おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「願い事」



今日こそは――

妻が寝静まったのを確認して、

私はそろりとベッドを抜け出した。

暗闇の中、感覚だけを頼りに部屋を出る。

カチャリ。

閉じたドアの音にヒヤリとしたが、

どうやら妻が起き出す気配はない。

足音に気を付けながら廊下を進む。

突き当たりにあるドアを開け、

手探りで壁際のスイッチを押した。

闇は消え去り、書斎が姿を現す。

デスク前のイスに腰を下ろし、

引き出しから空っぽのガラス瓶と、

スタンド型の鏡を二つ取り出した。

今日こそは悪魔を捕まえて、

願いを叶えてもらうのだ。

昔読んだ短編小説に、

悪魔の捕え方が載っていた。

夜の0:00きっかし。

合わせ鏡の間を通るそいつを捕まえる。

そうすると、悪魔は命乞いをし、

一つだけ願い事を叶えてくれるそうだ。

痣だらけの身体をさする。

これで、あんな暴力妻ともおさらばさ。

デスクの隅に置かれたデジタル時計の数字が、

刻一刻と明日に近付いてゆく。

23:58

まだだ、落ち着け。

23:59

感覚が研ぎ澄まされる。

ふぅ〜。

出たっ!

「ほっ」

やった!

捕まえた。

あまりにもスピードが速く、見切れなかったが、

咄嗟に出した右手の中に、

向こうから飛び込んでくれたようだ。

確かに握った拳の中に感触がある。

閉じた私の手をこじ開けようと、

悪魔がもがいている。

指の隙間から逃がさないように、

注意深くガラス瓶の中に移した。

ゴムの栓でフタをする。

な、何てことだ・・・・・・

美しい。

これが悪魔なのか?

生まれて初めて目にするその姿は、

ぞっとするほど美しく、

しかも私の妻そっくりだった。

スリムな体をピタっとした黒皮のボディスーツに包み、

小さな頭からは二本の角、形の良いお尻からは短い尻尾が生えていたが、

こちらを睨みつけるその顔自体は、私の妻と瓜二つだ。

これはいったい・・・・・・

「あなた?」

「はうっ!」

恐る恐る振り返ると、

そこには悪魔、いや眉間に皺を寄せた妻の顔が。

まずいまずいまずいまずいまずい。

「こんな夜中に何やってるのよ?」

「いや、なんでもないよ」

「机の上の鏡はなんなのよ」

「いや、こ、これは」

「何を隠してるの?」

「・・・・・・」

「出しなさい」

私は渋々とガラス瓶を妻に見せた。

「やっぱり。それ、貸しなさい」

妻が右手を私の鼻先に突きつける。

赤く長い爪が妖艶に光っていた。

「分かったよ」

瓶を受け取った妻が、

ガラスの中の悪魔に話しかけた。

「ダメじゃないお姉ちゃん、こんな男に捕まってちゃ」

『エヘやっちゃった。でもあんただって五年前に捕まったじゃん』

「まあね。お陰で苦労してるわよ。こいつの調教。

記憶を消しといたから、五年前の事は覚えてないはずなのに、

また同じ事を繰り返すとはね、バカ亭主なんだから」

『まったく悪魔に一目惚れするなんてねぇ。

願い事が、僕と結婚してください!だったんでしょ?

マジでありえないわよねぇ。ホッホッホツホッホー』

「うるさいよお姉ちゃん。ぱっと見ると冴えない男だけど、

とにかく優しいし、意外に男らしい所もあるんだよ。

さ。逃がしてあげるから早く帰った方がいいわよ」

そう言いながら妻はガラス瓶のフタを開けた。

『分かったわよ。そこの旦那サマ、妹を頼んだわよ。

あ。そうだ。ところであんた、

一体私になんてお願いするつもりだったのさ?』

「いえ、もういいんです。

私は――、私は妻と仲良く暮らしますから。

悪魔さんはどうぞ、鏡の中へお帰りください」

あ〜〜〜〜れ〜〜〜〜!

悪魔の姉妹は鏡に吸い込まれていった。















ショートショート:目次へ






「●度目の正直」



僕は小学生の頃から、ひどくいじめられていた。

内容はいまさら思い出したくもないが、

それは悪夢のような毎日だった。

学年が上がるに連れエスカレートするいじめに、

対抗する術など持っていなかった僕は

ずっと自分の殻に引きこもって、

精神の均衡を保っていた。

ところがある日、とうとうその殻にひびが入った。

堤防が決壊したように、一気に泥水が流れ込んだ。

もう過去も未来も現在も。

何もかもが嫌になって、僕はひとり校舎の階段を昇った。

屋上から飛び降りて、派手に死んでやる。

それが僕が生きてきた証しになればいい。

そう思ったんだ。

でも、校舎の最上階まで昇ってみると、

金属製の扉は固く閉ざされ、厳重に鍵がかけられていた。

屋上に出ることは叶わなかった。

死ぬにも勢いが要る。

結局、僕の中に芽生えた黒い炎はいったん鎮火した。

そのまま小学校は卒業し、

中学校に入学したが、いじめはまだ続いていた。

そしてある日、またもや堤防が決壊する。

何もかもが嫌になって、僕はひとり校舎の階段を昇った。

屋上から飛び降りて、派手に死んでやる。

それが僕が生きてきた証しになればいい。

再びそう思ったんだ。

でも、校舎の最上階まで昇ってみると、

金属製の扉は固く閉ざされ、厳重に鍵がかけられていた。

屋上に出ることは、やはり叶わなかった。

僕の心を焼き尽くそうとした黒い炎は、矛先を収めた。

そのまま中学校は卒業し、

高校に入学したが、いじめはまだ続いていた。


――以下省略。


結局。

僕が言いたかったのは、

学校の校舎の屋上には上がれない。

って事。

何?

ドラマやアニメのシーンはどうなんだ?って?

あれは作り物の世界なんだよ。

僕の調べによると、屋上に上がれるのは、

「学校へ行こう」のロケが来た時だけだ。

それ以外はノーチャンスだと思ってもらっていい。

小中高大。

四回もトライした僕が言うのだから間違いない。

でもね、僕はおかげで強くなったよ。

粘り強さ。忍耐力。

それを生かして政界を目指したんだ。

僕の魂は一度、いや四度死んだようなものだ。

もう何も怖くは無かった。

と思ったのが甘かった。

国会内での新人議員に対するいじめは

想像を絶するものだった。

五度堤防が決壊した。

何もかもが嫌になって、

僕はひとり国会議事堂の階段を昇った。

屋上から飛び降りて、派手に死んでやる。

それが僕が生きてきた証しになればいい。

そう思ったんだ。

だが、














そこに屋上は無かった。











ショートショート:目次へ



posted by layback at 00:28
| Comment(8) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。