おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「MissIng」



あそこのトイレって人が消えるらしいよ。

そんな噂を学校で聞いたのは、先週の事だった。

なんだよー、ありがちな都市伝説っしょ?

なーんて言いつつ、オレとシンジは

MTBを飛ばして確かめに来ちゃったのだ。

場所は繁華街にほど近い公園にあるトイレ。

こんな所で人が消えるなんて考えられない。

オレたちはトイレの入口を見張れるベンチに陣取った。

リュックには保温ポットに入れたミルクティ。

DSだって持ってきた。

準備に抜かりは無いのだ。

はじめは二人で見張っていたものの、

だんだん飽きてくる。

交替で一人がDSをやりながら、

もう一人がトイレの入口を見張ることにした。

このシステムに変更してしばらくすると。

「見て!」

シンジが胡坐をかいているオレの膝を叩いた。

「トイレに入るよ」

黒いセルフレームのメガネに、紺色のスーツ。

髪の毛を七三に撫で付けた細身の男が、

あたりを気にしながらトイレの中へ吸い込まれていく。

右手には大きな紙袋を提げていた。

「ドキドキするな」

「うん、でもまさか消えないでしょ」

だが。

結局、男は出てこなかったのだ。

オレとシンジは公園を見下ろす大時計で時間を確認していた。

男がトイレに入ってから2、3分が過ぎる。

なんだよーあいつウンコかよー。

なんて言いながらふざけていたものの、

5分、10分と時間が経つうちに、

だんだんと言葉数が少なくなってきた。

「おい」

「うん」

「出てこないな」

「出てこないね」

「どうする?」

「どうしよ?」

「見に行く?」

「マジで?」

「帰るか?」

「帰らない」

オレたちは顔を見合わせて頷いた。

「行ってみよう」

スクラムを組むように互いの肩を掴みながら、

トイレの入口に近付いていく。

この時、18:20。

もうあたりは真っ暗で、

チカチカ点滅する蛍光灯が、

かろうじて入口を照らしていた。

オレたちはその手前で立ち止まり、

大きく息を吸い込んだ。

アンモニアの臭いが脳みそをツンツンと刺激する。

急に尿意をもよおしてきた。

シンジが弱気な声を出す。

「やっぱ帰ろうか?」

「バカ!ダメだって」

「震えてるじゃん!」

「オシッコしたいだけだって!」

オレとシンジは寄り添ってブルブルと震えながら、

男子トイレに入った。

右手に3つ並ぶ小便器は無人。

左手に2つある個室も無人。

清掃用具入れには鍵がかかっていたし、

人が入れるような大きさではなかった。

もちろん出入口は一つ。

窓には鉄格子が嵌められ、当然脱出不可能。

「なんで?」

オレとシンジは顔を見合わせた。

ぶるっ。

「と、とりあえず、オシッコ!」

「う、うん」

シャー。

シャー。

「消えたな」

「消えたね」

シャー。

シャー。

「なんだろな」

「なんだろね」

ぶるっ。

挟まないように気をつけて、チャックを上げた。

いったい何だったんだろう?

「明日学校でみんなに報告しなきゃな」

「うん、また調査に来なきゃね」

手を洗うことも忘れてトイレを後にする。

それぞれのMTBに跨ったオレたちは、

しばらくの間、無言のままだった。

頭の中を同じ言葉がグルグルと回る。

『たしかに男は出てこなかった。

見逃したなんて事は絶対に無い』

考えてもキリがないや。

「さ、帰ろうぜ」

「うん」

ギアを上げ走り去る二人を、

大時計が静かに見守っている。

公園の石碑に書かれた文字が、

街灯の明かりに照らされていた。

【新宿二丁目公園】











ショートショート:目次へ









「年金財政」



「総理、本気ですか?」

「エエ、国の事を考えればやらない訳にはイキマセン。

たとえ反感を買おうともネ」

「し、しかし、5%から13%へ一気に増税となれば、

内閣支持率の低下は目に見えています」

「では、どうしろと言うのデス?

年金財政が破綻するのを手をこまねいて見ていろ。

とデモ? アナタに何か対案があるのデスカ?」

「そ、それは、」

「国民の皆様にも、ある程度の痛みは我慢してイタダク。

そういう約束でワタシが招聘された。そうではないのデスカ?

それはアナタにも十分わかっているはずダ」

「しかし、これ以上、国民の――」

「もうイイ! 子供のように感傷的になるのはやめタマエ!

日本人の悪い癖ダ!」


 * * *


「ふっ。ガイジン総理のお手並み拝見と思えば、このザマとはね」

「まぁ、誰が総理でもこの状況は避けられなかったかも知れませんがね」

「おたくも災難ですな」

「いや、あなたこそ」

「もうご家族にはお別れを?」

「いえ、昨年、家内が癌で他界しましてね。

子はおりませんし、私は独り者なんですよ」

「そうですか。私は息子夫婦と妻に泣かれましてね。

さすがに参りましたが、お前達の老後が保障されるのならば、

私は喜んで逝こう。そう言ってきましたよ。

まぁそれで更に泣かれましたが。フハハハハ」

「それはそれは剛毅なお人だ。

私も家内の元へ行けると考えれば、

恐れることは事はない、と自分に言い聞かせています」

「若者や子供達のためなら、私たち老人が犠牲になるのも

仕方ありませんな。とにかく日本男児らしく立派に散りましょう」

「子孫のために」

「子孫のために」


 * * *


「総理! 国民の血税ですよっ!?」

「総理! 一言お願いしますっ!」

「Sorry、ノーコメントだ」

「総理――」










ショートショート:目次へ






posted by layback at 22:34
| Comment(2) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。