おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「パトロール」


さぁ今日はパトロールの日だ。

会社からの帰りに、ターミナル駅の改札を抜けると、

切符販売機近くの大きな柱に寄りかかるカップルが目に入った。

女は腰穿きのワイドなデニムパンツにタイトなラグランスリーブのロンTを着ている。

メリハリの利いた着こなしによってウエストのくびれが強調されていた。

目深に被ったベースボールキャップで顔が見えないのが惜しい。

コットンフランネルのチェックシャツを着た相手の男は腕組みをし、

油膜のような表面加工のサングラス越しに女の顔を注視しているようだ。

二人とも片方の肩を柱に寄せ、わずかに傾いた状態で向かい合っている。

女は帽子のツバを下げ、俯いたまま、ときおり目元を手の甲で拭う。

一方、男はふてぶてしい態度を崩さない。

眉間に皺を寄せ、口を真一文字に結んだままだ。

二人が寄りかかる柱の周り、約半径1メートルを包む気まずい沈黙。

どうやらこれは別れ話のようだ。

それにしても、何故、こんな人通りの多い駅の側で別れ話をするのだろう?

街で住んでいると週に一度はこのような光景を目にする。

人目が気にならないのだろうか?

私は足を止め、二人の行動を観察しはじめた。

彼女の方は、俯いたままじっと自分の足元を見ている。

帽子の影から下唇を噛んでいるのが窺える。痛々しい。

彼氏は左足に体重を乗せ、苛立ちを隠せないようすで肩を揺らしている。

と、男は彼女のバッグの持ち手に手を伸ばし、

女を引きずるようにして移動しはじめた。

「嫌っ!」

女は抑えた声を上げ、男の手を振り払おうとした。

だが男は彼女の手首を掴み、力ずくで連れてゆこうとする。

まさか人気のないところで暴力を振るうつもりじゃないだろうな。

今朝もテレビで“痴情のもつれから交際相手を刺殺”という、

物騒なニュースをみたばかりだ。これは放っておけないぞ。

私の持ち前の好奇心と正義感がむくむくと首をもたげた。

私は気付かれないように距離を測りながら暗がりに向かう二人の後を追った。


   ☆   ☆   ☆


「ゴメン! オレが悪かったから、許して!」

男は女の方を向き、拝むように両手を合わせている。

「なんなの? どういうつもり?」

「あんな人の多い所じゃ恥ずかしくて謝れなかったんだよぉ」

なんだこの男は、猫撫で声じゃないか。

サングラスはいかついくせに。ツンデレ男か……。

私は植え込みの影に隠れながら二人の会話を盗み聞いていた。

「謝って済むと思ってんの?」

彼女の方はさっきの涙がウソのように攻勢に転じている。

「だからゴメンって言ってるじゃん。もう二度と浮気なんかしないからさー」

「お金はどうするつもり? わたしカズくんの為にアボムでお金借りたんだよ」

「それもちゃんと返す。だから許してよ、ね? ね?」

「お金はいい。でも、浮気は絶対許さない」

女は冷たく言い放ち、バッグからきらりと光る刃物を取り出した。

包丁!

