おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「砂漠」


暑い。

と言うより。

熱い。

と言った方が、より正確な表現かもしれない。

気が付くと私は、砂漠のど真ん中に、うつ伏せの状態で転がっていた。

汗ばんだ頬には細かい砂がこびりつき、

シャツの襟元から覗く首筋には、情け容赦なく陽の光が突き刺さっている。

首をもたげ、辺りを見回したが、形あるものは何も目に付かなかった。

あるのは、ただ空と太陽と砂。

いったい私の身に何が……

考えようとすると頭がひどく痛む。

私は、何故だか軋む身体にムチをくれ、上体を起こした。

三角座りの体勢で砂の上に座り込む。

尻にじんわりと焼けた砂の熱が伝わってくる。

頬に付いた砂を払い、身体のあちらこちらに触れてみた。

どこにも外傷は無い。骨が折れている訳でも無さそうだ。

いったい私の身に何が……

そうやって途方に暮れている間も、

熱を帯びた太陽の視線は、ひとときも休むことなく私に降り注いでいた。

そんなに睨みつけないでくれよ。

このままこの場所に座り込んでいても、身体の水分がどんどん失われていくだけだ。

そして最後には――

立ち上がれ。

そして、歩け。

頭の中からなのか、身体の奥深くからなのかは分からない。

生存本能と呼ばれるものが、私に語りかけているような気がした。

私はその言葉に無言で頷き、立ち上がった。

とりあえず、太陽の方向へ歩いてみよう。

まだ高い位置で威張り散らしている太陽に、

悪態をつきたい気持を抑えながら、よろよろと歩きだす。

歩きだしてからしばらく経ったところで、私は立ち止まり、後を振り返った。

目安になるものが何もない為、どの程度進んでいるのか、まったく把握できない。

それに、自分では太陽の方向に歩いているつもりでも、

実際にまっすぐ歩けているのだろうか?

ひどく不安になったが、確かめる術はなかった。

この調子だと、同じ所をぐるぐる回っていても気付きようがない。

広大な砂漠で遭難する者の気持ちが、初めてリアルに感じられた。

しかし、立ち止まっていても、死が迎えに来るだけだ。

それならいっそ、こちらから向かって行ってやろうじゃないか。

私が半ばやけくそ気味に、早足で歩きだすと、突然、足元の砂がズルッと動いた。

なんだ?

靴が一瞬で砂に飲まれる。

号令がかかったように周りの砂地が崩れ、一斉に動き出した。

あれよあれよという間に、目の前の平坦だった地形は、すり鉢状に凹んでゆく。

戻れ!

脳の指令を待つまでもなく、

本能の叫びに身体が応えようとするが、

すでにふくらはぎまで埋まってしまった私の足は、

踵を返すどころか、1ミリも動かすことが出来なかった。

私が両手を振り回し、もがいている間に、

すり鉢の中心部は、より深くその位置を下げ、

さらに加速度を増して砂を飲み込んでゆく。

私の身体は、抵抗空しく腰の位置まで埋まり、

ズルズルと横移動しながら下降していった。

まるで、下りのエスカレーターで運ばれてゆくように。

ダメだ。

すでに砂は私の顎のすぐ下まで迫り。

それまで下半身にかかっていた砂の圧力が、

少しずつ下の方向に開放されてゆくのが分かる。

ごぉぉぉぉぉ

砂漠が喉を鳴らしているのか?

飲み込まれる。

抗うことは出来ない。

口を閉じろ。

目を瞑れ。

鼻は――

どうしようもない。

手で押さえようとしたが、間に合わなかった。

熱い砂が顔に押し寄せ、

私の意識は闇に包まれた。






お前がそうやって寝てる間にも、

時は、砂のようにこぼれ落ちてゆくのだ。

さぁ。目を覚ませ。






暑い。

と言うより。

熱い。

と言った方が、より正確な表現かもしれない。

気が付くと私は、砂漠のど真ん中に、

うつ伏せの状態で転がっていた――











ショートショート:目次へ





「カウンターパンチ」


「あやちゃん。もう少しテレビから離れなさい」

「……」

「あやちゃん!」

「はーい」

珍しいな。

あやがボクシング中継を熱心に観るなんて。

子供には刺激が強すぎるので、

普段テレビで格闘技を観ることは少なかったが、

今日は何かと話題を振りまいている鮫田兄弟の世界戦だけに、

どうしても見逃したくなかったのだ。

しかし、たまにボクシングなどを流し観ていても、

あやはまるで関心を示さなかったのに。

いったいどういう風の吹き回しだろう。

「行けっ!」

「おい、そりゃ反則だろう!」

「こらレフリー! どこ見てるんだ!」

「あやちゃん! もう少し離れて観なさい!」

熱中するあまり、独りで大声を出すわたしをよそに、

あやは黙ったまま、へばり付くように画面を注視していた。

「あっ!」

と、突然あやが声を出した。

「どうした?」

画面には観客席が大写しになっている。

あやのかわいい指は、ある一点を指していた。

「ひろみちおにいさん!」

「え?」

もしかして、そのなんとかおにいさんをずっと見ていたのか?

画面が切り替わり、激しいパンチの応酬が映される。

あやはカーペットに両手を突き、

前のめりになって、画面に集中していた。

やがて引きの画面からズームされ、

再び観客席が大写しになった。

「ひろみちおにいさん!」

また画面を指差している。

「あやは目がいいねぇ」

「だって、あやのいちばんすきなひとだもん」

バ、バカな……

「あ、あやちゃんは、パパと結婚するんじゃないの?」

動揺で思わず声が震える。

「けっこんとれんあいはちがうの!」

む、娘よ……

いったいどこでそんなセリフを覚えてきたんだい?

声にならない想いがこみ上げてくる。

もう胸が張り裂けそうだ。

その時だ。

くすりと笑う声が背後で聞こえた。

振り返ると、妻がニヤリと口角を上げていた。











実はこれシリーズです。
アヤちゃん @ A B



ショートショート:目次へ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。