おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「最近の若者」


ちっ。リーチもかかりやしない。

わたしは煙草に火を点け、大きく煙を吐き出した。

隣の客が煙たそうに手で扇ぐ。なんだ。感じの悪い奴だな。

ちらりと横目で見る。裾の破れたジーンズ。かかとの踏まれたスニーカー。

だらしない格好の若者だった。

まったく最近の若いもんは。

昼間っからパチンコなんか打ってからに。親の顔が見てみたいよ。

目線を上げると汚らしい金髪が目に入る。案の定、悪そうな顔つきをしている。

この手合いとは関わらないほうがいい。わたしは自分の台に目を戻した。

いっこうに当たる気配がない。

上皿の玉は川の流れのようにおだやかに流れ、台に吸い込まれていく。

今日はもう駄目だな。

玉が全て無くなり、席を立ちかけたところでリーチがかかった。

どうせ当たるはずがない。とは思いつつも絵柄の動きを目で追う。

ほら外れた。

と、突然絵柄が走った。ノーマルリーチの再始動。大当たり確定だ。

が、玉はもう一球もない。焦る。

慌てて財布を取り出そうとしたところ、隣の若者が自分の玉を鷲掴みにして、わたしの台の上皿に流し入れてくれた。

「す、すまんね」 

わたしは気まずい思いでラウンドを消化していった。

途中、ドル箱から玉を一掴みし、隣の若者に返した。

「ありがとう」 そう言って一応軽く頭も下げる。

「良かったっすね」 金髪の若者はこちらを向き、無邪気な笑顔を見せた。

わたしは思う。

最近の若者も捨てたもんじゃない。
















ショートショート:目次へ




「父」


父が死んだ。まさに女のことしか頭にないような男であった。
素人玄人委細構わず寝ても覚めても女の尻を追い掛け回してよくもまぁ
飽きないものだとわたしとしては感心することしきりであった。
そんな父の口癖は「穴があったら入りたい」。
これには家族としてもまったく同意なのであった。











ショートショート:目次へ

posted by layback at 12:59
| Comment(2) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。