おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「視力検査」


「ハイ、次の方どうぞ〜〜」

なんだ。この髪の毛を変な色に染めた男は。

検診の場にそぐわないこと、この上ない。

白衣が白々しいほど似合わない。

オレの呆れっぷりをよそに、

男は視力検査の説明を始めた。

「では、それで片目を押さえてもらって、

今から僕がこのスティックで指すところを見てくださいねー」

男が眼鏡越しに左目でバチっとウインク。

(オエッ)

小太りのオッサンのウインクは要らん。

「ハイ、ではまず、この列はどうかな?」

「ええと、右、上、右」

「ハイ、じゃ、ひとつ下がってこの列」

「えー、左、下、上」

「ハイ、ではもうひとつ下がってみよう、この列は?」

「うーん……上、右、下?」

「ハイ、よく見えてますね、では最後の関門です」

最後の関門? なんだそりゃ。

男は白衣の腰に両手を当てて、ニヤリと笑う。

オレの頭の中では“???”マークがクルクルと回っていた。

「ハイ、よく見てー、この列はどうかな?」

「うう……」

一番下段のその列は、かなり細かい字だった。

まるで黒ゴマのようにしか見えない。

でも、この男に参ったするのも悔しい。

ズルだが思いっきり目を細めてみた。

「右、右、うーん……8?」

いや違う。

8じゃない。

カモン、オレの眼力。

「右、右、B?」

いや、もしや……




「C・C・Bかよっ!!」

ってことは、こいつ……

男は得意げにニヤリ、白い歯がキラリ。

右手にはドラムスティックが握られていた。













ショートショート:目次へ
 


posted by layback at 01:49
| Comment(6) | TrackBack(1) | ショートショート作品

「逆転ホームラン」


クソっ!

ダメだ。

このオレとした事が……。

結局、一度もバットを振らないままチェンジとは。

このまま終わる訳にはいかない。

そう自分に言い聞かせ、バッターボックスの中でバットをギュっと握る。

いきり立つ思いを押さえるのが大変だった。

深呼吸して気を鎮め、次の球を待つ。

来たっ!!

「こんばんわぁ〜、はじめまして〜」

「あ、ども、はじめましてー」

「サキっていいます、よろしく〜」

「あ、サキちゃんね、こちらこそよろしく」

「お兄さんこのお店はじめて?」

「う、うん、そうなんだ」

か、かわいい……。

ヒットじゃん。

チェンジした甲斐があったぜ。

「あれ? もうパンツ脱いじゃってたんだ? 気が早いんだからぁ」

「エヘヘヘヘ」

「じゃ、先にキレイにしようねー♪」

彼女は無邪気な笑顔でオレのバットに手を伸ばした。

フフフ、逆転ホームランだぜ。

オレは静かに目を閉じ、後は快楽に身を任せた。









ショートショート:目次へ
 
posted by layback at 00:20
| Comment(8) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。