなんて、あなたが払ってたわよね、デート代。
よく帰ってきてから愚痴ってたのを覚えてるもの」

「トシくんの時?うん、あの子は甲斐性無しだったからね」

さつきはほろ苦い過去を思い出し、顔をしかめた。

「そんな話はいいじゃない。直くんはね。クルマで迎えに来てくれる時も、
わざわざ運転席から降りて、助手席のドアを開けてくれるんだから。
今まで付き合ってきた人の事を考えたら、考えられないわよ」

さつきは堰を切ったような勢いで、直人の優しさを説明する。

「ふふ。嬉しそうね」

「ほんとに驚いたのよ。日本人でもこんな人がいるんだ、って」

「シャイな人が多いしね。なかなか照れくさいところがあるんじゃないの。
日本の男の人にとって、レディファーストっていうのは。
もちろん、こっちでは当たり前の事よ、子供の頃から教育されてるから」

「お姉ちゃんの旦那さまも優しいもんねぇ。初めて会った時はびっくりした」

「あなた、あの時はそんな彼氏はヤダって言ってたじゃない」

「ほら、わたし尽くすのが好きじゃない。だからよ。
優しくされすぎると戸惑っちゃって。だってお父さんがあんな感じだったでしょ?」

「そうねぇ。お父さんはまさに頑固な父親日本代表って感じだったものね」

二人は子供のような表情でくすくすと笑った。
父親は今頃日本でくしゃみをしていることだろう。

「お父さんは元気にしてるの?家に電話をかけても出るのはお母さんばっかりで、
お父さんは全然、代わろうとしないでしょ?娘の声が聞きたいと思わないのかしら」

「でも、いつもお母さんが電話を切った後で、どうだ?やよいは元気にしてたか?
って訊いてるから、きっとお父さんも心配してるけど照れくさいのよ」

「日本人よね、そういうところも」

やよいはそう言うと視線を落とし、左手にはめた腕時計をちらりと見た。

「ああ、いけない。そろそろ子供を迎えに行かなきゃ」

「ほんと、もうこんな時間だ」

さつきも自分の時計を見て驚いた。

「久しぶりだから時間を忘れちゃったわね」

「また夜にゆっくり話せるよ。彼もお姉ちゃんの旦那さまも一緒に」

「旦那さまって、なんだかこっちで聞くと変な感じだから名前で呼んでよね」

やよいは片手を腰に当て、モデルのようなポーズでそう言った。

「はーい。デビッドさんだよね」

「デイブでいいわよ」

「えー、なんだかデイブスペクターみたいでいやだな」

「ちょっと、あんな胡散臭い人と一緒にしないで」

「あはは、お姉ちゃんそれ言いすぎ」

「じゃあね、さつき。あとで電話してね」
  
「分かった。あとでね」


  ☆   ☆   ☆


「さぁ、さつき。行こうか」

「ええ」

「クルマはホテルの裏に呼んであるんだ」

「そうなの?」

直人はノースリーブのワンピースに着替えたさつきの手を取って、
エントランス前の階段を軽い足取りで降りてゆく。
ホテルの裏手に回ると、人気はまったくなかった。
海岸線を走る道路の向こうには、無人のビーチが広がっているのが見えた。
夕陽を浴びる波間がきらきらと光を反射している。
海辺なのに不思議と乾いた潮風が二人の髪を撫でた。

「まだ来てなかったか……」

直人は海の方を見つめながら、煙草に火を点けた。

「この海岸線の道が気持ちいいらしいよ。
交通量も少ないようだし、景色を楽しみながら行こうね」

夕陽を正面に受けている直人は、眩しそうに手をかざして微笑んだ。

「直くん、わたし幸せだわ」

「僕もだよ」

直人はさつきの腰を抱きよせ、彼女の頬に唇を寄せた。

数分後、白いメルセデスのSUVが、ゆっくりと駐車場に滑り込んできた。
クロームメッキのホイールがきらびやかに光っている。
ドアが開き、中から数人の男達が降りてきた。皆アジア系の顔立ちだった。

