おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「BOX」


もう我慢できない。

地下鉄の車内で、ユウジは額に脂汗を浮かべていた。

下腹部に力を込め、必死に門を閉ざそうとするが、

もうダメ。

もうムリ。

気を抜くと、一気に突破されそうだ。

うううううう……

顔が青ざめてきた所で、車両が駅に到着した。

さぁ、走れっ!

という訳には行かないのがツライところだ。

走るときっと、その振動に耐えられないだろうし、

かと言って、歩いているとタイムアップになりそうだった。

このジレンマ。

くううううう……

ユウジは内股気味になりながら、よろよろとエスカレーターに向かった。

もう少し。あと少し。

トイレは昇りきってすぐ左手だ。

ふぅ。なんとか間に合った。

しかし、ここで気を抜くとまずいのだ。まだ――

@大用のボックスに入り。

Aベルトを緩め。

Bズボンを下ろす。

この三つの行程をクリアしなければならないのだから。

ここで油断し、粗相したことのある者は多いはずだ。

みな口にはしないが、間違いなく一度は経験があるだろう。

ユウジは三つの行程を少しでも短縮するために、

ベルトのバックルを片手で緩めながらボックスへと入った。

和式は苦手だったが、そんな悠長な事は言ってられない。

便器を跨ぎ、ズボンとトランクスを同時に膝まで下ろす。

目の前の壁に左手を突いて、バランスを取りながら全てを開放した。

堰を切ったように――

――以下省略。

はぁ。スッキリ。

ペーパーで後始末をしようとした時だ。

壁に突いた手の指の隙間に文字が見えた。

ん? 落書きか。

どうせHなヤツでしょ。

“このオンナ↓すぐヤラせてくれます。

×××ー××××ー××××” みたいな。

左手を少しずらしてみた。

“左を見ろ”

出たっ。これもよくありがちなヤツだ。

最後には必ず肩透かしを食らうのだが、ついつい見てしまうのが人の性。

ユウジが左側の壁を見ると、ちょうど目の高さに次の指示が書いてある。

“右を見ろ”

そうそう、こうやって振り回されるんだよな。

180°首を回し、右側の壁を見る。今度は――

“後を見ろ” 

そのまま肩越しに後を振り返ると――

ドアの裏側には何も書かれていなかった。

クソっ、何だよ。やっぱ肩透かしか。

ユウジは前を向き、手早くお尻の後始末を済ませた。

レバーを足で踏み、水を流す。

ベルトを締め、ボックスから出ようとしたところで、

ユウジの目に小さな文字が飛び込んで来た。

ここだけは上に書かれていたのか。

これでは立ち上がらないと見えない。

“清掃用具入れのドア。足元を見ろ”

おいおい。なんだそりゃ。

ユウジの頭の中を「?」マークがくるくると回っていた。

あきらかにおかしな悪戯だよな。

ボックスから出ると、小用を足している中年男性が一人いた。

今は指示を見れない。

ここでしゃがみ込んでいたら、かなり不審人物だ。

ハンカチを口に咥え、手を洗いながら、

ユウジはそわそわと落ち着かない気分になっていた。

持ち前の好奇心が首をもたげてきている。

中年男性は長い用を足すと、手も洗わずにトイレを後にした。

人気が消えた今がチャンスだ。

ユウジは清掃用具入れに駆け寄った。

後を気にしながら、しゃがんで小さく書かれた文字を読む。

“改札を出てすぐ左、コインロッカー21の上を見ろ”

ますます謎が深まる。

ただの悪戯なのか?

それとも何か目的があるのか?

ユウジは腹をくくり、謎の指示を追いかけてみる事にした。

トイレを後にし、改札を出て、まっすぐコインロッカーへ向かう。

21。一番上のボックスだ。

金属製の扉には何も書かれていない。

少し背伸びし、右手でボックスの上をまさぐってみる。

埃が指にまとわりつくが、構わず手を伸ばすと指先に何かが触れた。

カチャリ。

なんとなく予想はしていたが、やはり。

コインロッカーのキーだ。

21。この目の前のボックスかよ。

ん? プラスチックのタグの裏に、小さな紙片が貼られている。

親指の爪大の紙に、細かな字で書かれていたのは――

“扉を開けろ”

おいおいおいおい。なんなんだよ。

でも、ここまで来たら、開けるしかないよな。

一瞬このまま踵を返そうかとも考えたが、やはり好奇心が勝ってしまった。

ユウジは銀色のキーを鍵穴に挿し込み、そろそろと扉を開けた。

ボックスの奥の方に、新聞紙で包まれた塊が見える。

取り出そうとして、そいつを右手で掴んだ。

え?

