おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「調査」


オオ、コノ国はスゴイ。

宇宙人ピーターのアンテナは強力に反応していた。

彼は地球をくまなく調査するのが使命なのだ。

今日は某国の、とあるBARで――

「実は、ボク宇宙人ナンデース」

「やだー、ちょっと何言ってんのよぉ」

「いえ本当ナンデース、アナタとてもキレイデース」

「もう! ガイジンは本当、口が上手いんだから!」

「いえガイジンじゃアリマセーン、宇宙人デース」

「でも、あなたのその青い瞳に見つめられてると、何だかアタシ……」

  ☆  ☆  ☆

「先にシャワー浴びてごめんね」

「いえダイジョウブデース」

「あら、もう脱いじゃってたんだ、キャ、ス、スゴォーイ大きい〜っ♪」

ピーターのアンテナはすでにビンビンだった。

そう、彼は。

恥丘をくまなく調査しているのだ。












ショートショート:目次へ
 


posted by layback at 23:03
| Comment(2) | TrackBack(0) | ショートショート作品

「子供の目線」


「パパー、しんぶんにタモリでてるよー」

「ん? そうか。珍しいねー、テレビ欄かな?」

「ちがうよー、ウラのほう!」

裏? 1面のことか。  

どちらかと言うとテレビ欄の方が裏なんだが。

あやにはまだ分かるわけないか。

娘は最近、平仮名と片仮名が読めるようになったので、

私の真似をして、新聞を読むフリをするのがブームのようだ。

この時、私は持ち帰った仕事を片付けていたため、

パソコンのディスプレイから目を離さず、生返事をしていたのだが……。

あくる日。

「パパー、またしんぶんにタモリでてるよー!」

「ええ? あやの見間違いでしょ?」

「ちがうもん! タモリだもん。あやちゃんとよめるもん!」

振り向くと、娘がふくれっ面で紙面を指差している。

どれどれ?

私は娘のかわいい指先に目を近付けた。













夕刊


娘よ……。











ショートショート:目次へ
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。