おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「スプリット」


 あれは、大学卒業前に6人で、ボーリングに行った時の話だ。3人ずつ2チームに分かれて、負けたチームが、勝ったチームに、晩御飯を奢るという約束だった。

 我がチームは、予知や念力など、不思議な能力を持つ南と、自主トレ以来、めっきり腕を上げた西嶋、そして僕。ちなみに相手チームは、鳥井と東堂、そして鳩麦さんだ。

 勝負は10フレームまでもつれ、西嶋がストライクかスペアを取れば、僕達の勝利という場面だった。

「なぁ、南。西嶋、ストライク取っちゃうんじゃないか?」

「うーん、どうだろう?」

 僕の問いかけに南が首をかしげるとほぼ同時に、西嶋が大きくテイクバックし、ボールを放った。今まで通り、豪快でスムースなフォームだ。

「なんだか割れそうな気がするな……」

 南が僕の隣で、ぼそっと呟いた。
 黒光りする球が、水すましのようにレーンの上を滑ってゆく。

「やばいな、あれド真ん中に入りそうだぞ」

 あまり1ピンに真正面から入りすぎると、割れてスプリットになりやすいのだが、西嶋本人の性格通り、そのまっすぐな球筋は、まさに、三角形の頂点に向けて、軌道を描いてゆく。

 僕達の思いをよそに、西嶋は自分の投てきに酔っているのか、フォロースルーの体勢で固まっていた。

 ガシャーン。

 ボールが1ピンに当たり、ブレイク。
 派手にピンが弾け飛ぶ。

「やっぱり……」

 嫌な予感は的中、スネークアイだ。これは1ピンを頂点とする三角形の底辺の両端、7-10ピンが残っている状態を言う。スペアを取る事が最も難しい形だった。

 いや。違う。まだだ。

 残った二つのピンが、ゆらゆらと揺れている。

 その時、固まっていた西嶋が、腰の脇で両拳を握り、必死に倒れる事を拒もうとするピンに喝を入れるかのごとく、右足をどすんと踏みおろした。

「おいおい」

「あ、でも、倒れそうよ」

 南の声にも促されるように、7ピンと10ピンがゆっくりと内側に倒れてゆく。

「よっしゃあ!」

 大きな声で叫ぶと、西嶋は満面の笑みを浮かべて、こちらを振り返った。

「南の予知も外れる時があるんだな」

「うん、割れそうな気がしたんだけど、でも、勝てたんだから良かったよね」

 嬉しくてしょうがない西嶋が、両手を挙げて祝福を受けようと、こちらに足を踏み出したその時、隣のレーンから悲鳴の様な声が上がった。

 ふざけて、ハンマー投げのように、回転して投げようとしたホスト風の男が、バランスを崩し転倒。室伏よろしく空中に放たれた球は、事態にまったく気付いていない西嶋の後頭部に一直線。

 そう。見事に西嶋の頭は割れた。

 僕達は、のびた西嶋をすぐ病院に連れていって、結局、傷口は2針縫う程度で済んだのだけれど。

「分かってたらなんで、危ない! って先に教えないんですか!」

 と怒りまくる西嶋を静めるほうが、むしろ大変だった。

 ま、とにもかくにも、この日の強烈なエピソードは、彼の頭に小さなハゲを残しただけでなく、西嶋伝説の新たな1ページとして、僕達の脳裏にも、しっかりと刻み込まれた訳だ。










※これは伊坂幸太郎さんの小説「砂漠」
 のキャラクターをお借りして書いてみました。
 原作はとても面白い青春小説なので、
 未読の方はぜひ読んでみてくださいね。




ショートショート:目次へ



posted by layback at 00:38
| Comment(6) | TrackBack(1) | ショートショート作品

「ドッジボール」


「大体なぁ、お前との会話は全っ然、噛み合わへんねん!」

「アホ! そんなん、こっちが言いたいわ!」

「ほら! また! お前は絶対自分の非を認めへんやないか!

いっつも、いきり立って、向かってくるばっかりやろ?

だからなぁ、お前との会話はいつもドッジボールなんじゃ!

言葉のぶつけ合いや! あーあ、キャッチボールがしたいのぉ」

バシッ。

「うわっ! な、何すんねんっ!」

ビシッ。

「痛っ! に、二度もぶったね? 親父にもぶたれた事無いのに……」

「アホか! ガンダムネタはええねん!

何がドッジボールや、勝手な事ばっかり言うて、

ドッジボールやったら、顔面セーフやろ!」

「あ。今、上手い事言うたな。お前」

「うるさいアホ! もうあんたなんか知らんわ!」

ユイは頬を押さえて呆然と立ち尽くすマサシをその場に残し、

ズンズンと地面を踏み鳴らすようにして立ち去った。

あいつ。ほんま時々上手い事言いよるからなぁ、

電話で謝ったら許してくれるやろか?

ん? 待てよ。顔面セーフって……

よう考えたら……

当てられた俺がセーフなんちゃうん?










ユイとマサシ@


ショートショート:目次へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。