おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「死にたい……」


そう呟いてみる。

窓の外では、そんなしけた台詞を嘲笑うかのように枯葉が舞っていた。

俺の生きてる理由は一体なんだ?

最近なにもやる気がしない。

今日もだらだらしながら一日が過ぎていく。

BGMがわりにテレビをつけ、横になっていると、腹も減りやしない。

もう何日も他人と会話していなかった。

昨日は、玄関のベルが2度鳴ったが、もちろん居留守でやり過ごした。

もう、立ち上がることすら億劫なんだ。

ブラウン管の中では、深刻な顔と軽薄な顔を、

器用に使い分ける司会者が、番組を進行していた。

よく死亡事故のニュースの後に、そんなくだらない話題を繰り出せるな。

そう心の中で呟きながら、リモコンに手を伸ばす。

ここならまだマシかとチャンネルを切り替えた。

大男が2人、画面中央で睨み合っている。

九州場所だな。

ご当地力士への声援が飛ぶ。

「待ったなし!」

行司の声が響いた。

一瞬の静寂の後、両者が激しくぶつかりあった。

頭を下げて当たった力士が一気に押し込む。

ひいきの力士のピンチに、客席からは悲鳴が上がった。

声援の後押しも受けてか、地元力士が土俵際で粘る。

この力士は小兵だが、粘り腰で、小技の効くところがある。

一瞬。彼の目がキラリと光ったように見えた。

相手力士ががぶり寄る力を上手く利用し、

後に倒れこみながら相手に投げを打った。

見事なうっちゃりだ。

両者がもつれ合うように土俵下に落ちてゆく。

だが軍配は、押し込んだ力士の方に上がっていた。

間髪を入れず、勝負審判が手を挙げる。

館内がざわめくなか、土俵上で審議が行われる。

結論が出たようだ。

マイクを握る審判長の説明に、その場にいる全員が耳を澄ませた。

「ただいまの取り組みについて、説明いたします。

土俵下に落ちたのが同体ではないか。との物言いが付きましたが……

×××の体勢が既に死んでおりましたので、軍配通りといたします」

死に体か。

どよめく館内に座布団が舞っていた。









ショートショート:目次へ




posted by layback at 02:05
| Comment(6) | TrackBack(0) | ショートショート作品

「愛娘」


敦士は疲れきった足どりで、階段を昇っていた。

残業残業残業残業。

踏み出す足のリズムに合わせるように、何度も呟いてみる。

こんな生活が、いったい何日続いているのだろう。

もはや数えるのもやめてしまっていた。

しかし、この鉛のように体にのしかかる疲れも、

もうすぐ1歳になる藍子の表情を見ていると、

その間だけは忘れてしまうから不思議なものだ。

古い団地の階段を昇り、ドアの鍵を開ける。

「ただいま」

小さな声で言ってみるが、返事は帰ってこない。

靴紐も解かず、かかとを擦り合わせるようにして靴を脱ぐ。

薄暗いダイニングを抜け、明かりのついたリビングへと歩を進める。

茶色い皮製のソファには、生江が呆然とした表情で座っていた。

「ただいま」

「……」

返事はない。

「おい。洗濯物も畳まずになんだよ」

「……」

やはり無言である。

さすがに違和感を感じた敦士は、

黙り込んだままの生江の視線の先を追ってみた。

「あ、藍子……?」

ボロ布の様に変わり果てた藍子の姿が目に飛び込んできた。

「おい! 藍子っ! 藍子っ!?」

「もう、疲れちゃったの……」

ぼそっと敦士の背後で生江がこぼす。

「お前、なんて事をするんだよ!

大事に大事に育ててきたのに……、

何を考えて、こんなひどい……」

最後の方は声にならなかった。

敦士はデニムを胸に抱き、色落ちの具合を確かめる。

それは、もう昨日までの藍子では無かった。

嗚咽と共に涙がこぼれ、生地に小さな丸い染みがぽつりと残る。

「お前、オレのジーパンは洗うなって、あれほど言っただろうがっ!」

「あんた、お母さんに、お前ってなんやの!?」

「オレの藍子が……」

「あんた、そのジーパン、えらい匂いしてたわ!

洗ってあげたんやから少しは感謝しなさい!」












ショートショート:目次へ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。