おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「お国柄」


目の前を歩いていた女性が、突然道路にうずくまった。

え?

後にいた俺と洋子は、すぐに彼女に駆け寄り、声をかけた。

「大丈夫ですか!?」

彼女は膨らんだお腹を押さえながら、何かを叫んだ。

「%$#&’&!!」

聞きとれない。

ここ数年。この町に増えているブラジル人女性のようだ。

とにかく救急車を呼ばないと……

洋子に指示をし、119番に電話をかけさせる。

そうこうしてる間に、彼女の足の間のアスファルトだけが、水で濡れていることに気付いた。

やばい。これが破水か?

「洋子! 早く! 急ぐように言えっ!」

俺はせかすように叫んだ。

「え、ええ、ハイ、分かりました」

洋子は通話を終えると、俺の方に向き直った。

「到着するのに少し時間がかかるから、

近くの家に運びこんで、そこで待っていてください。だって」

「ええっ!?」

俺達がうろたえていると、通りの向こうから一人の女性が駆け寄ってきた。

「ドウシマシタ!? リサ! #$&%#=$!」

彼女の知り合いのブラジル人女性のようだ。

「リサの部屋、コノ近くデス!

リサを運んでクダサイ、オネガイシマス!」

俺は苦しむ彼女を背中におぶり、なんとか部屋まで運び込んだ。

「ワタシのママが助産婦デシタ、手順はワカッテイマス」

リサの友人が自分で赤ちゃんを取り上げると言う。

洋子に助手役をまかせ、俺は部屋の外で待機する事になった。

まだ救急車のサイレンの音は聞こえてこない。

他に方法は無かった。

薄い木製のドア越しに、リサを励まし、声を掛けながら、

一定のリズムで呼吸をさせる様子が聞こえてくる。

一般的に言われている呼吸法とは若干違うようだ。

国によって違いがあるのかもしれない。

日本の方法よりテンポが速く、忙しい感じだった。

なるほど、


これが産婆のリズムか


しばらく後。

六畳間の小宇宙に、力強い泣き声が響き渡った。

ほっと胸を撫で下ろした俺が窓の外に目を向けると、

歓喜のホイッスルの代役とばかりに、

ようやくサイレンの音が近づいてきた。












ショートショート:目次へ
 



「男は我慢」


もう我慢ならなかった。

俺は両手で拳銃を握り、そいつの背中に発砲した。

おかしい。

当たった筈なのにヤツは微動だにしない。

焦って撃ち続けるも、そいつはピクリとも動かず、

あっという間に俺の弾倉は空になった。

不審に思った俺は、その場にしゃがみ込み、目を凝らした。

絵、なのか?

小便器の底には、小さなハエの絵が描き込まれていた。

やられたな。

俺は銃の先端を挟まぬようにチャックを上げると、

静かにその場を立ち去った。


オランダ、アムステルダムの空港では、
男性用便器の内側に実物大のハエの絵が描いてある。
良く目を凝らして見ないと、絵だとは分からない。

ハエの絵が描いてあると、
そのハエを落としてやろうと集中するため、
便器の外にこぼす人が減るそうだ。

このアイデアで、年間7億円かかっていた清掃費が20%(1億4千万)削減されたという。
頭のいい人間がいるものだ。

え?

何故そんなモノをむきになって狙うのかって?

男は皆、ガンマンなんだよ。











ショートショート:目次へ
 
posted by layback at 23:03
| Comment(4) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。