おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「FLY」


プイ〜〜〜〜〜ン。

んぁ? んが、なんだよっ!?

ベシッ。

平手で自分の頬を叩いて、ユウジは目を覚ました。

蚊か?

くぁ〜〜〜、よく寝たな。

何時だ? 今。

カーテンの隙間を押し広げるように差し込む陽の光は、

明らかに午前中のものではなかった。

暑ぃーな。

Tシャツも布団も汗で湿っている。

いったい何時間寝たのだろう。

身体のあちらこちらが痺れているし、

よく寝た割には、頭もどんよりとした感じだ。

んがっ。

喉が砂漠のように渇いていた。

重い身体をムリヤリ持ち上げ、台所へ向かう。

クソ。

なんだ、こいつらはよぉ。

小さなハエが数匹、台所を飛び回っている。

生ゴミか。

だが、覗きこんだ流しの三角コーナーは空っぽで、

ただ、小さな注射器が一つ、排水口に転がっていた。

なんだこれ?

全く記憶に無かったが、

寝起きの頭では考える気すら起きない。

とりあえず冷蔵庫の扉を開け、

口が開いたままのパックから牛乳をグラスに注ぎ、一気に飲み干した。

なんか食うもんは、と。

冷蔵庫の中にはめぼしいモノは無かった。

仕方なくダイニングテーブルに転がっているバナナを手に取る。

うへ、腐りかけてやがんな。コレ。

コイツのせいでハエが寄ってきたんじゃねーか。

ドカッとイスに腰掛け、

ギリ食えそうなそいつの皮をむく。

ねっとりと甘臭い香りが部屋中に広がった。

柔らかすぎるバナナを咀嚼しながら、

側にあったリモコンでテレビをつけてみると、

流れているのは、

女のお笑いコンビが司会をしている土曜午後の情報番組だった。

あれ? これ昨日も観たよな。

はは、まさか一週間も寝るわけないべ。

クソ、頭がいてぇ。

それに痺れている背中がどうもムズ痒い。

手の届きにくい場所なので、

イスの背もたれに擦りつけてみた。

ブニュ。

ブニュ?

イスの背に押し付けた箇所から、

生暖かい汁が背筋を伝ってケツの方へ流れてゆく。

ような気がした。

気のせいか?

痺れてるからか、いまいち感触が分からない。

なんだか、ハエ増えてねーか?

ったく何なんだよ。

部屋の中には甘臭い香りが充満している。

クソッ!

痒ぃーぞ!

ユウジは胸を反らし、目一杯、背中に手を伸ばした。

ブニュ。

プイ〜〜〜〜〜ン。

んぁ? んが、なんだよっ!?











ショートショート:目次へ


posted by layback at 22:02
| Comment(2) | TrackBack(0) | ショートショート作品

「恋想」


あと10分ぐらいだろうか。
そろそろ日本史の授業も終わろうかと言うタイミングで、
カネゴンこと金田先生が、水色のファイルケースから紙の束を取り出した。

「それじゃ今から中間テストの結果を返すぞー。
名前を呼ばれたもんから、前に取りに来るようにー」

「うえぇ〜〜〜」

教室中からうんざりだぜ、とばかりに不満の声が上がったが、
まったく意に介さず、カネゴンは答案をバラまきだした。

「相田〜、今井〜、江原〜 」

名前を呼ばれた者が次々と席を立ち、
答案を受け取っては、OHジーザス! 風に天を仰いだり、
ため息と共に両肩を落としたり、様々なリアクションを見せている。

そして再び席に着く頃には、多くの者が、
答案の右上の角、点数が書かれた部分を手前に折り曲げ、
人から見られないように固くガードしていた。

そんなに恥ずかしいなら、
一夜漬けでもいいから勉強すりゃいいのに。

テストが返される度に、心の中でついつい毒づいてしまう。
涼子だって点数に自信があったわけではないが、
わざわざ答案用紙を折り曲げて隠そうとは思わない。

「〜、沢田〜、杉〜」

呼ばれた自分の名前に我に返り、席を立った。
ワイシャツの袖口から覗く腕毛が暑苦しい、
男性ホルモンのカタマリのようなカネゴンの手から、答案を受け取る。

69点。

うーん。

微妙な点数だなぁ。

喜ぶにはちょっと足りないだろうし、悲しむほどでもない。

69、69、69、69、69。

涼子は席に戻り、隠すでもなく、その字面を眺めている内に、
昨日、健治の部屋で、彼と肌を重ねた時の感触を思い出していた。
すると、不思議なことに、身体の中心部に、じーんと痺れるような火照りが感じられる。

バカ。

涼子は授業中にそんな気分になっている自分を恥ずかしく思い、
透き通るように白くツルリとした頬を、薄いピンク色に染めた。

「おい、杉、ムッツリだなぁ」

「ええっ!?」

突然、甘い回想を打ち破ったガラガラ声に驚き、涼子は後を振り返った。
斜め後の席に座っている後藤だ。
こいつはまったくデリカシーのないゴリラ以下の男子だった。
まさか、このゴリラにわたしの心を読まれたの?

「な、なによ!?」

「なんだよ焦って。 次、物理だろ? って訊いてんの」

「あ……そうよ、物理よ。 べ、別に焦ってなんかないわよ」

「なんだよ、お前赤くなってんじゃん、オレに惚れたか〜?」

イッヒッヒと下品に笑うゴリラの相手はそれぐらいにして、返事をスルー。
涼子はクルリと前に向き直った。

もう一度、答案の“69”という数字を見つめ、
細く伸びた指で、そっとそこに触れる。

なぜだろう? 目をつぶると指先に、
ほのかに熱を感じるような気がした。

キーンコーンカーンコーン。
終業のチャイムが鳴る。

涼子は、健治の温もりを大事にしまうように、
答案の角を優しく折り曲げた。











ショートショート:目次へ


posted by layback at 15:16
| Comment(6) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。