おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「ミミズ千匹」


はぁードキドキするなぁ。

彼女の事を考えるだけで胸が高鳴る。

駅の改札を通り抜けたカズヤは、歩きながら携帯に保存している画像を見る。

いったい今日何度目だろう。

液晶画面の中からカズヤに上目遣いで微笑んでいるのは、

出会い系サイトで知り合ったユミちゃん。

3日前に、初めて写メ送って貰ったんだけど。

かわいいんだよなぁ。

とても30歳には見えないもん。

カズヤの頬がひとりでに緩む。

だが、深夜に彼女から送られてくるメールの中身は、たしかに大人の女性のものだった。

若い子だとなかなか、あそこまで直接的な表現はしないだろう。

「昔からよく名器だって言われるんだ♪

カズノコ天井とか、ミミズ千匹とか^^

でも男の人って、よくそんな言葉考えつくよね(笑)」

だって!

バカ、今は外だぞ、落ち着けオレ。

カズヤは自分を叱りつける。

でも興奮するのも仕方がない。

そのユミちゃんと、今日やっと会えるのだから。

この1ヶ月間メールのやりとりだけで、よく頑張ったものだ。

いつもはダラっとした服装ばかりのカズヤだったが、

今日はパリっとしたストライプシャツを着て、好印象を与えようと目論んでいた。

やっぱり第一印象が肝心だ。

おっと、あぶね。

携帯ばかり見ていると、あやうく通行人にぶつかりそうになった。

ちっ。と舌打ちが飛んでくる。

はぁーやだやだ。愛が無いヤツって。

カズヤは携帯をパンツのポケットに仕舞い、待ち合わせの場所へ向け、足を速めた。

多くの人で賑わう駅の建物を出ると、

10年ほど前に建てられた商業ビルが、どーんと視界に入ってくる。

今日は、そのビルの中にあるカフェで待ち合わせだ。

右手につけた腕時計を見る。おそらく5分前には着くだろう。

カズヤはホッと一息ついて、建物の2階部分へ繋がるエスカレーターに乗った。

ステップの左側に寄って立ち止まり、薄汚れた赤い手すりを掴む。

会ったらまず、改めて自己紹介するだろ。

それから、えーと、メールで盛り上がったエヴァの話をしてー……

それから、えーと、えーと……

カズヤはまるで上の空だった。

エスカレーターが2階に着くことに、まったく気付いていなかった。

ステップの奥に置かれたカズヤの左の足先は、

段差の部分に開いた10pほどの亀裂――

(なにか金属製の物が当たって出来たのだろう)に、

すっぽりと嵌っているのに。

カズヤが、自らのつま先を襲った痛みに気づいた時には既に手遅れだった。

旧いながらも10年間、来る日も来る日も実直に人々を運んできた機械は、

カズヤの左足程度の抵抗で、自らの仕事を投げ出さない。

キリキリ、ゴリゴリと部品をきしませながら、

ウォォォォンと唸りをあげ、ゆっくりとカズヤの身体を飲み込んでゆく。
 
不運な事に、その時エスカレーターに乗っているのは、カズヤ一人だけだった。

「ごあっ! 誰かっ! 誰かっ!? 助け、ぎゃあぁぁぁぁぁっ!!」

男の口から出たとは思えない金切り声に気付いた人々が、

続々とエスカレーターの周りに集まってくる。

だがその時にはもう、カズヤの肉体は、この世に存在しなかった。

エスカレーターの降り口の縁にはポツンと携帯電話が転がり、

ただカタカタと、空しい音を辺りに響かせているだけである。

――数秒後。

乗り場付近で、何事かとざわめく群集の足元で、突然何かがうごめいた。

地面からせり上がってくるステップと共に、

数百匹、いや数千匹のミミズが押し出されてくる。

まるで、パスタマシンのような要領で。

機械は黙々とそいつらを押し出してくる。

血まみれのそいつらを。













ショートショート:目次へ




posted by layback at 01:56
| Comment(6) | TrackBack(0) | ショートショート作品

「その山の名は」


僕はきっと、雪山へ来て浮かれていたんだろうな。

今の君と同じように、軽い気持ちだったんだよ。

まさか、あんな事になるなんて思やしないさ、

だって、ほんの小さな雪玉だったのに。

両手で握りしめたその雪玉を、

希望に見立てて自分の未来に投げてみた。

ただそれだけなのに。

それが斜面をゴロゴロと転がっていく内に、どんどんと大きくなって。

帰りの道を完全に塞いでしまうなんて。

挙句の果てに、雪玉が引き起こした雪崩で、

両親や祖父母、兄や妹まで巻き込んでしまうなんて。

そんな大事になるとは、思いもしなかったんだよ。

退路を立たれた僕は、もう山頂へ向かって登るしかなかった。

なんとか上まで行って、助けを呼ぼうと考えたのさ。

僕は、這う這うの体で山頂に辿り着き、そこで一人の男と出会った。

彼に教えてもらって、僕は初めてこの山の名前を知ったんだ。

結果的に、僕は命拾いをしたのだけれど、

その代償として多くのものを失った。

だからこそ、僕は君に忠告するんだ。

今ならまだ間に合う。

軽い気持ちで、消費者金融を利用するのは止めなさい。

君が今登ろうとしている山の名は、

自己破山なのだから。












ショートショート:目次へ

posted by layback at 19:26
| Comment(6) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。