サイズの割りに、ズシリと重い。

まさか――

「動くなっ!」

突然の大声に驚き、ユウジは思わず後を振り返った。

ダークスーツを着た男達が、リボルバーを手にユウジを取り囲んでいる。

「両手を挙げろ!」

その内の一人が、力無く挙げられたユウジの手から、荒々しく新聞紙の包みをもぎ取った。

男はそのまま白い手袋をはめた手で包みを広げる。

黒光りする銃身が顔を覗かせた。

「いや、ち、違うんだ! オレは――」

「黙れ! 拳銃不法所持で現行犯逮捕する」

ユウジは二人の刑事に両脇を抱えられ、ポリスボックスへ引きずられて行く。

そんな改札の外の喧騒をよそに、駅構内の男子トイレでは――

大きなマスクを付け、ゴシゴシと壁を磨く清掃夫がいた。

ユウジはその後も必死に弁解を続けたが、

説明を裏付ける落書きはついに発見されず、

数ヵ月後、彼はブタ箱に放り込まれた。












ショートショート:目次へ





「アラーム」


「マァくん。これあげる」

「え? オレまだ誕生日ちゃうで?」

「そんなん分かってるよ。いちお彼女やねんから」

「いちおってなんやねん。いちおって」

「まぁまぁ。またドッジボールしたくないやろ?」

「そらそやわ。こないだはどつかれ損やもん」

「だって顔面セーフやろ?」

「あほ。もうそれはええって。ほんで何なん? この包み」

「まぁ、開けてみてよ。プレゼントやから」

「分かった分かった。せやけど珍しいなぁ、

ユイがオレにプレゼントなんて」

「ちょっと。人を鬼嫁みたいに言わんといてよ」

「お。腕時計やん。ありがとう、デジタルのん欲しかってん」

「マァくん前から言うてたもんね。

ウチが箱持ってるから、それ着けてみて」

「ん? おお。これ黒いし、シンプルやから着けやすいな」

「どう? 何の時計か分かる?」

「え? 腕時計やろ?」

「あほ。それは見たら分かるやんか」

「ほななんやねんな。そんな得意げな顔して」

「知りたい? 知りたい? うふ」

「きもいって」

  ☆

「痛っ! 分かった分かった、参りました。教えてください」

「最初からそう言うたらええの。

あんな。マァくんいつも、目覚めが悪い悪い言うてたやろ?

ちょっと調べてみたら、人の眠りにはな、

レム睡眠とノンレム睡眠っていう二つの状態があって――

あ。簡単に言うと、レム睡眠は浅い眠り。

ノンレム睡眠は深い眠りやからね」

「ほうほう。ほんで?」

「それでな、人が寝てる間に、

二つの状態が交互にやってくるわけやけど、

レム睡眠の時にタイミング良く起きると、

さわやかな目覚めが得られるねんて」

「なるほどなぁ。ほなオレはいつもノンレム睡眠の時に起きてたってことか」

「多分、そうと違うかなって思ったんよ。

さぁ、そこで取り寄せましたのがこの腕時計だ!」

「なんでそこで寅さんになるん?」

「で、その腕時計はスリープトラッカーって名前やねんけど――」

「スルーかよ」

「うるさい。要するにこれを着けて寝ると、

マァくんのレム睡眠状態を察知してくれるんよ。

それで設定時間内にアラームが鳴るってわけ」

「まじで? めっちゃかしこいやん。コイツ」

「これでマァくんも気持ちいいタイミングで起きれるんと違う?

はぁ〜〜。なんかウチ、いいお嫁さんになれそうやわ〜〜」

「へぇー、大したもんやなぁ」

「スルーか!」

「なんせありがとう。めっちゃ嬉しいわ」


 ☆ ☆ ☆


「おはよマァくん。どうやった?

あれから一週間やけど、気持ちよく起きれてる??」

「う、うん。まぁ……」

「なに? なんなんよ? はっきり言いなさい」

「いや、昨日はたまたまエッチな夢見ててな、

おお〜。めっちゃ気持ちええ〜。

あ、もうすぐっ!

って所でピピピピピピピピピピピッ! って鳴りよんねん」

「ちょっと、なによそれ。相手は誰!」

「いや昨日は鈴木Eみちゃんと……」

「もういい。じゃあ一昨日はどうやったの!」

「一昨日は北川K子ちゃんと……」

「ちょっと、あんた毎日どんな夢見てるん!?」

「いやほんま、こいつな、一番気持ちいいトコロでピピピ――」

 ☆

「痛っ!」

「ヘンタイ! もうあんたなんか知らんわ!」












実はこれ。シリーズです。
ユイとマァくん@A


ショートショート:目次へ


posted by layback at 23:25
| Comment(6) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。