おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「すれ違い」


「何よ!」

「何だよ」

「言いたい事があるなら、はっきり言えばいいじゃない!」

「おい、ちょっと待ってくれよ。

僕は君と口論したくて、ここに来た訳じゃないんだよ。

ほら今まで僕たちは、すれ違いばかりだったじゃないか。

だから今後は仕事量も抑えて、君と過ごす時間を作るから、

もう一度やり直そう。二人が出会った頃の様に」

「ごめんなさい、私が意地を張って、

素直にあなたと一緒に居たいって言えなかったから……」

「もういいんだよ、お互いの気持ちを確認出来たんだからさ、

これ。君に似合うと思って買ってきたんだ」

「嘘、本当に?」

「ほら、指を出してごらん。

うん、やっぱりよく似合うよ」

「ありがとう……」

見つめ合い、寄り添う二人の影は、やがて一つになり、夕陽に包まれていった。

       
     fin


「初めてのデートで不安だったけど、いい映画で良かったわ。

最後のシーン。キャメロン・ディアスの演技が素晴らしかったわよね」

「ん? あ、ああ。実は字幕ばかり目で追っちゃって、

演技を観るどころじゃ無かったんだよね。ハハハ」

「え? そうなの?」

「こ、今度から吹き替えで観ようか」
  
「……」

         


    Fin
     











ショートショート:目次へ


posted by layback at 09:54
| Comment(4) | TrackBack(0) | ショートショート作品

「お買い物」


「ングングング……プハーッ」

「あらあら、今日もいい飲みっぷりねぇ」

「やっぱり風呂上がりのビールは最高だな」

「ちゃんと冷えてた?」

「うん、ほどよく冷えてたよ。 ん?

静かだと思ったら、あやはもう寝てるのかい?」

「ええ、ちょっと今日は色々あったから、

あの子も疲れちゃったみたいね」

「色々って、何かあったのか?」

「今日の昼間なんだけど、私の知らないうちにあやったら、

一人でスーパーに買い物に行ったみたいなのよ。

そこで散々駄々をこねて、店員さんをこまらせちゃったらしいの」

「なんだそりゃ。お菓子でも買おうとしてお金が足らなかったとか?」

「そうじゃないんだけどね、とにかくその場は、

丁度居合わせた近所の○○さんの奥さんが、

あやをなだめて、一緒に連れて帰ってきてくれたのよ。

あとでもう一度、ちゃんとお礼しなきゃね」

「おいおい、もったいつけて何なんだよ。

まさか万引きとかそういう事じゃないんだろ。

いったい、何を買おうとしてたんだ」

「それよ」

彼女がしょうがないわね、といった風に私の方を指差す。

「それって?」

私は、一瞬、指差された自分の胸元に目をやる。

「あなたが美味しそうに飲んでるビールよ。

“お仕事で疲れて帰ってくるパパに買うのーっ!”

ってレジで言い張ってたらしいんだけど、

ほら、子供にお酒を売るわけにはいかないでしょ?

地べたにへたりこんで泣き叫んでるあやを見かねた○○さんが

声をかけてくれて、ビールも一緒に買ってきてくださったのよ」

「……」

手に持つグラスに、三分の一ほど残っている琥珀の液体と、

脇に置かれ、水滴を集めた金色のアルミ缶を交互に眺める。

いじらしくて、せつなくて、

どうしようもない気持ちに揺さぶられながら立ち上がる。

「さっき寝ついたところだから、行ってみたら?」

微笑みながら私を見つめる妻の目も、

なぜだか、ほんのり潤んでいるように見えた。











アヤちゃん @ A


ショートショート:目次へ
posted by layback at 21:47
| Comment(8) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。