おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「車内の風景」



丁度、一週間前の火曜。

都内に住む丸川K子さんが、通勤途中に殺害された。

駅から会社に向かう途中に、ビルの間の路地に引き込まれ、

その場で何者かによって刺殺されたのだが、

目撃者が複数居たにも関わらず、

走って逃げた犯人は、いまだ捕まっていない。

私と長山さんは、事件当日の被害者の足取りをもう一度確認する為、

丸川さんの自宅から、彼女の勤務する会社までの道のりを辿っていた。

その途中、山の手線の車内での事だ。

ラッシュアワーもピークを少し過ぎた時間帯ではあったが、

丸川さんがいつも乗っていた車両は今も混みあっている。

まだこの時間でもスーツ姿のサラリーマンやOLが多かった。

チラホラと学生らしき姿も見える。

私は長山さんと横並びに吊革を持ち、

車内の人物の顔や風体を、さりげなくチェックしていた。

特に不審に見える人物は見当たらない。

だが、長山さんに感触を訊こうとしたとき、

座席の端の方に座る、ある一人の女性に目が留まった。

あろう事か彼女は、混みあっている電車の中で化粧ポーチを膝の上に置き、

スッピンの状態の顔をパシャパシャとやっている。

まさかここで化粧を最初から最後までするつもりなのか?

私の口はポカンと開いていたかもしれない。

隣の長山さんの存在も忘れ、慌しくアイテムを変えながら

突貫工事を続ける彼女の姿に、目が釘付けになっていた。

あれよあれよという間に地味だった顔が、

メリハリの効いたオンナの顔に仕上がっていく。

間違いなく美人の部類に入るだろう。

化粧後は。

まるで魔法使いだ。

その間、約10分ほどだっただろうか。

私は半ば感心し、半ば呆れながら、隣の長山さんに話しかけた。

「チョーさん。あれ。見てました?」

「ああ。まったく信じられんな」

長山さんも、首を横に振りながら呆れた様子だ。

「まったく、どうなってるんでしょうね、今の日本は。

電車の中であそこまでやっちゃうんですから。

朝はOLや女子高生があの調子でしょ。

他の乗客だって、マンガを読んだり、

携帯電話やゲーム機をいじってますし。

昼間は昼間で、床に座り込んでお菓子やマックを食べる若者。

靴のまま座席に上がる子供、それを注意しない親。

なんだか電車の中と家の中を、混同してるんじゃないですかねぇ。

どんどん電車が家に近付いていってるような気がしませんか?

このままだと、その内、電車の中でセ○クス始めたり、

ウ○コやオシ○コをしちゃう輩も出てきますよ、きっと」

私は話している内に感情的になっていたようだ。

長山さんに脇を小突かれる。

「こら、お前声がでかいよ。ほれ、みんな見てるぞ」

長山さんがアゴをしゃくる。

美人に変身したOLまでこちらを見ていた。

恥ずかしさに伏し目がちになりながら、

私は長山さんに小声でこう言った。

「でも、間違ってはないですよね。

電車は家じゃないんだぞ!って言ってやりたいですよ」

私が喋り終えるのとほぼ同時に、

駅への到着を報せるアナウンスが流れた。

「まあな。お前の気持ちもよく分かるが、

いいか? 電車ってのはな、結局、

ホームに辿り着くもんなんだよ。

さ、降りるぞ野村」

「はい」

さすがに上手いなチョーさん。

まだまだ学ぶべきことは多い。

私と長山さんはコートの襟を立て、

再び事件に向かう刑事の顔に戻った。















ショートショート:目次へ





posted by layback at 01:04
| Comment(6) | TrackBack(1) | ショートショート作品

「バントの名手」


「カワイ君のお陰だよ。オレ達が出会えたのも。

こうして結婚することが出来たのも。本当に感謝してるよ」

クロダは隣に座るユキの手を取りながらそう言った。

ユキもクロダの言葉に合わせるように、うんうんと頷いている。

「何言ってるの。僕は何もしてないじゃない。

それに、クロダ君とユキさんは式も入籍もまだ一ヶ月先でしょ。

まったく気が早いんだから」

カワイは柔和な笑顔を見せながら、先走り気味のクロダをからかった。

「いやいや、カワイ君がいなけりゃ、

オレとユキは出会ってさえいなかったんだから。

それにほら、オレがユキに想いを伝えられずにいた時も、

色々と協力してくれただろ? キミのアシストがなきゃ、

そもそも始まってない恋なんだって、な?」

ユキはその頃の事を思い出したのか、

クロダに話を振られても、照れくさそうに頷くだけだ。

「いや、アシストっていうよりも犠打かな?