「なんだ?」

直人は驚いたような表情を見せている。
男達は、互いに何やら短い言葉を交わし、急に背中からピストルを取り出した。

「ちょっと、なんなの?」

「おい、なんだお前ら、どういうことだ」

直人はさつきの手を取り、ジリジリと後ろに下がった。
男達はピストルを持つ手を前に伸ばし、二人に照準を合わせた。

「や、やめてよ……」

「おい、お前ら、やるなら……、やるなら先に、彼女をやれ!」

「え?」

さつきは直人の言葉を聞き間違えたのだと思った。
と、直人が強い力で、さつきを前に突き飛ばした。

「直くん!? どういうことよ?」

直人は、いつのまにか余裕の表情に変わっていた。微笑みすら浮かべている。

「お先にどうぞ」

「え?」

「お先にどうぞ、あの世へ」

「ちょっと直くん、何言ってるの?」

「ふふ、まだ分からないのかい?」

「何、何の冗談なの?」

「冗談じゃないよ。レディファーストじゃないか」

男達は、もったいぶってタバコをくわえる直人には目もくれず、
さつきの両手を掴み、頭にピストルを突きつけた。

「痛い、やめて、殺す気なの?嫌よ!
こんなところで死にたくない!なんでもするから、冗談だと言ってよ!」

「なに、心配することはないさ。
もう払っておいたからね。君の生命保険料は」

さつきの発するくぐもった悲鳴が、駐車場の外に漏れることは無かった。

夕陽を浴びて長く伸びる影が車内に吸い込まれてゆく。

やがてメルセデスは無表情のまま静かに走り出した。

渇き切った心と、壊れた希望を載せて。










ショートショート:目次へ




この記事へのコメント
うわーん、怖いよ……。
優しくしてたのには理由があったのか……。

>フロリダのからりと乾いた空気がそうさせたのだろうか

フロリダは年中温かくて、雨も結構ふるのでからりとはしてない気がする。
からりとしてるなら、やっぱりカリフォルニア。でもそれだと某事件を連想しちゃいますね。
Posted by 七花 at 2008年04月09日 11:45
トトロだ〜♪なんて読み進めてたら
・・・怖いじゃないですか!
妙に優しくされすぎるのも、ってことですね。。。
ああ、さつきさん、どうかご無事で。
Posted by naena at 2008年04月09日 12:48
中盤あたりで、ショートショートだった、と思い出して、
どんな罠が?と可哀そうになりました。
ショートショートって残酷(>_<)
「レディーファーストは優しさじゃなく、単なる生活習慣だ」
最近欧米人と離婚した友人の談です(笑)
Posted by ia. at 2008年04月09日 20:42
サイパンで逮捕された某容疑者の事件を思い出してしまいました。
((;゚Д゚)ガクガクブルブル

>デイブスペクター
胡散臭いですよねw
木は一本なら木。
二本なら林。
三本なら森。
六本なら六本木って言うような人ですからね。
Posted by at 2008年04月09日 21:25
七花さん>
こんばんは。
ご指摘ありがとう!
めっちゃ恥ずかしい(笑)
言葉の雰囲気だけで西海岸をイメージして書いてましたわ^^;
あぶねー(ってもう晒しちゃってるけど)
ちょっと書き直してみました。
やっぱりちゃんと調べて書かなきゃダメだねー。
感謝です☆

naenaさん>
こんばんは。ほんまやトトロですね(笑)
前半の会話をノリながら書いちゃったので、
後半書くのがしんどくなりましたわ。
はい、優しすぎる男には要注意だと思います^^;

iaさん>
こんばんは。
うははwじゃあオチ読めちゃったかな(笑)
「レディーファーストは優しさじゃなく、単なる生活習慣だ」
これ名言かもしれないすね。確かに習慣になるような気がする^^;

鯨さん>
こんばんは。
もろにロス疑惑ですよね(笑)
地名に悩みましたわ、モロに書くと読まれそうだったし^^;
そのネタ面白いじゃないですかw
デイブも時々侮れない時がありますねー。

