おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「夕焼け部」


「ねぇ、あなた。あの子ったら、高校で夕焼け部を作ったらしいわよ。川の土手とか学校の屋上から、ただひたすら夕焼けを鑑賞するんですって」

「そうか。さすが君の娘だね。学生の頃、日が暮れるまでずっと飽きもせずに夕日を眺めていた君の後ろ姿を思い出すよ」

「なに言ってるの。元部長さん」














ショートショート:目次へ


posted by layback at 11:44
| Comment(1) | TrackBack(0) | ショートショート作品

「合図」


 ギャル系だし男慣れしてるかなと思ったのだが、いざ寝てみるとマグロだった。曰く。声を出すのが恥ずかしい。らしい。それでも男としては意思表示ぐらいしてほしい。気持ちいいときには右手。痛いときには左手を上げる。二人でそう決めた。顔を赤らめ手を上げる彼女の仕草はとても愛しかった。

 別れ話を切り出した時。彼女は、分かった。今までありがとう。泣くでもなく、あっさりとそう言った。帰り際、駅の改札で彼女が見送ってくれた。満面の笑顔で。こいつ悲しくないのかよ。俺はそう思った。彼女は俺の姿がエスカレーターから消えるまでずっと、高々と掲げた左手を振っていた。












ショートショート:目次へ
posted by layback at 01:04
| Comment(1) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。