ユキもオレたちの草野球の試合を観に来て知ってるだろ?

カワイ君のバントの巧い事。さすがバントの名手カワイだよ!

なんてチームのヤツらが喜んでたもんな。

この間の試合なんか、送りバント二つに犠牲フライ二つ、

挙句の果てに五打席目は振り逃げだったからなぁ。

ノーヒットであれだけ活躍するのはカワイ君くらいだよ」

「ねぇクロダ君。それってバカにしてないよね?」

カワイはビールの泡を口の周りに付けながら、楽しげな表情でそう言う。

「そりゃそうだよ。バントにしても犠牲フライにしても、

テレビで見てりゃ簡単そうだけど、実際には難しいからね」

「ありがとう。野球の話はさておき。

二人の幸せそうな顔が見れて僕も嬉しいよ。

少しは役に立てたのかな、って思うとなおさらね。

クロダ君。ユキさん。本当におめでとう!」

カワイはほんのり赤く染まった顔をくしゃくしゃにして、二人を祝福した。

クロダがカワイと出会ったのは半年ほど前。

地元の草野球チームの練習に彼が参加してきた時だった。

細身の身体に乗っかる撫で肩、そして優しそうな垂れ目からは、

想像できないほど、彼のプレーにはキレがあり、

守備もバッティングも小技が利くタイプのプレーヤーだった。

誰もが認める野球の実力や、柔らかな物腰のせいもあり、

カワイはすぐにチームに打ち解けた。

そんな彼が、ある週末に企画した飲み会。と言う名の合コン。

そこでクロダとユキは初めて出会った。

最初はお互いそれほど意識していなかったのだけれど、

二次会のカラオケが終わる頃には、

クロダの方が、ユキの顔から目が離せなくなるくらい急速に、恋に落ちていった。

実はその頃、ユキには別れきれない彼氏がいて、

少し揉めたりもしたのだが、カワイの好アシスト――

いや、ナイスバントだろうか―― のお陰で、

やがて二人は付き合い始めることになったのである。

クロダがカワイに感謝するのは、そういういきさつがあったからだ。


そして一ヵ月後――


結婚式会場で、受付の席に着くカワイが居た。

「カワイさん。どうもスミマセンねぇ。

ウチの息子とユキさんの間を取り持ってくださった上に、

受付係までお願いしてしまって。息子には甘えすぎよって、

叱ったんですが――」

「いえいえ、お母さん。気になさらないで下さい。

僕が何かお二人の役に立ちたかったもので、

自分でやらせてくれって頼んだんですよ。

あ。それより、今日は本当におめでとうございます。

クロダ君とユキさん、お似合いですよね。

僕も自分の事のように嬉しいです。

でも喜んでいるだけじゃなくて、

自分のお嫁さんも早く探さないといけないんですけどね」

「あらあら、カワイさんなら、

いくらでも素敵なお嫁さんが見つかるでしょうに。

今日はユキさんのお友達も沢山見えてるから、

もしかすると、いい出会いがあるかも――

なんて、ほほほほほ」

「ハハハハハ、そうだといいんですけどね。

でも、今日はしっかりと裏方として、お二人のサポートに集中しますよ。

だからお母さんは、どうぞ息子さんの元に行ってあげてください。

そろそろいい時間ですからね」

「あらいけない。ではカワイさんも受付が済んだら会場へ来て、

二人の晴れ姿を見てやってくださいね。あとはよろしくお願いします」

「はい、分かりました。では後ほど」

会場のエントランス付近に居た出席者達も、

ほとんど会場の中に入ったようだ。

やれやれ、いい人の振りも疲れるな。

カワイは辺りに人目が無いのを確認し、

集まった祝儀袋をまとめて紙袋に放り込んだ。

席を立ち、スタスタとその場を後にする。

こういう場合は、迷いや焦りを見せずに、

ごく普通の歩調で立ち去らなければならない。

建物を出て、歩道を駅の方角に向かいながら、

カワイはくすんだ白のネクタイを右手で緩めた。

クロダ君、ユキさん、おめでとう。

どうかお幸せに。

あ。一つ言い忘れてたけど、

オレは送りバントも犠牲フライも得意だが、

一番得意なのはスクイズ。

――squeeze――

つまり「搾り取る」ことなのさ。

脇役を一人失った会場では、

新郎新婦を迎える盛大な拍手が沸き起こっていた。












ショートショート:目次へ



posted by layback at 01:10
| Comment(8) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。