おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「飲酒運転」


昨日はいささか飲みすぎたようだ。

若干酒が残っているのかもしれない、

頭はガンガンするし、ハンドルを握る手にも力が入らなかった。

こんなんじゃダメだ。

しっかりしろ。

オレは自分に言い聞かせて、シートに深く腰を掛け直した。

目の前のガラス越しに、見慣れた光景が過ぎ去ってゆく。

大音量の音楽が鳴っているにも拘わらず、

眠気でまぶたが閉じそうになる。

必死に堪えようとするが、

何度か強弱を付けて襲い掛かってくる睡魔に、

ほんの一瞬意識が途切れた。

いかん!

慌ててまぶたを開けると、

目の前には……

うわっ、当たる!

身体が強張り、足に力が入る。

景色がスローモーションになり、

ガラス越しの画面には、7が三つ揃っていた。












ショートショート:目次へ
 


posted by layback at 14:59
| Comment(9) | TrackBack(0) | ショートショート作品

おまけ。


明くる日。

「あ。宮本さん、おはようございます」

「おーぼうや、おはようさん」

また、ぼうやって……。 

もう、なんど言ってもしょうがないな。

いつものツナギに野球帽を逆さに被った宮本さんは、

ガムをクチャクチャと噛みながら、にやにや笑いを浮かべている。

いやな予感がする。

これは、なにか言いたそうな顔だ。

「どうだった? 初夜はよ」

ほら、やっぱり……。

「もーほんと、そんなんじゃないですから」

「ちゃんと決めたか?」

「いい加減にしてくださいよ!」

ぼくはいつになく語気を強めて言う。

だが宮本さんは、まるでどこ吹く風だった。

「まぁ、練習にはいいかもしれんがなぁ。女は生身が一番だぞ。紹介してやろうか?」

「結構です。ぼくは彼女なんて要りませんから」

そもそも宮本さんに、そんな若い女の子の知り合いがいるはずがない。

「そうか残念だなぁ。おっとそろそろ引取りに行かなきゃだな」

裏口に向かいかけた宮本さんが振り返る。

と、ポケットからおもむろになにかを取り出した。

さっと僕の手を取り、それを握らせる。

「じゃ、行ってくるわ」

ぼくは遠ざかる宮本さんの背中を無言で見送った。

握らされた手を開く。

中には、くしゃくしゃの紙片。

デリヘルのチラシだった。















さらにおまけですw
posted by layback at 01:00
| Comment(2) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。