おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


新春企画「140字twitter小説10連発」1



ぐちゃぐちゃと湿った音が辺りに響く。俺は何度も銃床を足下に叩きつける。
地面に転がったヘルメットの中身はすでに体を成していなかった。
おい、もうそのくらいにしておけ。中尉が呟く。
まだまだ足りませんよ。こいつがいったい何人の――
もういい。十分だ。さぁお前ら軍曹がついてくれた餅を食うぞ。








laybacks on twitter:http://twitter.com/laybacks

↓他の作品も読んでみる。
ショートショート:目次へ



posted by layback at 10:51
| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート作品

「六月の鯨」 完結編


(まずは、「六月の鯨」1 からどうぞ。
読んでたけどもう前回の内容を忘れたよ。という方は「六月の鯨」6 へどうぞ)




 佑太が波打ち際に歩み寄ると、二人は突然立ち上がり、なにかを投げつけてきた。

「ぶへっ」

 潮の鮮烈な香りとトゲトゲとしたしょっぱさが口の中に侵入してくる。
 手で触れてみると海藻がべったりと佑太の顔に張り付いていた。

「やーい」 アキラとミノルは佑太の顔を指さしては、腹を抱えて笑っている。

「なにすんだよ!」

 佑太たちは砂浜に打ち上げられた海藻をちぎっては投げ合い、砂浜に足を取られながら追いかけっこをした。

 やがて、疲れ果てた佑太は二人を追うことをやめ、海の家のベンチに座り込んだ。それを見て、アキラも佑太のとなりに腰掛けてきた。

 飽きっぽいミノルはひとり波打ち際で座り込み、指先で濡れた砂の表面をいじっている。
 またなにか興味を引かれるものでも見つけたのかもしれない。

「佑太」

「ん?」

「なんで嘘ついたんだ?」

 アキラは海の方を見たまま静かに問いかけた。

 佑太は言葉に詰まる。

「クジラの話、嘘だったんだろ」

 アキラは怒るでもなく淡々と言葉を継いでいく。

「お前らが着く前に、散歩してた地元の爺さんに訊いてみたけど、クジラなんてもう何年も上がってないって言ってたぞ」

「ねー、貝殻たくさん落ちてるよー!」

 ミノルが波打ち際から佑太たちの方を振り返り、大声を上げる。

「ああ、あとで行くー」

 アキラは片手を挙げてミノルに応えた。

「まぁ、遠足気分で楽しめたからいいんだけどな」
 
 アキラは挙げた手を下ろすと、汗ばんだ首筋をぱたぱたと扇いだ。

 すぅっと潮風が吹き、ベンチの下をくぐり抜ける。二人の足元を細かな砂が舞う。

「俺、この夏、引っ越すんだ」

 佑太は、波打ち際で貝殻に夢中になっているミノルの背中を見ながら言った。

「転校することになる。だから、お前らと海に遊びに行くことももうできなくなる」

「そうか」

「一ヶ月前くらいに親から言われたんだけど、でも、俺、ずっとお前らに言えなくて」

「分かった。佑太、もういいよ」

 アキラは佑太の背中をぽんと叩いた。

「ミノル! こっち来いよ!」
 
 ベンチから腰を上げたアキラは、大声でミノルの名前を呼んだ。
 二人の元に重い足取りで歩いてきたミノルは、ぜいぜいと息を切らしている。

「お前なー、必死に貝殻拾いすぎなんだよ」

 アキラは呆れたように笑いながらミノルの頭を小突くふりをする。

「少し休もうぜ」

「うん」

 ミノルは青いベンチの端にどかりと座り込んだ。三人横並びになって、しばし、ぼうっと海を眺める。
 
 先端を白く泡立たせた波は穏やかに浜へ打ち寄せ、断続的に吹く潮風は、佑太たちの頬を優しく撫でていった。

「お菓子食べる?」

 ミノルがいつのまにかリュックを膝の上に載せ、店開きを始めようとしていた。

「なぁミノル、クジラ、いないんだってさ」

 アキラが小さくもない声でとなりのミノルに耳打ちする。

「え? クジラ?」

 ミノルはいったい何の話? といった顔つきできょとんとしている。

