おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「行きずりの恋」


ぴちゃぴちゃと音を立てて二人の舌が絡み合う。
彼女の湿った舌先がなめくじのように首筋を降りてゆく。
彼女はさりげなくぼくの頚動脈のあたりに歯を立てた。
おい。痛いよ。はぁ。キミもそうだったのか。
ぼくはジーンズのポケットからグロックを取り出し、彼女の脳髄を吹き飛ばした。











ショートショート:目次へ



posted by layback at 22:57
| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート作品

新春企画「140字twitter小説10連発」10



手ぶらで帰る訳にはいかない。
わたしは腕組みをしたまま立ち尽くしていた。
時間は刻一刻と過ぎてゆく。
傾き始めた太陽がジリジリと照りつけてくる。気ばかり焦る。
わたしはレジャーシートをひっくり返してみる。砂浜を掘ってみる。
やはりない。ないないない。
いったいどこへ行ったの? わたしの水着。








laybacks on twitter:http://twitter.com/laybacks

↓他の作品も読んでみる。
ショートショート:目次へ

posted by layback at 11:36
| Comment(6) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。