おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「一石二鳥」


「はぁー、今日もスッキリしたー」

「ほんと気持ちよかったね」

「仕事の後に一汗かいて、シャワーも浴びて」

「あとは一杯飲みにいきますか! でしょ?」

「あはは、それじゃサウナに来たオジサンじゃん」

「飲んじゃったらジムに来てる意味無いって?」

「まぁまぁ、いいじゃんいいじゃん、タダなんだからさ」

「それもそうよね」

「それにしてもフィットネスジムが無料で利用できるなんて」

「いい時代よね〜」

今日も某オフィスビルの地下では、

百台以上のエアロバイクやフィットネスマシンが、24時間体勢で稼動していた。

もちろんシャワーやジャグジーなどの施設も完備である。

しかもあろうことか、

その全てが無料で利用可能だと言うのだ。

これで繁盛しないわけがない。

オープン以来、会員数は爆発的に増え続けていた。

今も、若いOLからおじさんサラリーマンまで、

老若男女が黙々とペダルを漕ぎ、マシンに取り組んでいる。

そして、ガラス張りの休憩ロビーには、

その光景を見学するスーツ姿の男性が二人。

「キミ、これで本当にビルの光熱費がまかなえるのかね?」

「ええ、すでにNYのオフィス街ではほとんどのビルが、

人力発電で電力供給をまかなっているのです」

「なるほど、素晴らしいじゃないか」

「もちろん、フィットネス会員様にはこの事は秘密ですがね、ハハハハハ」











ショートショート:目次へ



posted by layback at 01:00
| Comment(4) | TrackBack(2) | ショートショート作品

「深すぎる井戸」



私は来る日も来る日も、



ひたすら井戸を掘り続けた、



新しい水脈を見つける為に。



穴が深くなるにつれ、



だんだん光も届かなくなり、



当然、私の判断力も鈍ってきた。



そして、老いた私の体力が、



そろそろ限界に近付こうかという



ある日の事だ、掘った穴の底から、



ポルトガル語が聞こえてくるではないか。



なんという事だ。



やはりこの日が来てしまったか。



ついにブラジル・・・・ゴホッ、失礼。



そう、



ブラジル人選手を招集しなければ、



このチームは立ち行かなくなったのだ。



サントス、ジュニーニョ、ウェズレイ・・・




















(「オシム語録」2007年の章より)













    
ショートショート:目次へ




posted by layback at 00:59
| Comment(4) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。