「あー、そうだ、クジラだ! クジラどこ?」

 唐突に思い出したようだ。ミノルは傷の付いたCDのようにクジラクジラと繰り返し始めた。

「だーかーらー、クジラはいないのー」

 アキラは明らかにミノルの反応を楽しんでいる。

「うそっ!? 佑ちゃんうそだったのか!」

 ミノルはアキラ越しに佑太を睨みつけ、マンガのキャラみたく頬を膨らませて怒っている。

「そんな目くじら立てるなよ。こうやって遊びに来れたんだからいいじゃん。な?」

 アキラがまぁまぁとミノルをなだめる。

 アキラのフォローのおかげで、クジラの話はそこであやふやになったまま終わった。

 ミノルが持ってきたお菓子やジュースを、三人で飲み食いしながらふざけた話をしているうちに、時間は早足で過ぎていった。
 
 いつのまにか陽は傾き始めていた。

「そろそろ帰るか」

 アキラが言った。 

 佑太とミノルが駅へ向かう道の途中で待っていると、アキラは堤防沿いに自転車を押してきた。

「あれ? それパンクしてない?」

 ミノルがアキラの自転車の後輪を指差す。

「ああ、ゴール目前でパンクしやがったんだよ」

「帰りどうするの?」

「自転車屋は近くになさそうだし、とりあえずお前らと一緒に電車で帰るよ。まぁ金は100円しか持ってないんだけど――」

「俺、電車賃なら出すよ」

 佑太はアキラの言葉を遮るように言った。

 だがアキラはそれをさらに手で遮り返す。

「――待て、それより、電車賃いくらだ?」

「300円」 横からミノルが答える。

「フッ」

 アキラは気取ったしぐさで前髪をかき上げてみせた。スポーツ刈りのくせに。

「お前ら、忘れたか? 賭けに勝ったのは誰だ? さぁ、キミたち敗者は速やかにジュース代を払いなさい」

 アキラは白い歯を見せながら手のひらを前に差し出した。

 駅に着き、切符を買った。駅員さんに事情を説明すると、自転車を載せていくことを許してくれた。



   ☆     ☆     ☆ 



 電車がするするとホームへ入ってくる。

 佑太たちはアキラの自転車が邪魔にならないよう乗客の少ない車両に乗り込むと、ベンチ式のシートに並んで腰掛けた。

 佑太のとなりでアキラとミノルは学校の先生の話で盛り上がっている。

 佑太はひとり後ろを振り返り、窓越しに海の方を見ていた。

 夕日を反射してきらめく波間がとても美しかった。
 
 佑太はこの光景をけして忘れまいと思った。必死に目の奥に焼きつけようとした。

 と、突然、沖合いの海面がぼこりと浮き上がり、海からなにか黒い大きな塊が飛び出した。

 その円筒状の物体は空中で弓なりに身体をくねらせ、一瞬静止したかと思うと、大量のしぶきを上げながら横向きに着水した。

 クジラ!? 佑太は自分の眼を疑った。

「お、おい、見ろよ!」

「なんだよ」 アキラとミノルが会話をやめて佑太の方を向く。

「ク、クジラだ、今、飛んだ、飛んだ!」

 佑太の声が震える。

 アキラとミノルは、くるりと後ろに向きを変え、窓に張り付くようにして海の方を見た。

 六つの眼が注がれた遥かかなたの海面は、呆れるくらいべた凪で、ただ夕日がオレンジ色の光の帯を、まっすぐに走らせているだけだった。

「やれやれ、もう騙されないぜ」 アキラがため息をつく。

「ほんとに見たんだって!」

「はいはい」

「ねぇ、アメちゃん食べる?」

 やはりミノルは飽きっぽかった。

 三人は各駅停車ののんびりとしたリズムに揺られてゆく。

 佑太はなんども後ろを振り返り、水面に黒い影を探したが、クジラはもう二度と姿を現すことはなかった。

 やがて海は視界から消え、じょじょに見慣れた風景が車窓に流れ始めた。

 佑太の口の中でミルキーの甘みが消えかかる頃、電車は速度を緩め、ゆっくりとホームに滑り込んでいった。













 了



ショートショート:目次へ



posted by layback at 16:09
| Comment(9) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。