おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「美食家」



「どうだいセンセイ? うまく出来そうかい?」

「ええ、いまやってますから、声を掛けないで下さい」

「頼みますよ。材料は抜群なんだから。あとはあんたのウデ次第だ。

その為にわざわざこんな山奥まで来てもらったんだからね」

「あなたがムリヤリ連れてきたんじゃないか!これは拉致でしょうが!」

「まぁまぁそう怒らずに。うまく料理してくれさえすれば、

わたしはハッピー、あんたも無事に家に帰れるんだ」

「だったら静かにしててください。集中力が必要なんです」

「そうだな。分かった。黙って見ていることにしよう。

これは台無しにされたら、二度と手に入らない代物だからね」

……

「とは言え、黙ってじっとしてるのも、なんだか居心地が悪いもんだ。

わたしが勝手に喋っているから、センセイはそいつに集中しててくれ。

なに、BGMだと思ってくれたらいいよ。

わたしは見かけの割りにいい声だろう?」

ブィィィン、ブィィィン。

……

「フ。早速無視ですか。いや、いい、いい。

相槌はいいから、そのまま料理を続けてくれ。

わたしはね、金にものを言わせて世界中の料理を食べ歩いてきた。

アジア、アフリカ、ヨーロッパ、北米、南米――

でもまぁ食うべきものがあるのは、まずアジアとヨーロッパか。

あとはどうも、日本人のわたしの口には合わなかったよ。

中国、韓国、台湾、ベトナム、タイ、トルコ――

ヨーロッパはやはり南部の方が美味いものが多いね。

きっと気候や享楽的な人々の気質と関係があるんだろう。

そうやって世界中を食べ尽くした訳だが、

結局一番美味かったのはなんだと思う?」

キュイーン、キュイーン。

……

「こ、米だよ。米。やはり日本人の血は争えないね。

美食の旅から帰ってきて食べる一膳の米が一番美味い。

なに、おかずなんて、なんだっていいのさ。

梅干だって、沢庵だって。

湯気を上げながら光り輝く米粒の塊を咀嚼して、

ほんのりとした甘みの余韻を楽しみながら飲み込む。

それが一番の幸せだってことに気付かされるんだよ。

海外生活が長引くとね。

センセイもそう感じたことはないかい?」

ギィィィィ、ギィィィィ。

……

「そ、そうやって、贅沢の限りを尽くしてきたわたしだが。

糖尿病を患ってからは、まるっきり生活が変わってしまった。

もう、それからは和食だけだ。カロリーを制限して、

味気のないものばかりを食べてきた。

まぁしつこいものは、身体が受け付けなかったから、

食べたいと言う気もあまり起きなかったがね。

だが、そうやって節制していても、

結局、病には勝てなかったんだよ。

先日、担当医に言い渡されてね。余命なんとかってヤツさ。

自ら歩んできた道だから、もちろん誰も責められない。

後悔もしていないんだがね。でも、ふと思いついたんだよ。

まだ食べてないものがあるじゃないか。

どうせ死ぬのなら、そいつをこの胃に収めてから死にたいって。

それでセンセイに来てもらったんだ。

手荒い真似をして申し訳なかったね。

どうだいセンセイ?そろそろ出来そうかい?」

「ええ、よいっしょっと。これで、なんとかなりますかね。

わたしもこんな経験は初めてですから、あとは責任を持てませんよ」

「おお。うんうん。いい感じじゃないですか。

弾力があって、美味そうな感触だ。さすがセンセイだな」

「あ、あまり強く触らない方が、いいと思いますよ」

「おっと。その通りだ。

では、早速いただくことにしますか。

センセイ、そこのワインを注いでもらえるかな。

ありがとう。あと、その純金製のスプーンを」

「どうぞ。少しずつ召し上がった方がいいかと思いますよ……」

「ああ。しかしこれは自分では見えないし、食べるのも難しいね」

クニュ。




……




「ど、どうです?」

「あああああ、なんと、 こ、これは、言葉にならないね」

クニュ。

「おおおおお、の、のうこうで舌にピリピリとくるような……」

クニュ。

「うううううん、せ、せんせいあんたぁめいいだなぁ……」

クニュ。

「はぁぁぁぁん、いきたままぁぁぁぁん」

クニュ。

「じぃぃぃぶぅぅぅんのぉ、のうぅみぃそぉぉぉん」

クニュ。

「うぁぁああああああ ああ あ あぁ ぁん……」











ショートショート:目次へ






「初めての人」



動きを止めた僕とサツキは、

ベッドの上で、寄り添うように肌を合わせ、

至近距離でお互いの瞳を見つめていた。

彼女の瞳は、思ってたより、ずっと茶色い。

付き合いだして三ヶ月目にして、

初めてそのことに気が付いた。

肌を触れ合う距離まで近付かないと、

分からないこともあるんだな。

ふと考える。

僕らはお互いのことを、

いったいどれだけ知っているのだろう。

彼女の焦げ茶色の髪をするりと撫でながら、

心の中で指折り数えてみた。

誕生日、血液型、好きなタレント、好きな食べ物。

好きなテレビ番組。好きなミュージシャン。

それに、

身長。

体重……、

いや、体重は訊いても教えてくれない。

女の子ってやつはまったく不可解だ。

そのままの体勢で、僕が彼女の上半身に覆いかぶさっていると、

淡いピンク色に頬を染めた彼女が、弱々しく口を開いた。

「なんだか恥ずかしいね」

「ほんとに初めてなの?」

「うん……、優しくしてね」

僕はしっかりと目標地点を確認し、

先っぽが反り上がったそれを、

彼女のそこにゆっくりとあてがった。

「あ、」

「大丈夫?痛かった?」

「ううん、少しだけ……、でも大丈夫」

「ゆっくり入れるから、また痛かったら言ってね」

「ありがとう。優しいね、ユウくん」

僕は少し時間をかけたものの、

ついに彼女の奥深くまで到達した。

「どう?動かしても平気?」

「うん。思ったほど痛くないかも。

こうやってくっついてると、本当に、

ユウくんの彼女になれたんだなって思うよ」

彼女は少し涙ぐんでいたかもしれない。

僕には見せないように顔を背けていたが。

「明るいから、全部見えてるよ。

でも恥ずかしがることないさ、とてもキレイだよ」

「やだ、もう!」

彼女はぺちんと僕の太腿を平手で叩いた。

僕はゆっくりと時間をかけて、

彼女の中を探索した。

「あ、そこ、気持ちいいかも……」

「このあたりかな?」

僕は彼女の反応を確かめながら、

少しずつ大胆に、それを前後に動かしてゆく。

そして、最後にはたくさん出た。

「はい。じゃあ、これで終わりね」

「ええー、もう終わりなの?」

「だって、こんなにたくさん出たんだよ?

次は僕の番でしょ?」

彼女は僕が差し出すティッシュペーパーを

受け取りながら、上体を起こした。

「ユウくん。ありがとう。

人に耳かきしてもらうのって……、気持ちいいね」











ショートショート:目次へ



posted by layback at 00:19
| Comment(2) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。