おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「三者面談」


さぁ帰るぞぉー。

ヒロシはホームルームで配られた一枚のプリントを二つ折りにし、バッグにしまった。

三者面談か。ったく、ダルいよなぁ。

先生と母親と一緒に話をするなんて、気まずい事この上ない。

思わずヒロシの眉間に皺が寄る。

ま、いいや。今日はクラブも休みだし。

ソッコー家に帰ってゲームすっぞ。

ヒロシが急ぎ足で帰宅すると、母親はリビングで料理の本を読んでいた。

「ただいま」

「あら、おかえり」

「母さん、これプリント。三者面談だってさ」

「あ、そう」

気の無い返事。

ヒロシの母親は、受け取ったプリントを広げ、チラリと見たものの、

また二つ折りにして脇へと置いた。

そっけない態度。

ま、いいや。ゲームゲームっと。

ヒロシは母のリアクションを気にもかけず、階段を駆け上がった。


  ☆     ☆     ☆


そして、面談当日――

「え? 今日から三者面談? マジ?」

うへぇー、カンペキ忘れてた。

ってか、母さん覚えてんのかな?

ヒロシは不安になる。

放課後になると校門で、そわそわしながら母親を待ったのだが、一向に姿は見えない。

おかしい。さっき家に電話をかけても誰も出なかったのに。

面談の時間はどんどん迫ってくる。

えーい、こりゃ俺だけでも先に行っておいた方がいいな。

ヒロシが駆け足で教室に戻り、そっと扉を開けようとすると、

中からトップバッターのアキラが出てきた。

「おーアキラ、面談どうだった?」

「おう、気まずかったぜー」

「やっぱりそうか。あれ? お前も一人かよ?」

はぁ?

何言ってんだコイツ?

アキラはそんな表情でヒロシの顔を見つめた。

「じゃあな」

アキラはヒロシの肩をぽんと叩き、そのまま帰っていった。

なんだアイツ?

ヒロシは気を取り直して、教室の扉を開いた。

「失礼します」

教室のほぼ中央、向かい合わせに置かれた机の一つに、

ネズミ色のスーツを着た男が一人座っていた。

顔を上げた男と目が合う。

「失礼しました」

ヒロシは扉を閉めた。

誰だ? アレ。

見た事の無い人だった。

ヒロシは頭上を見上げ、教室を確認した。

3−B。

合ってるじゃん。

ヒロシはもう一度、おずおずと扉を開いた。

「あのぉー……」

「やぁ。イノウエヒロシ君だね?」

「あ、はい、そうです」

「どうぞ。次はキミの番だよ。さぁ、座りたまえ」

男は立ち上がり、両手を広げてヒロシを迎え入れようとしている。

ヒロシは戸惑いながらも席に着いた。

「あのぉー、担任のヤマモト先生は……」

「ん? キミはプリントをちゃんと見てなかったのかな?」

「三者面談ですよね? 実は母親がちょっと遅れてて……」

男が右手でヒロシの言葉を止める。

「いいかい? 今日は――

第三者面談なんだよ」









ショートショート:目次へ



posted by layback at 01:34
| Comment(6) | TrackBack(0) | ショートショート作品

「人生訓」


「もう、おとうちゃん、飲みすぎだよ」

「うぃ〜。マサル! ちょっとこっちにきなさい」

「ええ? なんなの?」

「いいからこっちにきなさい。

いいか? マサル。人生ってのはな、

長ぁーい道のりを、クルマで走るようなもんだ」

「ええ? なんのはなし??」

「人生という道のりを走るクルマのパーツはな、

いわば家族であり、友達であり、

はたまた恋や、努力、勇気であったりするわけだ」

「ええ? さっぱり意味わかんないよぉ」

「バカだなぁお前。いいか? 例えば家族はタイヤ、いやエンジンかな?

恋はアクセル、友達は、ハンドルってとこか。

ま、人それぞれだが、要するに、

どれが欠けても、うまく走ることができない。

つまり、それらのもんを大事にして生きていきなさいって、

父ちゃんは言ってるんだよ! うぃ〜、ひっく!」

「わかったよぉ、じゃあさ、おとうちゃんにとって

一番大事な部品はなんなの??」

「ん? そりゃーお前……

ガソリンだろ。うぃ〜ひっく!」

「……」










ショートショート:目次へ


posted by layback at 01:26
| Comment(4) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。