おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「ゆずシャーベット」



「ねー、わたし。アイス食べたいな」

「ふーん。買ってくれば?」

「行ってきてよ。わたしジャージだしスッピンだし無理」

「ジャージでもスッピンでもべつにいんじゃね?

今の子は普通にジャージ上下で外ウロウロしてるよ?」

「あんな若い子と一緒にしないでよ。

わたしがそんなカッコでキティちゃんのサンダル履いて外歩いててホ

スト風で髪の毛なんかギシギシに痛んでて顔なんか日焼けしすぎてて

ブツブツでザラザラのキモい男にナンパされて変なキラキラしたホイ

ールが付いててダッシュボードにファーを敷きつめてるようなクルマ

に乗せられてあんな事やこんな事されてもいいの?」

「うーん。それはちょっとヤダ」

「じゃお願い」

「わーったよ。じゃー、はい」

「なによその手?」

「おーかーね」

「出しといてよ。後で払うし。今お財布持ってたじゃん」

「はいはい分かりましたよお姫様。で、何にすんの?」

「えーとねー。柚子シャーベット」

「マニアじゃね?」 

「さっぱり系がいいの」

「つわり?」

「バカ」

「いてっ。モノを投げるな。 で、無かったら第二候補は?」

「ジャンボチョコモナカ」

「さっぱり系か?それ」

「いいの食べたいんだもん」

「じゃ行って来んね」

「あ。柚子シャー。ファミマに無いからね。セブンだよ」

「まぢっすかー」


 ☆ ☆ ☆


「はいよ」

「ありがとー柚子シャーあった?」

「これでしょ?」

「オイ。これオレシャーじゃん!」 (※オレンジシャーベット)

「ウソ。それオレの分。これでしょ?」

「やった。ありがとーこれこれ。いくらだった?キミの分もだすよ」

「なあ」

「ん?」

「なあ」

「なによ?」

「結婚しよっか?」

「・・・・・・」

「やなの?」

「いいよ」

「ほら割り勘とかめんどいしさ。一つの財布だと便利っしょ?」

「そんな理由かよ」

「はい」

「なによその手」

「指切り」

「切りって良くないんじゃない?こういう時」

「じゃーはい」

「なによ」

「ほら手ぇ合わせてー」

「うん」

「お手々のシワとシワを合わせて幸せ〜〜♪」

「ばーか」

「結婚する?」

「うん。大事にしろよ」

「はいはいお姫様♪ あ!」

「え?なに?」

「240円」

「死ね!」











ショートショート:目次へ









「コロン」



ある日、僕は子熊を拾った。

コロコロと転がるように歩いてたんだ、うちの庭を。

抱き上げたら、ウルウルとした瞳で見返してくる。

お母さん熊が迎えにくるかも。

って思ったんだけど。

何日待っても来なくって、結局飼うことにした。

名前はコロン。

うちには僕が拾った犬と猫もいた。

ペスとミーコ。

三匹仲良くやっていけるかな?

なんて心配してたんだけど、意外にヘーキだった。

ペスもミーコも、コイツ、コロコロしててカワイイ〜。

って思ったんじゃない?

まぁ、あっという間にコロンの方がデカくなったんだけど。

もちろんそれからも三匹で仲良くやってたよ。

ただ、エサ代が大変だったんだ。

キホン、ドッグフードとキャットフードのハーフ&ハーフで、

あとは僕らのゴハンの残りを食べさせてたんだけどね。

だんだん大きくなってくると追いつかなくなっちゃって。

空腹で僕を見つめるコロンの瞳ときたら、

ウルウルウルウルしててさ。

ペスやミーコとじゃれて遊んでる時も、

時々涎を垂らすようになっちゃって。

いや、もちろん手を出すことはないよ。

でもね、一瞬でもコロンが空腹に負けて、

手を一振りしたら――

そんなことになる前になんとかしなきゃ。

って家族会議になったんだよね。

拾ったお前が決めなさい。

お父さんのその一言で結論は僕に託された。

結局、僕は明くる日、コロンを連れて家を出た。

てくてくてくてく、てくてくてくてく。

コロンは「クオーン」なんて鳴きながら。

僕も「ワオーン」なんてふざけながら。

てくてくてくてく、てくてくてくてく。

山の麓に辿り着いた。

「ほら、コロン。お別れだぞ」

「キューン」

「早く行けよー」

「キューン」

コロンは目を瞑って、鼻をすり寄せてくる。

「ダメ。もう一緒に暮らせないんだよ」

「キューン」

「ごめんな、コロン」

僕はコロンを残して駆け出した。

目尻がすーすーして。

鼻水もだーだーで。

必死で駆けたけど、

どっどっどどって足音が追いかけてくる。

立ち止まって振り返ると、僕を覆い尽す大きな影。

冷たっ。

頭にピチャっと雫。

丸太のような前足が僕の頭上に振り下ろされる。

ふかっとしてちくっとするコロンの毛が両頬を撫でた。

強い力で僕をぎゅうっと締め付ける。

ごめんね――

ふっと力が抜ける。

コロンは僕を放し、前足を地面に下ろした。

拾った時と変わんないなお前の顔。

ウルウルが瞳をはみ出してるじゃん。

キューン。

コロンは一鳴きすると、山に向かって駆け出した。

一度も振り返ることなく。

コロコロと転がるように。












ショートショート:目次へ






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。