おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「キャッチボール」


俺はベッドサイドの灯りを消し、
先に寝ている妻の隣に身体を滑り込ませた。

一体いつからだろう。
俺たちの会話が噛み合わなくなったのは。

活発で男勝りな性格の彼女と結婚してから、そろそろ3年になる。

出産準備の為仕事を辞め、
外に出ることが減ってから、
彼女の気性は明らかに変化した。

ストレスからか愚痴が多くなり、
話しかけても上の空でいる事が増えた。

俺自身も仕事の忙しさにかまけて、
彼女の話にじっくり耳を傾ける事が減っていたのも事実だ。

このままじゃいけないとは分かっていても、
疲れて深夜に帰宅する毎日では心と身体に余裕が無かった。

二人が出会った頃は、どちらかが眠りに落ちるまで、何時間でも話し続けたものだ。
時には正面からぶつかりあい、時には腹をかかえて笑いあっていたのに。

また、あの頃のように戻れるのだろうか。
「恋愛と結婚は別物よ」
昔、女友達が偉そうに言い放った言葉が、脳裏に浮かんでは消える。

出るはずの無い答えを求めて彷徨いながら、
俺の意識は闇に吸い込まれていった。


 *   *   *


「今日も遅くなりそうなんだ。先に寝てていいよ」

そう言い残して俺は、玄関のドアを後ろ手に閉めた。
マンションの階段を一段飛ばしに下り、外へ出る。
朝の澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込んだ。

行くか。

駅へと足を向けようとしたその時。

「忘れ物!」 大きな声がした。

2階の部屋の窓から彼女が顔を出していた。
いたずらっ子のように笑いながら。

「行くよ!」

勢い良く振り下ろされた彼女の右手から、
折りたたまれたハンカチが飛んできた。

ストライク。

ハンカチは見事に俺の手の中に収まっていた。
彼女は肘を曲げて拳を握り、ガッツポーズをして見せた。
その後、無邪気な顔で手を振り、ゆっくりと窓を閉める。

明日からはしっかりと、彼女の言葉を受け止めよう。

振り返らずに歩みだした俺の足先を、
朝日が眩しく照らしていた。










ショートショート:目次へ


 


posted by layback at 22:39
| Comment(4) | TrackBack(0) | ショートショート作品

「穴」


人里離れた山中に、ひっそりと暮らす民がいた。
彼らは国家に属する事も無く、
その存在は誰にも知られていなかった。

「長老! 大変です!」

「どうしたんじゃ?」

「ゴミを捨てる穴を深く掘っていると、お、温泉が出ました!!」

「なんじゃとぉ!? 温泉が!?」

「はい! 温かいお湯が噴き出しています!」

「そうか! これはきっと神の思し召しじゃな。ありがたやありがたや〜」

その頃、海を隔てた島国では――

プププー プププー

『ニュース速報です。
只今外務省に入った情報に拠りますと、
北東共和国、北の山間部に於きまして、
地下核実験が行われた模様です……』












ショートショート:目次へ
 
posted by layback at 00:08
| Comment(2) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。