「ちょっとキミ達! やめたまえ!」

私は勢い込んで、両手を挙げながら二人の間に割って入った。

危ないとかそんなことは考える間もなく、身体が反応してしまった。

だが、二人は目の前の闖入者に驚くこともなく、平然と構えている。

「よし。オーケイ。大声を出すな」

さっきから甘えた声で女に許しを請うていた男が、一転低い声で場を制した。

「お節介だなオッサン。まったくいいカモだよ。

どうだった? 俺達の演技は。十分に楽しめたか?」

「な、何を言ってるんだ、どういうつもりだ?」

「まだ分かんねーの? あんたは釣られたんだよ。

怪我したくなきゃ大人しく財布を出せよ」

信じられない。私を誘うための演技だったのか……

「好奇心も正義感も強すぎると痛い目に遭うってことさ。

さぁ、授業料だと思って、とっとと財布を出せよ」

男はいつのまにか女から包丁を受け取り、私の胸に切っ先を向けていた。

「わ、分かった……」

私は冷や汗をかきながらも一瞬で頭の中を整理する。

愛想笑いを浮かべながら上着の内側に手をやり、黒皮の手帳を取り出した。

「警察だ。包丁を下ろせ」

男の身体に動揺が走る。サングラスの奥の目は丸くなっていたことだろう。

「お前らだな。先月から同様の手口で恐喝、暴行を繰り返しているのは。

ずっと内偵していたんだぞ! 現行犯で逮捕する!」

「オッサン、サツだったのか!? おい、逃げるぞっ!」

さっと踵を返し、走り出す二人。

「こらっ! 待てっ!」

私は威嚇するように大声を上げたが、追いかけはしなかった。

若者二人はあっという間にビルの陰の暗闇に消えた。

へなへなと膝が崩れる。私はその場に座り込んでしまった。

警察マニアで良かった……

この警察手帳レプリカのおかげで命拾いした。

深呼吸をしているうちに暴れ馬のように跳ねていた心臓が落ち着きを取り戻す。

さぁ、街のパトロールに出るぞ。

ターゲットは一人歩きの女性。もしくは干しっぱなしの下着。

私は上着の上から固い手帳を握り締める。

自然と微笑がこぼれた。











ショートショート:目次へ






この記事へのコメント
レイバックさん、これいいわ。
パトロールと言ったら、いくらショートショートでもマイナスの方向は考えにくいもの。どうしたって正義の方で「変わったパトロールなんだろうな」って思います。
話の後半にダダっと二転三転して面白かった。ほんと。
Posted by つる at 2008年05月07日 01:30
つるさんに同意。面白かったです。

そして『一人歩きの女性。もしくは干しっぱなしの下着』は、ターゲットとは言いません。笑
いや、普段のレイバックさんがドコを見ながら街を歩いているか、なんとなくわかってしまいます。笑

でも大丈夫。私も…(省略)
ia.さんは、どんなコメントするのでしょうね。爆
Posted by たろすけ(すけピン) at 2008年05月07日 21:11
つるさん>
ありがとー。
どれだけ後半ひっくり返せるか試してみた(笑)
二転三転っていうのが狙いだったので、とても嬉しいコメだわ☆
最後はグダグダだったけど……^^;

たろすけさん>
ありがとうございます。
確かに……(汗)
最後は僕自身も納得してないので改稿するかもしれません(笑)
iaさんのコメは読めないからなぁ^^;
Posted by レイバック at 2008年05月08日 00:11
出遅れちゃった(笑)
凝った作りですねー☆
最初は夜回り先生かと思って、完全に騙されちゃいました。
もう少し長めの短編にしても面白そう。
ラストも面白かったです。
レイバックさんやたろすけさんの趣味もわかったし(笑)
Posted by ia. at 2008年05月08日 01:46
iaさん>
まいどです^^
当初は駅前で揉めてるカップルの話だけだったんですけどね。
ラストは増築増築で継ぎ足していきました。
そんな趣味じゃねー(ノ`A´)ノ ⌒┫ w
Posted by レイバック at 2008年05月10日 11:50
うまい!
パトロールって、そういうことですか^^;
二重三重のどんでん返しですね。
ラストで怒涛のごとく騙され続けるこの感覚、大好きです^^
Posted by shitsuma at 2008年05月18日 00:37
shitsumaさん>
こんばんは^^
ミステリー書きのShitsumaさんに褒めてもらえると嬉しいな〜☆
なかなかどんでん返しも難しいもんですね。
今回は書いてて勉強になりましたw
Posted by レイバック at 2008年05月18日 02:05
レイバックさん ど〜も♪
ひっくり返される都度 騙されちゃったー≧。≦
別れ話をしてる。。(を装ってる)カップルの細かい描写に うなずいてしまいました。。
こんなオジさん ぜったいいそうです。。
ホントわるいオジさんだーっ
Posted by らに〜た at 2008年05月24日 12:47
らに〜たさん>
こんばんは☆
どんでん返しに騙されてくれてありがとう^^
駅ってね、別れ話してるカップル多いですよね!
見ちゃダメだと思いつつチラ見しちゃいます(笑)
Posted by レイバック at 2008年05月24日 21:52

 とんでもないパトロールだ

 何をパトロール:巡回しているのか

 1人歩きの女性に何をするつもりか…

 下着ドロか?

 本当のパトロールに逮捕されるぞ?



 …1人歩きの女性が「私服警官」だったら、どうする? 

 ふふふ
Posted by TPP:環太平洋パトロール隊 at 2016年12月03日 13:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。