おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「Paint It Black」


「アニキ、やっぱ山の上まで来ると、空気が違いますね」

「おう。まぁこんな事でもなきゃ、来るこたぁない場所だわな」

「倒産整理っつっても、さすがに牧場はなかなか無いですもんね」

「ところでヤス、ブローカーの森田には連絡したんだろうな」

「ええ、ちゃんと昨日のうちに電話したんですが、おかしいな……。

もう12時なのに、まだ姿が見えないですね」

「ヤツがこなきゃ、このウシさんたちの面倒どうすんだって話だからな」

「まったくその通りですぜ」

『モォ〜〜〜〜』

ブゥ〜〜ン

キキ〜〜

バタン。

「いやー。申し訳ない! 遅くなりました。ワタクシが森田です」

「あんたが森田さんか。遅いじゃねーか、待ちくたびれたぜ」

「いえ、ちょっと道が混んでましてね」

「フン、嘘くせぇ言い訳だが、ま。いいだろ」

「では、早速見せてもらいましょうか」

「今回、あんたに捌いてもらいたいのは、こいつらだ」

「ははぁ、みんなホルスタインですな。全部で何頭でしょう?」

「60頭だ。この柵の中で放されてるのが55頭。あと牛舎に5頭いたな」

「ははぁ、では、みんなホルスタインって訳ですな」

「見りゃ分かるだろ? 牛舎の中のヤツらもみんな白黒だったよ」

「うーん、申し上げにくいんですがねぇ。

ぶっちゃけ今、ホルスタインは売れないんですよ。まったく」

「なんだと? そこをなんとかするのがてめぇの仕事だろうが」

「いえ、うーん、いや、ね。そうは言いましてもね。困りますなぁ。

これが黒毛和牛ならねぇ。引く手数多なのですが。

輸送費やらなんやらで、経費もバカにならんのですよ。

仮に売れたとしても、足は出てしまうでしょうな」

「てめぇ、じゃあこのウシさん達をいったいどうしろってんだ!」

「まぁ、シメてそこいらの精肉所でミンチにでも混ぜますか?

いや、バカな消費者にはバレやしないですよ。ハハハハハ」

「てめぇ……。おいヤス! ちょっと来い」

「はい! アニキッ」

「お前ちょっとこれで……、ひとっ走り行って来い!」

「は、はぁ……」  

!!

「なるほど! さすがアニキ! では、すぐ戻りますんで!」

「森田さんよぉ、ま、ヤスが帰ってくるまで、しばらく一服しようや」


 ☆   ☆   ☆


「アニキ、お待たせしました!」

「よしヤス、買ってきたそいつをよこせ」

「どうぞ!」

ペイントスプレー【黒】

「おう。森田さんよ、黒毛和牛なら売れるんだな?」

ビリッ ベリッ

「え? そりゃまぁそうですが……、いったい何を……」

パカッ 

プシュ〜〜〜〜〜〜ッ

「わ! わ! ヤ、ヤメてくださいっ!」

「え? どうだ? その黒いメガネで見りゃあ、みんな黒毛和牛に見えるだろ。

ん? それとも何か? メガネだけじゃあなく体中どす黒く変色させてみるか?

気にすんな。最後にゃミンチに混ぜてやるからよ」

「見えます! 見えます! 全部黒毛和牛です!」

「分かりゃいいんだよ。

金はいい。ウシさん達が安心して暮らせるトコを、

世話してやって……くれるかな!?」

「わ、分かりました!」

「違う。世話してやって……くれるかな!?」

「い、いいとも〜〜!」











実はコレ続編です。
アニキ@ABC D



ショートショート:目次へ






「ニホンゴ」


「おっすピーター!」

「Hi、タケシ。ドウシマシタ?」

「お前昨日昼間っぱらから、また違うオンナ連れ込んでただろ?」

「マタとはナンデスカ、マタとは」

「お前もほんっと好きだよなー。ウヒヒ、コノコノー」

「チョ、チョット、コヅクのヤメテクダサイヨ」

「でもお前やっぱスゲーよな」

「エ? ナニがデスカ?」

「昼間に渋谷のホテル街歩いててさー、恥ずかしくないのかよ?」

「ソレは、ボクだって……、

アナがあったらハイリタイだけデスヨ」

「……。

それって意味違くね?」











ショートショート:目次へ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。