Posted by レイバック at 2008年04月09日 22:48
ロス疑惑。確かOLの頃で、へたなところに新婚旅行行けないなって思いました。
前半の部分で、主人公がいる場所が徐徐に異国だってわかるのが良かったな。後半はタイトルでちょっとネタバレだ〜。
いつものレイバックさんならもっとコンパクトにまとめる話だと思うんだけど、そこちょっと意外だった。もしかしたら、さつきがなんとか自力で戻る後編があるとか。
Posted by つる at 2008年04月10日 00:29
近頃、さりげなく後編をうながす、つるさん(^^
レイバックさん、ガンバレ〜!
Posted by ia. at 2008年04月10日 01:47
つ、つがいますて!後編、促してなんてないですてば!
さつきがいい子みたいなんで、その仕打ちはないよ〜って思っちゃったんですよ。生命保険はかけてあるみたいだけど、まだ殺されたわけじゃないからそう信じたいだけ。だけど最後の一行が暗示してるんだよね。カムバック、さつ〜き!
Posted by つる at 2008年04月10日 23:37
つるさん>
こんばんは。
あらーこのタイトルでバレましたか!^^;
まいったなぁ(笑) 
今回は前半部分にのめり込んじゃって、
本当はもっと書いてたんですよ。
ばっさり切ったけど、これ以上削るのはツライから、
強引に最初に考えていた後半部分と合体させました。
∴頭でっかちでバランスが悪いわけですねぇ(笑)

iaさん>
ども!
まじ??促されてるのかオレ!(笑)
ムリ!ヾ(´▽`;)

つるさん>
ども!
そうなんですよー、僕も後半書くのが辛かったですわ。
だから一応結末は、ぼかしてみました(笑)
Posted by レイバック at 2008年04月11日 01:26
いい感じにブラックユーモアの利いた作品ですね〜^^
「トイレのドアも開けてあげる男」→「やりすぎだろ」
みたいなオチを予想していたんですが、完全に上を行かれました^^
おもしろかったです!
Posted by shitsuma@管理人 at 2008年04月12日 00:25
↑す、すみません!
自分のブログにコメントを書く気分で
名前に「@管理人」をつけてしまいました!!
ブログを乗っ取ろうなんて考えているわけではないですからね(汗)
Posted by shitsuma at 2008年04月12日 00:27
shitsumaさん>
こんばんは。ありがとうございます。
うわー!管理人の座を奪われた!w

あーそのオチもいいですねぇ。
実に僕好みのオチだなぁ、今度パクらせてもらいます(笑)
ちょっと極悪な終わり方だったので、
後味が悪かったですわー^^;
Posted by レイバック at 2008年04月12日 23:53
面白かったです。
前半のスムーズな流れがすごい良かったです。
あとは、ほんの少し後半のテンションの違いに、とまどいました。

…あ、すいません。調子こきました。
氏んどきます。
( ■ω■);y=ー( ゚д゚)・∵. ターン
Posted by 火群 at 2008年04月15日 20:21
火群さん>
こんばんは。
ありがとうございます^^
やっぱり!
前半と後半のバランスの悪さは異常ですよねぇ(笑)
深く反省しております……(ノ_<。)
Posted by レイバック at 2008年04月16日 00:30
こんにちは。(^^*)
たどり着きましたので、コメントだけ残しておきます。
Posted by わんだーまま at 2008年04月18日 23:39
はい。ありがとうございます^^
Posted by レイバック at 2008年04月19日 23:43
レイバックさん
こんにちはー☆
わー直人くん。。。コワイ。。。
前半ではなんていいヤツて思って。。。
後半になって。。。
わ もしかしておじけずいて、さつきを置いて自分だけ逃げちゃうの?。。。って思ったけど
もっとずっと悪いヤツだった。。。☆
面白かったです。
前半の姉妹の会話もすごくよかったです♪
Posted by らに〜た at 2008年05月02日 12:11
らに〜たさん>
こんばんは〜☆
前半に気合が入りすぎて、後半がグダグダでした(笑)
最近悪い話ばっか書いてるので精神衛生上よろしくないですね^^;
Posted by レイバック at 2008年05月03日 02:26

 レディ・ファースト?

 「いつ 殺るの?」

 「・・・」

 「今でしょ?」

 



 わぁー、林 修て レディ・ファースト心得ているなぁ

 うふふふ
Posted by 林 修 at 2016年12月04日 17:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。