おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「FA宣言」


俺とカメラマンの葛城は、

甲子園で行われた阪神戦の取材を終え、

大阪北新地のBARを訪れた。

「ハイお疲れ〜」

生ビールのジョッキをカチンと合わせる。

「いやぁ、シビれましたね、まさかサヨナラで決着とは」

葛城が泡を唇の端に付けたまま顔をほころばせる。

「おう、入れ込みすぎて、思わず取材の事忘れそうになったな」

そう答えた俺の頬も、きっと緩んでいたことだろう。

「延長にもならずに9回でカタがついて良かったですね」

「投手戦で結局1-0だったからな、早く帰れて万々歳だよ」

今日のように、ナイター取材が早く終わる事はとても珍しかった。

仕事から解放された喜びで、ついついジョッキを空けるペースも速くなる。

俺がカウンターを振り返り、お代わりを頼もうとすると。

ん?

視界の右端に、なにやら大きな物体が……

いや、違う。

それは壁のように広い人間の背中だった。

「おい葛城。あれ、見てみろ」

「え? なんですか?」

「カウンターの端に座ってるの。あれキヨムラじゃないか?」

「あ、ほんとですね、あのデカい後姿は間違えようがないですもん」

「なんだか隣の女の子と揉めてるようだな」

痛めた膝の治療の為、キヨムラは今、二軍で調整中のはずだ。

今シーズン中の復帰はもう絶望的だという話もある。

そのキヨムラが連れのオンナと口論になっている。

声は押し殺しているものの、二人の険悪な雰囲気は、こちらへも十分に伝わってきた。

「ケンカですかね?」

「ああ、これはネタになるな」

俺と葛城は、さりげなくカウンター近くのテーブルへと席を移動した。

キヨムラの低い声が、かすかに聞こえる。

「だから、昨日はなんで電話に出んかったんや?」

「友達の家に遊びに行ってたって言うてるやんか!」

興奮してきたからか、返すオンナの声が大きくなる。

「お前、そのあと電源切ってたやないか」

「うるさいなぁ、あんたみたいに束縛する男知らんわ」

「ほれみてみぃ、他の男と会うてたんやろうが!」

バシャ。

オンナがキヨムラの顔にグラスの中身をぶちまけた。

これには二人の様子を窺っていた俺たちも、さすがに驚いた。

まるで下手なドラマのワンシーンだ。

「もういい! ウンザリやわ、ワタシは自由の身になるから!」

『おーっと、キヨムラ選手、恋人からFA宣言でーす』

にやけた葛城が、俺の方を見ながら小声で実況中継する。

『コラ、悪ノリするな、気付かれるだろうが』

つい俺も葛城に合わせるように小声になった。

カクテルシャワーを浴びたキヨムラは、マスターからタオルを受け取り、

憮然とした表情で、いかつい顔と坊主頭を拭いている。

「キヨさん、追いかけなくて良かったんですか?」

ヒゲを生やしたマスターが、キヨムラに声をかける。

「ああ、もうええんや。あんなオンナ」

「かわいくて、スタイルもいい言うて、自慢してはったじゃないですか」

「あのオンナはスタイルはいいけど、性格は最悪や」

吐き捨てるようにキヨムラが言う。

返答に困ったマスターは肩をすくめていたが、キヨムラは気にせず続けた。

「やっぱりオッパイの大きさでオンナを選んだらあかんな。

マスター、ワイはもう決めたで、次からは性格重視や。

優しくて浮気をせんオンナやったら、

FカップであろうとAカップであろうとかまへんわ!」

『おい、今の聞いたか? 葛城』

『はい、しっかりと!』

『明日の見出し、決まったな』

キヨムラ、夜もFA宣言

『輪転機、まだ間に合うな?』

『ええ、急ぎましょう』

「マスター! お勘定!」












ショートショート:目次へ




posted by layback at 00:26
| Comment(2) | TrackBack(0) | ショートショート作品

「神前式」


「なぁ。なんかこの式おかしくねーか?」

「なに言ってるのよ、日本の伝統に乗っ取った立派な式じゃないの。
ウェディングドレスを着て、教会で式を挙げるのも女の憧れだけど、
神前式も気が引き締まる感じがして、なかなかいいもんじゃない」

私の説明に納得するでも無く、
明はまだ首をかしげて、鼻をひくひくさせていた。

「いや、なんかおかしな匂いがするんだよなぁ」

私はその無神経な物言いに蓋をするべく、
ヤツの鼻を思いっきりつまんでやった。

「んが、んが、んオイ! ヤメろって!」

この人は悪い人じゃないんだけど、
時々デリカシーの無い発言をするもんだから、
こういうフォーマルな場では気が気では無かった。
確かになぜだか、勘の鋭いところはあるんだけどね。

私は勤め先の後輩の結婚式に出席していた。
丁度身体の空いていた明も連れてきたわけだが、やはり失敗だったか。

新婦はキリリと吊り上がった目元が涼やかで、
肌の色が透き通るように白く、社内でも目を引く美人だった。
仕事以外のプライベートで絡んだ事はほとんど無かったが、
どことなく陰のある彼女の雰囲気は、
何か重たいものを背負っているようにも感じられた。

周りに知られてはならない何かを……

晴天の中、式は滞りなく順調に進んだ。
最後に写真撮影を行うという事で、出席者全員が、中庭へと案内された。

見事に整備された日本庭園だ。
敷き詰められた砂利を踏みながら、全員が所定の場所へ揃う。
カメラマンと進行役の女性の指示に従って整列させられる。
ざわつきが収まりかけたその時、私の頬を冷たい雫が叩いた。

雨?

周りの者も手のひらを上に向け、空を仰いでいた。
まぶしく太陽が照っているにも拘わらず、ポツポツと小さな雨粒が落ちてきた。

「皆さーん! 急ぎますよー! カメラを見てくださーい」

カメラマンの急かす声で出席者達は我に帰った。
残り数枚分の写真撮影が、駆け足で行われた。

「では、これで集合写真はラストになりまーす」

皆の視線がレンズに集中し、最後のシャッターが切られる。

コーン。

シャッター音に被るように、中庭の隅の方から、竹が石を打つ乾いた音が響いた。

きっと誰も気付かなかったのかも知れない。
だが、新郎の真後に立っていた私は見逃さなかった。
彼の肩がその音に過剰に反応し、震えていた事を。

帰りの電車に揺られながら、私は考えていた。
あの写真には、一体何が写っているのだろう?

なんて、まさかね。
考えすぎの自分がおかしくなった。
隣に座る明が、首をかしげながら口を開く。

「なぁ、なんかおかしな式だったよな?
あの二人ってもしかして、人間じゃないんじゃ……」

私は明が全てを言い終わる前に、ヤツの頭をはたいた。












ショートショート:目次へ


posted by layback at 12:35
| Comment(6) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。